本文へジャンプ
ここから本文

富山市立小・中学校の適正規模・適正配置に関する基本方針

基本方針の策定について

富山市教育委員会では、富山市通学区域審議会の答申を踏まえ、令和2年11月25日に「富山市立小・中学校の適正規模・適正配置に関する基本方針」を策定しました。

富山市立小・中学校の適正規模・適正配置に関する基本方針(令和2年11月) (1,405kbyte)pdf
富山市立小・中学校の適正規模・適正配置に関する基本方針(概要版) (362kbyte) (362kbyte)pdf


望ましい学校規模学級数○小学校 12~18学級(各学年2~3学級)
○中学校  9~18学級(各学年3~6学級)
学級人数○1学級あたり少なくとも21人以上
望ましい通学距離・通学時間○通学距離
 徒歩で2~3㎞以内、自転車で6㎞以内
○通学時間
 徒歩・自転車の場合は、30~40分以内
 スクールバス・公共交通機関を利用した場合は、
 自宅から学校までおおむね1時間以内
早期に適正化を検討する学校規模○複式学級が存在する学校
○全学年が単学級である学校
適正化を進める上で考慮すべきこと○環境変化に対する配慮
○通学の安全確保
○保護者や地域の理解と協力
○既存施設の活用
○多様な教育方法の検討


この基本方針に基づき、令和4年2月24日に「市立小・中学校再編計画」を策定しました。





Adobe Readerのダウンロード

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
「Get ADOBE READER」ボタンをクリックしてください。