郷土博物館 企画展案内
新収蔵品展
     
富山市郷土博物館では昭和29年の開館以来、富山の歴史文化に関連する資料を収集してきました。その中から、富山ゆかりの家々に伝えられ、近年、縁あって当館に収蔵されることとなった品々にスポットをあてます。

富山藩士として召抱えられたことを示す古文書や、代々続く商家の営みを示す帳簿、先祖の肖像画、大正の即位式をつかさどった大礼使関係の資料、そして空襲の罹災証明書など、その家の歴史を示す古文書や、伝来の品々、関連の絵画などを選んで展示するものです。これらは主として、ご子孫の方々から当館にご寄付いただいたもので、戦争や災害でも失われることもなく、大切に守り伝えられてきました。

今回「新収蔵品展」と題し、平成27年度から令和元年度の5年間に収集した資料の中から、未公開のものをご紹介します。
 展示室1 展示室2



会期 令和3年2月6日(土)~4月18日(日)

会期中の休館日 3月10日(水)

開館時間 9時~17時(入館は16時30分)

観覧料  大人210円(170円) 高校生以下無料
             ※( )内は20名以上の団体料金 
             ※この料金で常設展もご覧いただけます。

>>このページのトップへ 
 


チラシ表 チラシ裏
チラシ表     /     チラシ裏
PDF版はこちら
  
これからの展示予定へ
終了した展覧会一覧へ
企画展・出版物のご案内トップへ
ホームへ