本文へジャンプ
富山市
 

法人番号:9000020162019

文字の大きさ
拡大元に戻す縮小
現在位置:HOMEの中の市民の皆さまの中の税金の中の固定資産税・都市計画税から新築住宅に対する減額措置

新築住宅に対する減額措置

令和6年331日までに新築された住宅について、次の要件を満たすとき一定期間の固定資産税が減額されます。

減額を受けるための要件

  1. 住宅部分の床面積が50㎡以上(一戸建以外の貸家住宅にあっては40㎡以上)280㎡以下(併用住宅については、居住部分の割合が2分の1以上のものに限られます)。なお、同一敷地内に建てられた住宅用の車庫や物置等の別棟の建物も床面積の要件に含めます。
  2. 分譲マンションなど区分所有家屋の床面積については、「専有部分の床面積に持分で按分した共有部分を加えた床面積」で判定します。なお、賃貸マンションについても、独立的に区画された部分ごとに区分所有家屋に準じた方法で判定します。
  3. 2世帯住宅の場合は、それぞれの世帯に対して新築住宅の減額措置を受けることができます。ただし、以下の2つの要件を満たすことが必要です。                            要件を満たさない住宅については、通常通り1世帯(120㎡分まで)の減額となります。
   ①構造上の独立要件
   壁や階層等で物理的に区分されていて、構造上の独立性を有すること

   ②利用上の独立要件
   専用の玄関、台所、トイレがあり、他の区画された部分を利用しないで日常生活がなされること

       ※固定資産評価における2世帯要件が必須ですので、「建築会社が唱える2世帯住宅」や
    「住民票上の2世帯」と混同されないようにご注意ください。
       ※詳細については資産税課までお問い合わせください。
 

減額される範囲及び期間

  1. 新築住宅一戸あたり、120㎡分までの固定資産税額が2分の1減額されます。(併用住宅における店舗部分、事務所部分など非居住部分は減額対象となりません。)
  2. 減額される期間は
    ①  一般住宅(②以外の住宅)は、新築の翌年度から3年度分
    ②  3階建以上の中高層耐火住宅等は、新築の翌年度から5年度分

減額を受けるための手続き

「新築住宅に対する固定資産税減額申告書」を、新築した翌年(11日の場合は同年)の131日までに資産税課(または税務事務所税務課)へ提出してください。

様式へリンク



印刷用にコンテンツを抽出

ページの先頭へ

前のページへ戻る

富山市役所

〒930-8510 富山県富山市新桜町7番38号

電話番号(076)431-6111(代)

【窓口受付時間】午前8時30分から午後5時15分(月曜日から金曜日)

立山あおぐ特等席。富山市