郷土博物館 企画展案内 この企画展は終了しました→終了した展覧会一覧へ

特別展
  「お殿さまとお寺−富山前田家ゆかりの寺々
 
                         
お殿さまとお寺
富山藩主である富山前田家にゆかりの寺は、藩内はもちろんのこと、江戸や京など領外にも存在します。それは、前田一族の菩提寺であり、先祖に由緒ある寺であり、家族個人の信仰に関わる寺々です。

富山前田家ゆかりの寺院を語る上では、決して避けて通れない一大事件があります。藩主の宗旨変更です。初代藩主前田利次は、富山前田家の菩提寺を曹洞宗寺院である光嚴寺に定めました。しかし、二代藩主正甫が日蓮宗大法寺に帰依し、個人の信仰にとどまらず家の宗旨も変更してしまったのです。このことは、一族のみならず藩士たちまで影響を及ぼしました。

本展では、こうした藩主菩提寺を中心に藩の祈祷寺や個人が信仰する寺、行楽地でもあった寺など、富山前田家ゆかりの様々な寺々を、初公開資料を交えながら紹介します。

 


主な展示資料

○富山藩主使用丁子梅鉢紋入御膳 (光嚴寺蔵)
○二代藩主前田正甫自筆 前田利興日蓮宗改宗許可書 (大法寺蔵)
○前田正甫生母泰寿院願主 紺紙金泥法華経 (本壽寺蔵)
○初代藩主前田利次 屋敷地寄進状 (各願寺蔵)
○富山藩八代藩主前田利謙生母自仙院寄進 柿本人麿像 (長慶寺蔵) など

初公開あるいは半世紀ぶりに公開する資料です!


チラシ表  チラシ裏
チラシ(表)   /   チラシ(裏)


会期 平成24年9月15日(土)〜11月11日(日)
      
会期中無休
      
開館時間 9時〜17時(入館は16時30分)

観覧料  一般300円(240円)、小中学生150円(120円)  ( )内は20名以上の団体料金 
             ※土・日曜、祝日は中学生以下無料 


展示解説会 9月30日(日)、10月21日(日)
         各日 午後2時より
         場所 郷土博物館展示室
         申込不要・参加無料(入館料が必要です)


「お殿さまとお寺」展をより楽しむ
   特別公開講座「お殿さまとお寺」

  当館の学芸員3名が、リレー形式で行う公開講座。
  3名がそれぞれの切り口で、特別展の世界がより広がる解説を行います。
  特別展に関心のある方も、先に特別展を観覧された方もどうぞご参加ください。

  日時:10月14日(日)午後1時30分〜3時30分
  会場:富山市民プラザ3階 AVスタジオ ※南側エレベーターをご利用ください。
        >>市民プラザ公式サイトへ(別ウィンドウ)
  講師:当館学芸員
  定員:先着80名(事前申込不要)
  参加費:無料



展覧会図録

  定価820円  A4判 48ページ(内カラー32ページ)
第1章 富山藩主菩提寺
第2章 富山前田家ゆかりの寺々
富山前田家関連略系図
富山前田家菩提寺一覧
富山前田家関連寺院散策マップ
ほか

●郵送でのご注文方法


 図録代金  820円(現金書留)
 送料     215円(切手)
 図録名と送り先のメモ

以上を当館宛てにご郵送ください。到着次第、図録と領収書をお送りいたします。

本展以外の図録はこちらをご覧ください → 郷土博物館出版物案内


常設展示もご覧いただけます
「富山城ものがたり」
戦国時代に築城されてから、明治の廃城以後の城跡の変遷に至るまで、400年以上にわたる富山城の歴史を紹介しています。また、4階天守展望台からは往時の富山城の広さが実感できます。
常設展示風景

リアルタイム富山城コーナー

「リアルタイム富山城」コーナーでは、近年富山市中心市街地の開発に伴う工事で発見された、シカやニワトリの骨、木椀や箸など食に関する遺物を展示しています。また、富山城址で確認された県会議事堂のレンガ基礎も紹介しています。
  
開催中の展覧会へ
終了した展覧会一覧へ