郷土博物館 企画展案内
 
古文書に挑戦
     
 年賀状や領収書!「古文書」って意外に身近
「古文書」といえば、「昔の人が和紙に墨で文字を書いたもの。でも、何と書いてあるか分からないから、展示してあってもあまり見ないもの。」と思っている方が多いのではないでしょうか。

しかし、古文書とはそれぞれの時代を生きた人が、生活の中で普通に作成したものです。それは、現代の私たちが書類を作ったり、手紙を書いたりするのと同じで、もしかするとメールを送ったりするのとも変わりないものかもしれません。

本展では、当館の収蔵品の中から、年賀状や領収書など、現代の私たちにもなじみのあるものを中心に展示しています。「古文書」を少し身近に感じていただける展覧会です。 


会期 平成29年11月18日(土)~平成30年1月28日(日)

開館時間 9時~17時(入館は16時30分)

休館日 12月11日(月)、12月28日(木)~1月4日(木)

観覧料  大人210円(160円) 高校生以下無料
             ※( )内は20名以上の団体料金 
             ※この料金で常設展もご覧いただけます。

>>このページのトップへ 
 
 
展示解説会 11月26日(日)、12月10日(日)、1月28日(日)
         各日 午後2時より
         場所 郷土博物館展示室
         申込不要・参加無料(入館料が必要です) 

>>このページのトップへ


  
チラシ表      /      チラシ裏
PDF版はこちら
  
これからの展示予定へ
終了した展覧会一覧へ
企画展・出版物のご案内トップへ
ホームへ