富山市埋蔵文化財センター


Center for Archeological Operations,
Board of Education,Toyama City


センターで取り扱っている図書の販売をしています


特別展 富山市・岐阜市都市間交流事業
「越中と美濃を結ぶ考古展U 城と都市−遺跡から見る戦国と江戸−」展示図録
1,540円(2010年・A4・P87・422g)
2010年9月11日から10月24日に富山市佐藤記念美術館にて開催しました「越中と美濃を結ぶ考古展U」の展示図録です。

※在庫切れです。
目次
 ごあいさつ
 目次・凡例
 年表
 1.守護の時代
 2.戦国時代の城と暮らし
 3.江戸時代の城と城下
 岐阜城のふたつの御殿 (千田嘉博)
 越中における前田氏関連の城郭 (中井均)
 列品解説
 遺跡地図
 参考文献
 協力者一覧



平成21年度岐阜市富山市都市間交流事業
「越中と美濃を結ぶ考古展交流のはじまり 旧石器時代から古代展示図録 
820円(2009年・A4・P63・270g)
2009年7月18日から9月6日に富山市佐藤記念美術館にて開催しました「越中と美濃を結ぶ考古展」の展示図録です。

※在庫切れです。
目次
 あいさつ
 富山市・岐阜市歴史年表
 1.遺跡から見た各市の歴史
 2.旧石器時代
 3.トピック 下呂石
 4.縄文時代
 5.トピック 蛇紋岩製石斧の生産と交流
 6.弥生時代
 7.古墳時代
 8.古代
 図録目録
 参考文献
 協力者一覧
 奥付


王塚・千坊山遺跡群国指定記念 平成20年度「婦負の国 弥生フォーラム」記録集
「ムラの景観 −集落と墳墓−」 
520円(2009年・A4・P64・184g)
平成20年度に実施した「婦負の国 弥生フォーラム」の記録集を刊行しました。

掲載内容
特別講演
寺沢 薫氏 『弥生の巨大集落は”都市”であったか?
     −婦負のクニの巨大遺跡群を考える前提として−』

フォーラム第1部 報告
佐藤 慎氏 『斐太遺跡群にみる集落景観』
堀 大介氏 『高地性集落の歴史的展開
−福井県の事例を中心に−』
細辻嘉門氏 『越中の集落と墳墓について』

フォーラム第2部 討論





王塚・千坊山遺跡群国指定記念 平成19年度「婦負の国 弥生フォーラム」記録集
「『婦負のクニ』成立のころ−四隅突出型墳丘墓から前方後方墳へ−」
520円(2008年・A4・P60・179g)
平成19年度に実施した「婦負の国 弥生フォーラム」の記録集を刊行しました。

掲載内容
特別講演
岡村秀典氏 『墳墓から王権の成立を読み解く
      −東アジアにおける王位の継承と王陵の形成−』
フォーラム第1部 報告
橋本博文氏 『越後における弥生時代から
                古墳時代への墓制の変化』
伊藤雅文氏 『加賀・能登の弥生墳墓から前方後円墳へ』
小黒智久氏 『越中の様相
         −四隅突出型墳丘墓から前方後方墳へ−』

フォーラム第2部 討論
  


王塚・千坊山遺跡群国指定記念 平成18年度「婦負の国 弥生フォーラム」記録集
「四隅突出型墳丘墓を探る−首長と地域社会−」
520円(2007年・A4・P64・188g)
平成18年度に実施した「婦負の国 弥生フォーラム」の記録集を刊行しました。

掲載内容
基調講演
肥後弘幸氏 『丹後から見た弥生首長墓の誕生
〜四隅突出型墳丘墓を築かなかったクニ〜』

フォーラム第1部 報告
桑原隆博氏 『中国地方における四隅突出型墳丘墓』
前田清彦氏 『越前・加賀の四隅突出型墳丘墓』
大野英子氏 『越中の四隅突出型墳丘墓』

フォーラム第2部 討論

フォーラム 総括
高橋浩二氏 『婦負の四隅突出型墳丘墓と地域社会』
 



<お申し込み方法>
購入をご希望の方は、希望図書のタイトルと冊数を明記し、書籍代金(現金書留又は定額小為替)と送料(切手)を同封のうえ、当センター宛にご送付ください。ゆうメールにてお送りいたします。
希望冊数分の重さを合算のうえ、下の表に当てはまる送料を同封して下さい。
重量が3kg以上になる場合はゆうパックでお送りしますのでお問合せ下さい。
 
※2017年6月1日から郵便料金が変更になりました。
重量 150gまで 250gまで 500gまで 1kgまで 2kgまで 3kgまで
送料 180円 215円 300円 350円 560円 710円
直接窓口でも購入いただけます。ぜひ御利用ください。
 
<お問い合わせ・お申し込み>
富山市埋蔵文化財センター 図書販売係
〒939-2798 富山県富山市婦中町速星754
(婦中行政サービスセンター 3階)
電話番号 076-465-2146 ファックス番号 076-465-5032




Copyright(c) Center for Archeological Operations, Board of Education, Toyama City. All Rights Reserved.