郷土博物館 企画展案内
明治の売薬版画版元を探る
     
明治時代、特に絵師の尾竹国一が活躍した20年代は、富山の浮世絵―売薬版画の最盛期でした。当時、売薬版画は大量に版行されましたが、その出版は進物商や印刷業者などが担っており、富山の町には名前が確認できるものだけで20軒近い版元が営業していました。江戸時代以来続く高見清平のほか、明治になって創業した小泉重兵衛、吉尾達二、熊本錦広堂ら、この時期の版元たちは多士済々の顔ぶれです。

本展では、明治時代の売薬版画の歴史を版元に焦点を当てて紹介します。
 展示室1  展示室2
  はじめに-薬都富山は浮世絵版画の町だった
  その1 売薬版画の版元たち-江戸時代
  その2 明治の新時代と売薬版画
  その3 売薬版画の版元たち-明治時代
  おわりに



会期 令和3年4月24日(土)~7月11日(日)

会期中の休館日 5月12日(水)、5月17日(月)~23日(日)、7月1日(木)

開館時間 9時~17時(入館は16時30分)

観覧料  大人210円(170円) 高校生以下無料
             ※( )内は20名以上の団体料金 
             ※この料金で常設展もご覧いただけます。

>>このページのトップへ 
 


チラシ表 チラシ裏
チラシ表     /     チラシ裏
チラシのPDF版
  
これからの展示予定へ
終了した展覧会一覧へ
企画展・出版物のご案内トップへ
ホームへ