本文へジャンプ
富山市
 

法人番号:9000020162019

文字の大きさ
拡大元に戻す縮小
現在位置:HOMEの中のまちづくり・市政の中の情報公開・各種指標の中の統計データの中の工業統計調査の中の平成17年工業統計調査 結果

平成17年工業統計調査結果

お問い合わせ先
情報統計課
電話番号  076-443-2015
jyohotokei-01@city.toyama.lg.jp
組織別業務案内
ご意見をお聞かせください
このページは役に立ちましたか?



 

平成17年工業統計調査へのご協力ありがとうございました。このほど、集計結果がまとまりましたのでご報告いたします。

利用上の注意

1. 調査の目的

平成17年工業統計調査は、我が国の製造業の分布状況や生産活動の実態を明らかにすることを目的として実施されました。

2. 調査の概要

工業統計調査は、統計法(昭和22年法律第18号)に基づく「指定統計調査」(指定統計第10号「工業統計」を作成するための調査)です。経済産業省の所管により、工業統計調査規則(昭和26年通商産業省令第81号)によって実施しています。

3. 調査期日

平成17年工業統計調査は、平成17年12月31日現在で実施されました。

4. 調査の範囲

工業統計調査は、日本標準産業分類の「大分類F-製造業」に属する事業所を対象に行われます。
なお、西暦末尾が「0、3、5、8」の年はすべての事業所を対象とする「全数調査」が実施され、それ以外の年は従業者規模4人以上の事業所を対象として実施されます。
平成17年(西暦2005年)は全数調査が実施されました。

5. 統計表中の符号について

以下のとおりです。

「-」当該数値のないもの
「0.0」「△0.0」端数四捨五入による単位未満のもの
「 χ 」申告者の秘密保護のため秘匿したもの

6. 数値について

  • 単位未満の数値については四捨五入を原則としたので、総数と内訳の合計は必ずしも一致しません。 
  • 平成16年以前の「〇〇地域」と表記されている数値は、合併前の旧7市町村のものであり、「富山市合計」と表記されている数値は、旧7市町村の合計です。

用語の解説

集計項目について

1. 概況

(1)事業所数

平成17年12月31日現在の富山市全域における製造事業所(以下、「事業所」とする)数は1,376事業所で、平成15年と比較して94事業所(6.4%)の減少となっています。
同じように、従業者数4人以上の事業所においても事業所数の減少がみられますが、地域ごとの数字をみると、平成16年との比較において、富山地域と大山地域、八尾地域で事業所数がわずかではありますが増加しています。(統計表Ⅰ-1参照)

統計表Ⅰ-1 (19kbyte)xls

グラフ1 事業所数(全事業所)の推移



(2)従業者数

富山市で製造業に従事する従業者の数は38,891人となっています。
従業者数4人以上の事業所における従業者数は38,053人で、前年と比較して142人(0.3%)の増加となっています。
地域ごとの数字をみると、平成16年との比較において、富山地域と大山地域、細入地域で従業者数がわずかではありますが増加しています。(統計表Ⅱ-1参照)
また、秘匿措置の講じられていない5地域(富山地域、大沢野地域、大山地域、八尾地域、婦中地域)の合計(市の従業者数の99.8%に該当)で年次比較をすると、平成10年より減少傾向にあった従業者数が平成17年から増加傾向に転じていることが分かります。(統計表Ⅱ-2参照)

統計表Ⅱ-1 (20kbyte)xls

統計表Ⅱ-2 (18kbyte)xls

グラフ2 秘匿措置の講じられていない5地域における従業者数(全事業所)の推移



(3)製造品出荷額等

富山市における製造品出荷額等の全体額は117,795,081万円となっています。
従業者4人以上の事業所の製造品出荷額等は117,253,294万円となっており、富山市全体の製造品出荷額等の99.5%を占めています。
地域ごとの数字をみると、平成16年との比較において、富山地域と大沢野地域、大山地域、八尾地域で数字の伸びがみられます。(統計表Ⅲ-1参照)
また、秘匿措置の講じられていない5地域の合計(市の製造品出荷額等の99.9%に該当)で年次比較をすると、製造品出荷額等(全事業所)では、平成8年以降で過去最高の数字を示しているのが分かります。(統計表Ⅲ-2参照)

統計表Ⅲ-1 (21kbyte)xls

統計表Ⅲ-2 (18kbyte)xls

グラフ3 秘匿措置の講じられていない5地域における製造品出荷額等(全事業所)の推移



(4)考察

製造業は富山市の主要産業のひとつ(従業者数が全産業中で第2位 平成16年事業所・企業統計調査結果より)ですが、近年になって、事業所数の減少傾向は続くものの、従業者数は増加に転じており、製造品出荷額等の全体額に至っては、平成17年ではここ10年で過去最高の数字を示しています。
このことから、長く景気の低迷が続いた富山市の経済ですが、主要産業のひとつである製造業の業績が上昇傾向にあることから、今回の調査結果は、景気回復の兆候を示しているといえそうです。

2. 産業分類別(中分類)の状況

(1)事業所数

事業所数を産業中分類別にみると、最も事業所数が多い産業は「一般機械器具製造業」(244事業所、構成比17.7%)で、以下、「金属製品製造業」(170事業所、構成比12.4%)、「食料品製造業」(163事業所、構成比11.8%)、「印刷・同関連産業」(144事業所、構成比10.5%)、「プラスチック製品製造業」(81事業所、構成比5.9%)の順となり、上位5産業で全体の58.3%を占めています。

統計表Ⅳ-1 (19kbyte)xls

 

グラフ4-1 産業別事業所数(全事業所)

 

グラフ4-2 産業別事業所数(構成比)



(2)従業者数

従業者数を産業中分類別にみると、最も従業者数が多い産業は「一般機械器具製造業」(7,640人、構成比19.6%)で、以下、「化学工業」(6,524人、構成比16.8%)、「電子部品・デバイス製造業」(4,687人、構成比12.1%)、「食料品製造業」(3,410人、構成比8.8%)、「金属製品製造業」(2,832人、構成比7.3%)の順となり、上位5産業で全体の64.5%を占めています。

統計表Ⅴ-1 (27kbyte)xls

グラフ5-1 産業別従業者数(全事業所)



グラフ5-2 産業別従業者数(構成比)



(3)製造品出荷額等

製造品出荷額等を産業中分類別にみると、最も金額が多い産業は「化学工業」(28,200,611万円、構成比23.9%)で、以下、「一般機械器具製造業」(24,376,080万円、構成比20.7%)、「石油製品・石炭製品製造業」(12,003,058万円、構成比10.2%)、「電子部品・デバイス製造業」(11,418,607万円、構成比9.7%)、「輸送用機械器具製造業」(6,826,104万円、構成比5.8%)、の順となり、上位5産業で全体の70.3%を占めています。

統計表Ⅵ-1 (21kbyte)xls

グラフ6-1 産業別製造品出荷額等(全事業所)



 

グラフ6-2 産業別製造品出荷額等(構成比)



(4)その他

その他の各項目における産業分類別の数値については、下の付表1から3を参照してください。

付表1 経費・製造品出荷額等(全事業所) (20kbyte)xls

付表2 経費・製造品出荷額等(従業者1から29人の事業所) (20kbyte)xls

付表3 経費・製造品出荷額等・在庫額・有形固定資産・建設仮勘定・設備投資(従業者30人以上の事業所) (26kbyte)xls

3. 産業別(小分類)の状況

事業所数、従業者数を産業小分類別にみると、富山市の上位5産業は以下のとおりになります。

<事業所数>
1. 印刷業72事業所
2. 金属工作機械用・金属加工機械用部分品・附属品製造業 46事業所
3. 医薬品製剤製造業 39事業所
4. 建設用金属製品製造業 33事業所
5. 製缶板金業 33事業所

<従業者数>
1. 医薬品製剤製造業4,499人
2. 玉軸受・ころ軸受製造業3,021人
3. その他の電子部品製造業2,359人
4. 印刷業 1,544人
5. 自動車部分品・附属品製造業1,347人

各項目については下記を参照してください。

統計表Ⅶ-1 (57kbyte)xls

4. 行政区別の状況

各地域の行政区別集計結果は下の統計表のとおりです。
なお、この行政区別集計結果については、集計単位区の関係で、一部実際の行政区の区割りと異なる境界で集計されている場合もありますので、ご了承ください。

統計表Ⅷ-1 (60kbyte)xls

5. 県内10市の工業の概況

富山市の事業所数は富山県の全事業所の27.7%、従業者数は30.7%、製造品出荷額等は32.7%を占めています。

統計表Ⅸ-1 (18kbyte)xls


印刷用にコンテンツを抽出

ページの先頭へ

前のページへ戻る

富山市役所

〒930-8510 富山県富山市新桜町7番38号

電話番号(076)431-6111(代)

【窓口受付時間】午前8時30分から午後5時15分(月曜日から金曜日)

立山あおぐ特等席。富山市