本文へジャンプ
ここから本文

事業所内託老施設推進事業補助金について

富山市では、事業所内もしくは近接する場所において、雇用する従業員の家族である高年齢者を一時的に預かることを目的に、施設を新たに設置・運営する事業主に対し、設置費や運営費の一部を助成します。


1.補助金の額

(1)設置補助金

      事業に要する①、②を合計した経費の2分の1 (50万円が限度です)
      ①事業所内託老施設の新築、増設又は改築に要する建築費、工事費及び設計管理料
     .②事業所内託老施設の備品等の購入に要する経費(単価1万円以上に限る)

(2)運営補助金(設置補助金の交付を受けた場合のみ)

      人件費、賃借料、賠償責任保険、備品購入費(単価1万円未満)等 (50万円が限度です)
   ※交付対象期間は、運営開始後5年間


2.補助対象者

  • 市内に事業所を有する事業主(複数の事業主が共同する場合や事業主団体も含む。)で、事業所内託老施設を新たに設置・運営すること
  • 雇用保険適用事業主であること
  • 事業主にかかる市税(法人市民税等)を滞納していないこと。ただし、減免されている場合はこの限りでない。

3.補助対象となる施設の要件

  • 市内において、設置及び運営を行うこと。ただし、介護サービス等に該当するサービスの提供は原則として行わないこと
  • 談話室のほか、洋式トイレ、多目的トイレがあること
  • バリアフリーであること
  • 利用者15人につき、施設職員を1人以上配置すること  等

        詳しくは、商業労政課までお問い合わせください。


4.申請期間

    (1)  設置される場合:設置に着手する予定の日まで。
  (2)  運営される場合:運営に着手する予定の日まで。前年度から継続して運営する場合は、年度ごとに
           市長が定める日まで。


5.申請に必要なもの


お問い合わせ

商工労働部 商業労政課 労政係(富山市役所西館7階)
電話番号 076-443-2073
ファックス番号 076-443-2183
Eメール syogyorosei-01@city.toyama.lg.jp