本文へジャンプ
富山市
 

法人番号:9000020162019

文字の大きさ
拡大元に戻す縮小
現在位置:HOMEの中の事業者の皆さまの中の薬業・物産の中の薬業振興施策

薬業振興施策

「富山くすりフェア」開催事業

 「富山のくすり」について分かりやすく紹介する「富山くすりフェア」を毎年開催しています。
 「くすりの歴史」や「配置薬」の仕組みなどをパネル展示により紹介するとともに、薬のパッケージや売薬関係資料等も展示しています。

<令和3年度>
「謎解きまちめぐりー隠された薬都の富ー」
日時:令和3年7月25日(日)~令和4年3月31日(木)
場所:富山市中心部(富山市まちなかコース)
   富山県内各所(富山県周遊コース)
参加費:無料

「ワークショップー富山のくすりを科学するー」
第1回
日時:令和3年7月25日(日)13:30~15:30
場所:富山市大久保ふれあいセンター調理実習室
第2回
日時:令和3年8月1日(日)13:30~15:30
場所:高岡市生涯学習センター4Fキッチンサロン

<令和2年度>
開催中止

<令和元年度>
日時:令和元年10月9日(水)~11日(金)
   11時~19時
会場:チ・カ・ホ(札幌駅前通地下広場)
   北3条交差点広場(西)
備考:入場観覧無料

   
  

配置員資質向上事業

富山市薬業功労者表彰

 富山市の伝統地場産業である医薬品産業に従事し、業界の発展に寄与するなど、他の模範となる方を表彰しています。
 令和3年度富山市薬業功労者表彰式について

 
 

配置員講習会

 富山市内の配置員の方々を対象に、健康や薬の歴史等についての講習会を開いています。

《令和3年度配置員講習会の様子(R4.1.6実施》


医薬品宣伝対策事業

 「富山のくすり」のPRを図るため、昔から家庭薬配置員の方が「おまけ」として使っている紙風船などを作成し、各種イベント等で配布しています。
 また、電鉄富山駅に電飾看板の掲示をするとともに、富山空港内「富山市コーナー」では大型ディスプレイやタブレット端末を用いて、「富山のくすり」などの紹介をしています。


紙風船 電鉄富山駅電飾看板 
富山の薬パッケージ陳列


 平成30年6月7日(木)から、中央通り「てるてる亭」1階ほくほく通りお休み処内に「くすりのまち休憩スポット」を設置しております。(令和3年3月に一部パネルの展示替えを行いました。)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、土日祝祭日は休館となっております。



富山やくぜん普及推進事業

 「富山のくすり]の伝統を活かし、健康に良いとされる食材を使用した料理等を「富山やくぜん」という魅力ある観光資源として確立することを目指し、その普及に努めております。
 令和3年度4品目を新規認定しました。(計54品目39事業者 令和4年4月現在)

「富山やくぜん」ホームページ(外部リンク)

「富山やくぜん」フェイスブックページ(外部リンク)

「富山やくぜん」インスタグラムページ(外部リンク)

薬用植物栽培工場の構築事業(環境未来都市計画関連事業)

 富山市では、地元製薬会社のニーズを踏まえつつ、医療系大学の知見を活用し、最先端のバイオ技術、温泉水の熱、小水力・太陽光発電等の再生可能エネルギーの導入等を検討し、薬用植物の生産管理システムを構築することで、新たな地域ブランド・地域産業モデルの確立を目指しております。

<過去研修会>
2019(令和元)年度薬都とやま薬用植物栽培工場の構築事業研修会概要(134kbyte)pdf
平成30年度薬都とやま薬用植物栽培工場の構築事業研修会概要(141kbyte)pdf
平成29年度第1回薬都富山薬用植物栽培工場の構築事業研修会概要(134kbyte)pdf

(2019(令和元)年度薬都とやま薬用植物栽培工場の構築事業研修会の様子)


 

くすり関連施設整備事業


<平成30年度>
 富山市では、本市薬業の振興と薬都とやまのイメージアップを目指して、図書館旧本館跡地に整備予定のくすり関連施設について、基本構想及び基本計画を策定しました。

くすり関連施設基本構想・基本計画概要版(531kbyte)pdf
くすり関連施設基本構想・基本計画完成版(7,559kbyte)pdf

<平成29年度>
 有識者等からなる「くすり関連施設検討会議」を立ち上げ、平成20年度に策定した「くすり関連施設基本構想」等について意見を伺いました。

・平成29年度富山市くすり関連施設検討会議報告書 (711kbyte)pdf
・(参考)くすり関連施設基本構想の概要(平成20年12月作成) (682kbyte)pdf


書籍「富山の置き薬」制作事業

 本市では富山の配置薬業の歴史と記録を後世に伝え、新たな魅力や記憶を掘り起こすことを目的とした書籍を制作し、発刊しています。
 ノーベル生理学・医学賞を受賞された本庶佑氏による冒頭エッセイのほか、「富山の置き薬」をテーマとした30名の著名人によるエッセイ、富山売薬と文化に関する資料、富山市の魅力等が収載されています。
 本書籍は、市内小中学校や図書館をはじめ、市内在住の配置薬業に携わる方々にもお配りし、様々な機会に活用していただきたいと考えています。

<富山市内在住の配置従事者様へ>
1名につき1冊、書籍をご活用いただきたく考えております。
希望される方は、商工労働部薬業物産課カウンターまでお越しください。
備考:配置従事者身分証明書の掲示が必要となります。

お問い合わせ:076-443-2071 (薬業物産課 薬業振興係)

書籍画像

くすりの語り部育成事業

本市では、「くすりのまち富山」について、わかりやすく解説・案内できる人材を育成するため、「薬都とやま くすりの語り部育成事業」に取り組んでいます。

令和4年度薬都とやま「くすりの語り部」養成講座受講生を募集します。
薬業や観光の経験を活かして、「くすりの語り部」になってみませんか? 

令和4年度「くすりの語り部」養成講座募集チラシ
令和4年度「くすりの語り部」養成講座申込書

受講希望者は令和4年5月23日(月)までに、養成講座申込書をご記入の上、メール、ファックス、郵送にて下記までご提出ください。(応募多数の場合は選考)
[送付先] 〒930-8510 富山市新桜町7-38 富山市役所薬業物産課
[電話] 076-443-2071
[FAX] 076-443-2183
[メール] yakugyobusan-01@city.toyama.lg.jp

※「薬都とやま くすりの語り部」について
富山の歴史と現在を語り継ぎ、未来へつなぐ存在として、受講後、一定の基準(8割以上の出席)を満たした方を「薬都とやま くすりの語り部」として認定します。「語り部」となった方には、施設や観光などの場面で、薬都とやまに関する解説や案内ができる人材となることを期待しています。

公開講座の様子施設実習の様子
    
      講座の様子          施設実習の様子
      

中学生・高校生「薬都とやまアイデアコンテスト」参加者募集!

「薬都とやま」の振興やイメージアップをテーマとして、「富山のくすり」の未来を担うことになる中学生・高校生によるアイデアコンテストの参加者を募集します。

参加者の方は、セミナーを受講し、「富山のくすり」や関連産業の歴史、現状、魅力及び課題等を学んでいただいたうえで、グループに分かれてアイデアを提案します。

期  間:7月~11月
場  所:富山大学、スケッチラボ など
対  象:市内在住の中学生および県内在住の高校生
費  用:無料
申込方法:6月10日㈮(必着)までに、郵送、FAXEメールで、応募用紙を、薬業物産課へ。

 ≪実施要項≫ (160kbyte)pdf 

 ≪申込み用紙≫ (18kbyte)doc

 ≪チラシ≫ (511kbyte)pdf 

【申込・提出・問合せ先】
930-8510 富山市新桜町7番38号 富山市役所商工労働部薬業物産課
「薬都とやまアイデアコンテスト」担当
電話 076-443-2071 FAX 076-443-2183
メールアドレス yakugyobusan-01@city.toyama.lg.jp




印刷用にコンテンツを抽出

ページの先頭へ

前のページへ戻る

富山市役所

〒930-8510 富山県富山市新桜町7番38号

電話番号(076)431-6111(代)

【窓口受付時間】午前8時30分から午後5時15分(月曜日から金曜日)

立山あおぐ特等席。富山市