富山市埋蔵文化財センター


Center for Archeological Operations,
Board of Education,Toyama City


富山市埋蔵文化財センターでは、センタ−の役割とその業務、調査を行った遺跡について広く皆さんに知っていただくために、年1回所報を刊行しています。

富山市埋蔵文化財センター所報「富山市の遺跡物語」は、富山市立図書館本館・富山県立図書館で閲覧いただけます。
また、全国遺跡報告総覧(奈良文化財研究所)のホームページからPDFをダウンロードして閲覧いただけます。
 


No.21 (発行 2020年3月)NEW
 
閲覧
(全国遺跡報告総覧のホームページへ)
  【掲載内容】
北代縄文広場この1年-令和元年度-
安田城跡歴史の広場この1年-令和元年度-
調査概要報告
(上野井田遺跡、番神山古墳、高島遺跡、友坂遺跡、黒崎種田遺跡、願海寺城跡、豊田大塚・中吉原遺跡、下邑遺跡・小長沢U遺跡)
令和元年度埋蔵文化財センター事業
研究報告1「小糸尾萩野遺跡等の表採資料について」納屋内高史(当センター職員)
研究報告2「縄文時代中期竪穴建物の出入口について」堀沢祐一(当センター所長)
研究報告3「大峪城跡の試掘調査成果」堀内大介(当センター職員)
研究報告4「中世富山城の北堀について」堀内大介(当センター職員)
研究報告5「富山城跡2008年度調査報告補遺-礎石の報告と礎石間隔の検討-」野垣好史(当センター職員)
研究報告6「富山城下町遺跡出土の貿易陶磁器について(2)」鹿島昌也(当センター職員)・新宅輝久氏(富山考古学会員)
研究報告7「富山市一番町出土の近代徳利瓶について」鹿島昌也・宮田康之(当センター職員)

No.20 (発行 2019年3月)
 
閲覧
(全国遺跡報告総覧のホームページへ)
  【掲載内容】
北代縄文広場この1年-平成30年度-
安田城跡歴史の広場この1年-平成30年度-
調査概要報告
(友坂遺跡、米田南田遺跡、下邑遺跡)
平成30年度埋蔵文化財センター事業
研究報告1「続・顔のない人面墨書土器」堀沢祐一(当センター所長)
研究報告2「中世富山城跡の神保長職による「自落」痕跡と派生する諸課題」小黒智久(当センター職員)・萩原大輔氏(郷土博物館)
研究報告3「富山城下町遺跡出土の貿易陶磁器について」鹿島昌也(当センター職員)・新宅輝久氏(富山考古学会員)
研究報告4「考古資料から見た近世富山の食文化」納屋内高史(当センター職員)

No.19 (発行 2018年3月)
 
閲覧
(全国遺跡報告総覧のホームページへ)
  【掲載内容】
北代縄文広場この1年-平成29年度-
安田城跡歴史の広場この1年-平成29年度-
境野新遺跡公園の環境整備事業
調査概要報告
(黒瀬大屋遺跡、富山城跡、越中丸山焼陶窯跡、富山城跡)
平成29年度埋蔵文化財センター事業
講演記録「富山城下町から出土した陶磁器と生活」佐々木達夫氏(金沢大学名誉教授)
研究報告1「境野新遺跡の再評価と古沢塚山古墳の出現」小黒智久(当センター職員)
研究報告2「諸国での人面墨書土器出土状況について」堀沢祐一(当センター所長)
研究報告3「富山藩家老冨田氏下屋敷跡出土の恵比寿土面について」鹿島昌也・宮田康之(当センター職員)
研究報告4「生産地と消費地における越中丸山焼の火鉢について」宮田康之(当センター職員)

No.18 (発行 2017年3月)
 
準備中
  【掲載内容】
北代縄文広場この1年-平成28年度-
安田城跡歴史の広場この1年-平成28年度-
調査概要報告
(富山城跡、富山城下町遺跡主要部、小長沢U遺跡)
平成28年度埋蔵文化財センター事業
研究報告1「ハンドヘルド蛍光X線分析装置を用いた石器石材分析の試み」飯塚義之氏(台湾 中央研究院 地球科学研究所)
研究報告2「古代後期から中世前期にみえる婦負郡社会の一齣」木本秀樹氏(越中史壇会 副会長)
研究報告3「富山観光ホテル前にあった中世石造物について」西井龍儀氏(富山考古学会 会長)
研究余話「医王山東薬寺蔵剣形木製品について」古川知明(当センター職員)

No.17 (発行 2016年3月)
 
準備中
  【掲載内容】
北代縄文広場この1年-平成27年度-
安田城跡歴史の広場この1年-平成27年度-
調査概要報告
(富山城跡、千石町遺跡、塩下野U遺跡ほか、浜黒崎野田・平榎遺跡、横越遺跡、打出遺跡)
平成27年度埋蔵文化財センター事業
研究報告1「富山市婦中町田島地内で見つかった石棒について」細辻嘉門・三上智丈(当センター職員)
研究報告2「西町地内埋没樹木について」堀内大介(当センター職員)・高橋 敦氏・千葉博俊氏(パリノ・サーヴェイ)
研究余話T「富山県内の近代「病院」銘入り陶器瓶について」鹿島昌也(当センター職員)
研究余話U「富山城下町の井戸について」近藤顕子(当センター職員)
研究余話V「上滝不動磨崖仏について」古川知明(当センター所長)

No.16 (発行 2015年3月)
 
準備中
  【掲載内容】
北代縄文広場この1年-平成26年度-
安田城跡歴史の広場この1年-平成26年度-
調査概要報告
(二本榎遺跡、八ヶ山A遺跡、若竹町遺跡、富山城跡、富山城跡・富山城下町遺跡主要部、富山城下町遺跡主要部、平榎亀田遺跡)
平成26年度埋蔵文化財センター事業
研究余話T「魚類遺存体から見た小竹貝塚」納屋内高史(当センター職員)
研究余話U「富山城下町遺跡出土の人形(狆)について」鹿島昌也(当センター職員)・小林照子氏(東京大学埋蔵文化財調査室)・加藤雄太氏(同志社大学学生)
研究余話V「縄文時代の土製耳飾り-富山県内の様相について-」小林高範(当センター職員)
研究余話W「富山町石工伝助について」古川知明(当センター所長)

No.15 (発行 2014年3月)
 
準備中
  【掲載内容】
北代縄文広場この1年-平成25年度-
安田城跡歴史の広場この1年-平成25年度-
調査概要報告
(吉作遺跡、西金屋遺跡、友坂遺跡、四方荒屋遺跡、北代村巻X遺跡、新庄城跡、富山城下町主要部、富山城跡)
平成25年度埋蔵文化財センター事業
研究余話T「日本海域における下呂石の流通について」古川知明(当センター所長)
研究余話U「小竹貝塚の眺望と行動範囲-地理情報システム(GIS)解析から-」岡田一広氏(日本考古学協会会員)
研究余話V「富山藩江戸藩邸の庭園を巡る」原 祐一氏(東京大学埋蔵文化財調査室)
研究余話W「医王山東薬寺蔵木造弘法大師像の仏師について-近世期仏師の新資料-」古川知明(当センター所長)

No.14 (発行 2013年3月)
 
閲覧
(全国遺跡報告総覧のホームページへ)
  【掲載内容】
北代縄文広場この1年-平成24年度-
安田城跡歴史の広場この1年-平成24年度-
調査概要報告
(豊田大塚・中吉原遺跡、朝菜町鳥ノ木遺跡、今市遺跡、宮条南遺跡、西金屋・西金屋窯跡、南部T遺跡、富山城跡、新庄城跡、岩瀬天神遺跡、小竹貝塚、西二俣遺跡、吉野銀山遺跡)
平成24年度埋蔵文化財センター事業
研究余話T「富山市二本榎遺跡SZ01の横穴式石室について」
小黒智久(当センター職員)
研究余話U「出土品から見た富山市北東部の植物利用」納屋内高史(当センター職員)
研究余話V「「中世富山城推定地」から「千石町遺跡」へ」鹿島昌也(当センター職員)
研究余話W「富山町石工佐伯伝う右衛門について」古川知明(当センター所長)

No.13 (発行 2012年3月)
 
閲覧
(全国遺跡報告総覧のホームページへ)
  【掲載内容】
史跡王塚・千坊山遺跡群公有化事業
北代縄文広場この1年-2011年度-
安田城跡歴史の広場この1年-2011年度-
調査概要報告
(二本榎遺跡、舘本郷U遺跡、百塚住吉D遺跡、西金屋・西金屋窯跡、米田大覚遺跡、富山城跡、小竹貝塚、庵谷・片掛銀山遺跡、長棟鉛山遺跡の分布調査報告、神通川から採取された古代・中世の遺物)
平成23年度埋蔵文化財センター事業
研究余話T「富山市内の近世鉱山について-亀谷銀山・長棟鉛山を中心にして-」
小松博幸(当センター職員)
研究余話U「発掘調査報告書掲載のためのデジタル写真の処理について」近藤顕子(当センター職員)
研究余話V「近世富山城下町出土の動物遺存体-2006年度、2008年度調査出土資料の紹介-」 納屋内高史(当センター職員)
研究余話W「寺島館跡について」鹿島昌也(当センター職員)・松山充宏氏(越中史壇会会員)
研究余話X「近世富山町石工について」古川知明(当センター所長)

No.12 (発行 2011年3月)
 
閲覧
(全国遺跡報告総覧のホームページへ)
  【掲載内容】
城と都市-遺跡から見た戦国と江戸- 越中と美濃を結ぶ考古展U開催
北代縄文広場この1年-2010年度-
安田城跡歴史の広場この1年-2010年度-
調査概要報告
(百塚遺跡、百塚住吉D遺跡、願海寺城跡、舘本郷U遺跡、砂川カタダ遺跡、今市遺跡、小竹貝塚、総曲輪遺跡、富山城跡、亀谷銀山遺跡・薬師岳の分布調査)
平成22年度埋蔵文化財センター事業
研究余話T「白岩川流域の首長墓系譜」
野垣好史(当センター職員)
研究余話U「北代縄文展示室における有害生物生息調査」坂口諒子(当センター職員)
研究余話V「薬師岳に奉納された模造剣について」小林高範当(センター職員)
研究余話W「富山城下町戸田式部邸出土の擂鉢について」中本八穂氏(大沢野文化会館主査学芸員)
研究余話X「医王山東薬寺蔵柱材の調査」古川知明(当センター所長)・(株)パレオ・ラボAMS年代測定グループ

No.11 (発行 2010年3月)
 
閲覧
(全国遺跡報告総覧のホームページへ)
  【掲載内容】
越中と美濃を結ぶ考古展 開催
北代縄文広場この1年-2009年度-
発掘速報
(百塚遺跡、小竹貝塚、富山城跡(本丸)、富山城跡(二ノ丸、三ノ丸、城下町)、八ヶ山A遺跡、分布調査)
平成21年度埋蔵文化財センター事業
調査報告 (富山城跡二ノ丸二階櫓門石垣)
研究余話T「富山市婦中町平岡遺跡出土の石製品について-けつ飾に関する新資料の紹介-」細辻嘉門(当センター職員)
研究余話U「富山城跡出土の竹製水道施設について」長谷部真吾(当センター職員)
研究余話V「富山市婦中町添の山古墳群の研究」小黒智久(当センター職員)
研究余話W「富山城下町における江戸期ト占の一例-越前焼擂鉢の使用例から-」古川知明(当センター所長)

No.10 (発行 2009年3月)
 
閲覧
(全国遺跡報告総覧のホームページへ)
  【掲載内容】
北代縄文広場この1年-2008年度-
王塚・千坊山遺跡群国指定記念事業「婦負の国 弥生フォーラム」
発掘速報
(小竹貝塚、北押川B・北押川C・池多東遺跡、上新保遺跡、米田大覚遺跡、富山城跡、水橋上砂子坂遺跡、分布調査)
発掘調査概要報告(経力遺跡・北代村巻X遺跡)
平成20年度埋蔵文化財センター事業
研究余話T「富山市蜆ヶ森貝塚の調査と土器研究略史」藤田富士夫(当センター所長)
研究余話U「富山市江本経塚の自然石板碑銘文」古川知明(当センター職員)
研究余話V「有峰の狛犬」小松博幸(当センター 兼 大山歴史民俗資料館主査学芸員)
巻末言「富山市の埋蔵文化財調査黎明期のころ」藤田富士夫(当センター所長)

No.9 (発行 2008年3月)
 
閲覧
(全国遺跡報告総覧のホームページへ)
  【掲載内容】
北代縄文広場この1年-2007年度-
王塚・千坊山遺跡群国指定記念事業「婦負の国 弥生フォーラム」
発掘速報
(若竹町遺跡、富崎遺跡、北押川B遺跡・北押川C遺跡・御坊山遺跡、百塚遺跡、富山城跡、上新保遺跡、分布調査)
平成19年度埋蔵文化財センター事業
研究余話T「富山市浜黒崎野田・平榎遺跡の円盤形土製品について」藤田富士夫(当センター所長)
研究余話U「富山市下大久保の矢穴石 -中・近世割石技術の一例-」古川知明(当センター職員)
研究余話V「富山市グランドプラザ検出の井戸SE01について」堀内大介(当センター職員)
巻末言「長者は誰?」加藤達行(当センター職員)

No.8 (発行 2007年3月)
 
閲覧
(全国遺跡報告総覧のホームページへ)
  【掲載内容】
北代縄文広場この1年-2006年度-
王塚・千坊山遺跡群国指定記念事業「婦負の国 弥生フォーラム」
発掘速報
(宮町遺跡、八町U遺跡、百塚住吉遺跡、向野池遺跡、富山城跡、水橋専光寺遺跡、分布調査)
発掘調査概要報告(富崎遺跡発掘調査)
平成18年度埋蔵文化財センター事業
研究余話T「東大寺領大藪荘の『大江辺墓』寸考」藤田富士夫(当センター所長)
研究余話U「常楽寺周辺の遺構と石造物調査」西井龍儀氏(富山考古学会副会長)
研究余話V「漁具『ヤス』と古墳にまつわる覚書」鹿島昌也(当センター職員)
巻末言「『長者屋敷』を探せ?」加藤達行(当センター職員)

No.7 (発行 2006年3月)
 
閲覧
(全国遺跡報告総覧のホームページへ)
  【掲載内容】
王塚・千坊山遺跡群国指定記念事業「婦負の国〜弥生ものがたり〜」
北代広場この一年-2005年度-
発掘速報
(百塚住吉遺跡、八町U遺跡、小出城跡、富山城跡、四方背戸割遺跡、東老田T遺跡、鵜坂T遺跡、砂子田T遺跡)
平成17年度 埋蔵文化財センター事業
埋蔵文化財センター関連施設の紹介1
研究余話T「直弧文の起源に関する一試考 -中国・漢代画像石との比較から-」藤田富士夫(当センター所長)
研究余話U「四隅突出型墳丘墓と婦負社会」大野英子(当センター職員)
研究余話V「富山城薪丸について」古川知明(当センター職員)
研究余話W「Asian Games:The Art of Contest(競いの美−アジアの遊戯)」を見学して」鹿島昌也(当センター職員)
巻末言「雑感 富山のまち」加藤達行(当センター職員)

No.6 (発行 2005年3月)
 
閲覧
(全国遺跡報告総覧のホームページへ)
  【掲載内容】
北代広場この一年-2004年度-
発掘速報
(池多南遺跡、水橋荒町・辻ヶ堂遺跡、水橋二杉遺跡、打出遺跡、八町U遺跡、小出城跡、水橋金広・中馬場遺跡、富山城跡)
平成16年度 埋蔵文化財センター事業
寄贈資料の紹介(本庄清志氏蔵書)
研究余話Z「縄文時代の擦切技法について」藤田富士夫(当センター所長)
研究余話[「富山城石垣調査から」古川知明(当センター職員)
研究余話\「富山市内最新の出土漆器について」鹿島昌也・稲垣裕二(当センター職員)
研究余話]「地震と考古学について」鹿島昌也(当センター職員)

No.5 (発行 2004年3月)
 
閲覧
(全国遺跡報告総覧のホームページへ)
  【掲載内容】
北代広場この一年-2003年度-
埋蔵文化財センターこの1年-2003年度-
発掘速報
(開ヶ丘狐谷V遺跡、長岡八町遺跡、打出遺跡、呉羽三ツ塚古墳・呉羽三ツ塚遺跡、花の木C遺跡、水橋金広・中馬場遺跡、小出城跡、富山城跡)
平成15年度 埋蔵文化財センター事業
寄贈資料の紹介
(故林寺厳州氏コレクション、故湊晨氏コレクション、亀田正夫コレクション、故中林武夫氏コレクション、西井保氏資料)
研究余話W「富山城本丸採集の瓦について」古川知明(当センター職員)
研究余話X「大伴家持の歌に見る渡河地点について」藤田富士夫(当センター所長)
研究余話Y「開ヶ丘狐谷V遺跡出土のナイフ形石器」野垣好史(当センター職員)

No.4 (発行 2003年3月)
 
閲覧
(全国遺跡報告総覧のホームページへ)
  【掲載内容】
第3回「奈良時代の富山を探る」フォーラム【古代越中国の仏教と瓦生産】開催
北代広場この一年-2002年度-
発掘速報
(開ヶ丘地内の遺跡群、水橋金広・中馬場遺跡、願海寺城跡、富山城跡、北代遺跡、水橋二杉遺跡)
平成14年度 埋蔵文化財センター事業
研究余話V「中国・丁沙地遺跡の攻玉資料紹介」藤田富士夫(当センター所長)
寄贈資料の紹介
(亀田正夫氏寄贈)

No.3 (発行 2002年3月)
 
閲覧
(全国遺跡報告総覧のホームページへ)
  【掲載内容】
第2回「奈良時代の富山を探る」フォーラム【古代北陸の国と郡の成り立ち】開催
発掘速報
(栃谷南遺跡、金屋南遺跡、水橋金広・中馬場遺跡、開ヶ丘地内の遺跡群、北押川C遺跡、吉岡遺跡、経力遺跡)
北代縄文広場2期整備(「縄文食体験広場」完成)
寄贈資料の紹介
(浦山尚武氏・友仙寺・植原利一氏)
研究余話T「穿孔具?それともロクロ具?」藤田富士夫(当センター所長)
研究余話U「富山市杉谷A遺跡小考」小黒智久(当センター職員)
平成13年度 埋蔵文化財センター事業 

No.2 (発行 2001年3月)
 
閲覧
(全国遺跡報告総覧のホームページへ)
  【掲載内容】
栃谷南遺跡 市指定文化財に!
第1回「奈良時代の富山を探る」フォーラム【古代の道と駅】開催
発掘速報
(若王子塚古墳、水橋金広・中馬場遺跡、金屋南遺跡、向野池遺跡、開ヶ丘中山W遺跡、北代遺跡)
平成12年度 発掘調査一覧
平成12年度 試掘確認調査一覧
平成12年度 埋蔵文化財センター事業

No.1 (発行 2000年3月)
 
閲覧
(全国遺跡報告総覧のホームページへ)
  【掲載内容】
北代縄文広場完成!
発掘速報
(金屋南遺跡、清水堂南遺跡、向野池・境野新遺跡、四方荒屋遺跡、任海宮田遺跡、東老田U遺跡、HS−07遺跡、北代西山遺跡、開ヶ丘中・開ヶ丘中山W・開ヶ丘ヤシキダ遺跡)
平成11年度 発掘調査一覧
平成11年度 試掘確認調査一覧
平成11年度 埋蔵文化財センター事業

遺跡物語10年の歩み (発行 2010年3月)
  平成21年で設立10年を迎えた当センターの歩みと、遺跡物語1号から10号に掲載した代表的な調査・研究報告をまとめ、記念誌を出版しました。
   

  Copyright(c) Center for Archeological Operations, Board of Education, Toyama City. All Rights Reserved.