本文へジャンプ
富山市
 

法人番号:9000020162019

文字の大きさ
拡大元に戻す縮小
現在位置:HOMEの中の市民の皆さまの中の安全・防災の中の災害・防災からよくあるご意見・ご質問

よくあるご意見・ご質問

お問い合わせ先
河川整備課
電話番号  076-443-2221
kasenseibi@city.toyama.lg.jp
組織別業務案内
 
ハザードマップ関係】


Q1.洪水ハザードマップとは何ですか


Q2.洪水ハザードマップは何のためにあるのですか


Q3.川の水位はどのように知ることができます 

 
   
Q4. どこがはん濫すると洪水ハザードマップのような浸水状況になるのですか


Q5.1000年に一度程度」とありますが、いつからの1000年ですか


Q6.1000年に一度程度」とありますが、実際に降ったことはあるのですか


Q7. 浸水の深さはどこからの深さですか


Q8. 自宅(事業所)周辺の詳しい浸水深はわかりますか

  ※『浸水ナビ』による浸水深さの確認の仕方  (850kbyte)pdf  

Q9. 近くを流れる「○○川」が対象になっていないのはなぜですか


Q10. 洪水ハザードマップの対象河川沿いでも上流側で浸水が想定されていない(着色がない)と 
      ころは安全ということですか



Q11.洪水ハザードマップで示される浸水の想定に○○○は考慮されていますか


Q12. これまでのマップで示されていた「緊急避難地域」の指定はなくなったのですか


Q13.浸水想定の色が判別しにくい


Q14. 洪水ハザードマップは誰でももらえますか


【避難関係】

Q15.いつ避難すればよいですか


Q16.どこへ避難すればよいですか


Q17.避難情報はどのように発令される(入手できる)のですか


Q18.避難情報はいつ発令されますか


Q19.いつ、どこの避難場所が開くのですか


Q20. 校区外の避難場所へ避難してもよいですか


Q21. 自宅に2階がありますが、浸水深3m未満でも屋外へ避難しなければいけませんか


Q22. マップに示される指定緊急避難場所以外で安全に避難できるところはありますか


Q23. 自動車で避難するときはどこへ行けばよいですか


【その他関係】

Q24.要配慮者利用施設とは何ですか
















ハザードマップ関係】


Q1.洪水ハザードマップとは何ですか

  A1.河川のはん濫で浸水が想定される区域や深さ、それから避難場所に関する
    情報などの洪水からの避難に関する情報を記載したものです。


                            質問一覧に戻る


Q2.洪水ハザードマップは何のためにあるのですか

  A2.洪水のリスクを知って、いざというときにどのように避難すればよいかを
    普段から考えてもらうためのものです。また、いざというときに避難する
      場所を確認してもらい、円滑な避難につなげていただくという目的もあり
      ます。

 
                            質問一覧に戻る


Q3. 河川の水位はどのように知ることができますか

  A3.国土交通省が公開するサイト「川の防災情報」にある『川の水位情報』の
    ページで知ることができます。

                            質問一覧に戻る    


Q4. どこがはん濫すると洪水ハザードマップのような浸水状況になるのですか

  A4.洪水ハザードマップに記載されている浸水想定は、河川管理者である国や
    富山県が対象河川ごとに指定する洪水浸水想定区域を重ね合わせたもので、
    特定のどこかがはん濫した際の浸水想定区域を示したものではありません。

                            質問一覧に戻る                     


Q5.1000年に一度程度」とありますが、いつからの1000年ですか

  A5.1000年ごとに一度、周期的に発生するという「いつから」というものでは
    なく、対象とする雨の強さが降る確率(0.1%程度)を表しているものです。


                            質問一覧に戻る



Q6.
1000年に一度程度」とありますが、実際に降ったことはあるのですか

  A6.対象となる降雨量は、過去に観測された降雨を基に設定されていて、本市で 
    浸水が想定されている各河川の総雨量は平成237月新潟福島豪雨をモデル
      として、流域面積などに応じて設定されています。
 
   ※727日から30日にかけて福島県会津の多いところで700ミリ、新潟県の多い
    ところで600ミリを超え、また新潟県十日町市十日町では1時間に121.0ミリの
    猛烈な雨、福島県只見町只見では1時間に69.5ミリの非常に激しい雨が降るな
    ど、各地で堤防の決壊や河川の氾濫により大きな浸水被害等をもたらした。


                            質問一覧に戻る



Q7.
浸水の深さはどこからの深さですか

  A7.その地点の地面高さからの深さになります。ただし、周辺地面の平均値と
    なっているので、細かな地形まで反映されていない場合があるものとして
    ご覧ください。

                            質問一覧に戻る


Q8.
自宅(事業所)周辺の詳しい浸水深はわかりますか

  A8.国土交通省が公開するサイト『浸水ナビ』にて、洪水ハザードマップに示す
    洪水浸水想定区域の基となる対象河川の想定破堤点(仮にはん濫するとした
    点)ごとの浸水深をご確認いただけます。

   (この質問の下にある「『浸水ナビ』による浸水深の確認の仕方」をご覧の
   うえ、『浸水ナビ』(横にあるバナーをクリック)にてご確認ください。)

                          
      ※『浸水ナビ』による浸水深さの確認の仕方  (850kbyte)pdf 

                            質問一覧に戻る 


Q9.
近くを流れる「○○川」が対象になっていないのはなぜですか

  A9.対象となる河川は、河川管理者である国や富山県により洪水で相当の損害が
    生じるおそれがあるなどの判断のもと指定されています。詳しくは、河川
      管理者へお問合せください。

                            質問一覧に戻る               



Q10.
洪水ハザードマップの対象河川沿いでも上流側で浸水が想定されていない(着色がない)
     ところは安全ということですか


  A10.河川のはん濫を想定する対象区間は、河川管理者である国や富山県により
     洪水で相当の損害が生じるおそれがあるなどの判断のもと指定されているも
     のであり、浸水が想定されていない場合でも浸水する可能性が無いという
        ものではありません。
 
                            質問一覧に戻る


Q11.洪水ハザードマップで示される浸水の想定に○○○は考慮されていますか

  A11.洪水ハザードマップに示す洪水浸水想定区域を作成する際の浸水シミュレ
    ーションでは、以下のものは考慮されておらず、着色のない場所においても
    浸水する場合や想定される浸水深が異なる場合がありますのでご注意くだ
    さい。
 
   ・支川や隣接する河川の氾濫
   ・シミュレーションの前提となる降雨を超える規模の降雨による氾濫
   ・高潮及び内水による氾濫                    など

    また、ダムの決壊についても考慮されていません。その他、詳しくは河川
    管理者へお問合せください。

                            質問一覧に戻る


Q12. これまでのマップで示されていた「緊急避難地域」の指定はなくなったのですか

  A12.これまでのマップで示していた緊急避難地域は、はん濫水の到達時間が短い
     堤防に近いエリアを設定し、速やかな避難を促していたものです。
    一方、想定しうる最大規模、いわゆる千年に一度程度の規模の降雨(マップ
     では最大想定と表記)への見直しに伴い、命が脅かされる危険性が高い区域
        として、家屋倒壊等氾濫想定区域が示されました。
    今回の洪水ハザードマップでは、これら2つの区域設定の併記の煩雑さや
     誤解を生むおそれを考慮し、新たに示された家屋倒壊等氾濫想定区域のみ
        表記したものです。

                            質問一覧に戻る


Q13.浸水想定の色が判別しにくい

  A13.情報冊子4ページに色合いを突合して確認できる箇所がありますのでご活用
    ください。
                            質問一覧に戻る


Q14. 洪水ハザードマップは誰でももらえますか

  A14.河川課、各行政サービスセンターもしくは地区センターにて提供しておりま
    すが、数に限りもありますので、個人としてお求めではない方(事業所、
     不動産関係など)につきましては、事前に河川課(TEL443-2221)へご確認
     ください。また、市ホームページからは公開しているデータをいつでも
        ダウンロードすることができます。

                            質問一覧に戻る



避難関係】


Q15.
いつ避難すればよいですか

  A15.『市が避難情報を発令したとき』もしくは、『ご自身で避難が必要と感じ
    たとき』のいずれかが避難のタイミングです。

    危険度の高まりに応じて、市が発令する避難情報
    ■警戒レベル3:避難準備・高齢者等避難開始
    ・高齢者や体の不自由な方など避難に時間のかかる方は避難を開始して
      ください。  
    ・その他の方は避難の準備をし、自発的に避難する。
  
     ■警戒レベル4:避難勧告、避難指示(緊急)
    ・避難対象区域の方は、危険な場所から全員避難してください。
 

                            質問一覧に戻る


Q16.どこへ避難すればよいですか

  A16.立退き避難が必要な場合には、市が指定する避難所・緊急避難場所のほか、  
     浸水のおそれのない場所にある友人、知人宅などへの避難が考えられます。
    ただし、既に周辺で浸水が発生し、立退き避難がかえって命に危険を及ぼし
     かねないと判断される場合には、近隣の安全な場所(最上階が浸水しない
        建物等)への避難や建物内のより安全な上層階の部屋への移動等、命を守る
        最善の行動をとりましょう。
    日ごろから、洪水ハザードマップを活用し、安全に避難できる複数の避難先
     を検討しましょう。

                            質問一覧に戻る
 

Q17.避難情報はどのように発令される(入手できる)のですか

  A17.市が避難情報を発令した際には、市内にいる方の携帯電話・スマートフォン
    へ「緊急速報メール」を送信します。また、身近なテレビ・ラジオの放送
    からも情報を入手できます。
    その他、洪水ハザードマップの「⑥情報の入手方法」に記載のある防災行政
    無線、広報車、富山市ホームページ等による情報提供を行います。

                            質問一覧に戻る


Q18.避難情報はいつ発令されますか

  A18.避難情報は、市が市民に対して避難行動を促すため、対象河川の水位や今後
    の降雨予測などのさまざまな情報を総合的に判断し、災害発生の危険性が
    高まった場合に、緊急度や切迫性に応じて警戒レベルを附して、発令しま
    す。
 
   ※警戒レベルとは、水害や土砂災害に備えて住民がとるべき行動をお知らせ
    するために5段階にレベル分けしたもので、市が避難情報とあわせて出す
    情報です。

                            質問一覧に戻る


Q19.いつ、どこの避難場所が開くのですか

  A19.避難情報の発令にあわせて、指定避難所・指定緊急避難場所を開設します。

   ■警戒レベル3(避難準備・高齢者等避難開始)では、避難対象区域にある
    校区の第1次指定避難所である小学校等を開設します。

   ■警戒レベル4(避難勧告)では、第1次指定避難所に加え、避難対象区域
    にある校区の第2次指定避難所である中学校や第3次指定避難所である
    高校など、さらにその他指定避難所である総合体育館やコミュニティセン
    ターなどのほか、洪水の指定緊急避難場所である地区センターなどを開設
    します。

     ただし、緊急性が高い場合には、開設が必要だと判断する指定避難所及び
     指定緊急避難場所を直ちに開設します。

                            質問一覧に戻る


Q20. 校区外の避難場所へ避難してもよいですか

  A20.市が発表する避難場所の開設情報を確認のうえ、校区の内外を問わず、安全
    に避難できると考えられる場所へ避難してください。また、避難先は、市が
    開設する避難場所に限らず、安全な場所にある友人・知人宅への避難も検討
    しましょう。

                            質問一覧に戻る


Q21. 自宅に2階がありますが、浸水深3m未満でも屋外へ避難しなければいけませんか

  A21.お住まいの地域に浸水の危険がある(着色がある)場合には、市が指定する
    緊急避難場所や安全な場所にある友人・知人宅等への立退き避難(水平避
    難)が基本になりますが、食糧・飲料水等の備蓄があり、自宅で安全が確保
    できるときは(洪水による家屋の倒壊や流出等のおそれがなく、かつ最上階
    が浸水しない場合)、自宅に留まることも有効な避難行動の一つになりま
    す。
    こうした場合でも、河川が決壊し、洪水が発生すると、長時間の停電や浸水
    が継続する可能性がありますので、少しでも不安を感じる方は、浸水の影響
    のない安全が確保できる場所への早期避難を推奨します。

                            質問一覧に戻る


Q22. マップに示される指定緊急避難場所以外で安全に避難できるところはありますか

  A22.市が指定する避難所や緊急避難場所のほかに、市民が自動車を使用し、早期
     に自主避難できるよう、浸水の影響がない市有施設の駐車場(自主避難用
     駐車場:Q23参照)を開放します。
    このほか、浸水の影響がない安全な場所にある知人・友人宅などへの避難も
    選択肢の一つとして、平時から洪水ハザードマップを活用し、避難先の位置
      や避難経路を確認し、いざという時に安全に避難ができるよう備えまし
      ょう。
                            質問一覧に戻る


Q23. 自動車で避難するときはどこへ行けばよいですか

  A23.自動車で避難される場合は、早い段階で避難を開始し、浸水が想定されてい
    ない地区にある知人・友人宅などの安全な場所へ避難しましょう。
    また、市では、市民が自動車を使用し、早期に自主避難できるよう、浸水の
    影響がない市有施設の駐車場(自主避難用駐車場)を開放します。避難する
    際には、市ホームページなどにて、開設状況を事前に確認してください。

     自主避難用駐車場:富山市民球場駐車場、
                          富山市民芸術創造センター駐車場、
              大沢野総合運動公園駐車場

                            質問一覧に戻る


【その他関係】

Q24. 要配慮者利用施設とは何ですか

  A24.災害時に迅速かつ円滑な避難を確保する必要がある、主として高齢者、障害
    者、乳幼児その他の特に防災上の配慮を要する方が利用される施設のことを
    言います。
    洪水ハザードマップのページでは、洪水浸水想定区域内にある要配慮者利用
    施設一覧を掲載しています。

                            質問一覧に戻る














  

                                 



Adobe Readerのダウンロード

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
「Get ADOBE READER」ボタンをクリックしてください。


印刷用にコンテンツを抽出

ページの先頭へ

前のページへ戻る

富山市役所

〒930-8510 富山県富山市新桜町7番38号

電話番号(076)431-6111(代)

【窓口受付時間】午前8時30分から午後5時15分(月曜日から金曜日)

立山あおぐ特等席。富山市