本文へジャンプ
富山市
 

法人番号:9000020162019

文字の大きさ
拡大元に戻す縮小
現在位置:HOMEの中のまちづくり・市政の中の政策の中の都市計画の中の富山駅周辺地区整備課からのご案内から富山駅路面電車南北接続開業記念事業について

富山駅路面電車南北接続開業記念事業について

お問い合わせ先
富山駅周辺地区整備課
電話番号  076-443-2016
toyamaeki@city.toyama.lg.jp
組織別業務案内
ご意見をお聞かせください
このページは役に立ちましたか?



 

富山駅周辺整備事業

富山駅周辺地区土地区画整理事業

北陸新幹線建設事業

富山駅付近連続立体交差事業

協議会・審議会

関連街路整備事業

工事進捗状況
将来イメージ動画

自由通路・駅前広場の
利用について

 
 富山市は、明治41年に富山駅が現在地で開業して以来、鉄路によって市街地が駅の南北に長年に渡り分断
されてきました。明治期から昭和初期に行われた神通川の馳越線工事と廃川地の埋立てによる都市の近代化、
そして戦後の戦災復興事業という二つの大きな歴史に加え、この路面電車南北接続事業の完成により「富山市
民100年の夢」である南北市街地の一体化が実現しました。
    

【富山駅路面電車南北接続開通式・南北自由通路完成式、発車式】
 3月21日の南北接続の開業に先立ち、20日に富山駅南北自由通路で開通式・完成式、発車式が行われました。森市長や来賓が記念乗車したポートラム・セントラムが、開業を待ちわびて詰めかけた多くの人に見送られながら、環状線を一周しました。

   



       

【富山駅路面電車南北接続開業記念式典】
 3月21日には、南北接続開業記念式典が行われました。森市長は「あたたかいご理解とご協力を受け、開業の日を迎えられたことは、喜びに堪えません。南北市街地が一体化したことで、富山市民100年の夢が実現したと言えるでしょう。」と述べ、喜びを表しました。

【富山駅南北自由通路】
 南北接続の開業に伴い、路面電車の軌道沿線では多くのイベントが行われました。「とやまのHANA/SHI」では、夢や希望でつながるメッセージツリーやたくさんの花が、富山駅南北自由通路を彩りました。市のまちづくりの歩みを紹介するパネル展示も行われ、訪れた皆さんは足を止め、富山市民にとっての長年の夢が実現したことを実感していました。

【岩瀬エリア】
 岩瀬エリアで行われた「バッカスとやま2020 岩瀬サテライト」では、地元の飲食店や酒店による限定メニューが提供されたほか、酒蔵の見学ツアーも開催されました。参加者はまち歩きを楽しみながら、岩瀬ならではの美味しい料理や地酒に舌鼓を打ちました。

【南富山エリア】
 南富山駅では、富山地方鉄道の車両基地見学会が開かれました。約150人が参加し、基地内に格納された車両の普段見ることのできない姿を興味深く観察しました。

【五福エリア】
 富山大学五福キャンパス黒田講堂では、「Move U フォーラム」が開催されました。ゆる鉄写真家の中井精也さんを招き、基調講演やパネルディスカッションなどを通して、路面電車に乗って「まちを使いこなす」ことについて考えました。

【特別電車】
 環状線では、車内で弦楽コンサートが楽しめる特別電車「環状線のアリア」が運行されました。バイオリンやチェロの美しい音色に包まれた電車が、祝祭ムードのまちなかをゆったりと巡りました。

【城址公園エリア】
 城址公園で行われた「TOYAMA OUTDOOR PARTY」では、家族連れを中心に多くの方が訪れ、自然とふれあいアウトドアの魅力を体験しました。

【城址公園エリア】
 南北接続イベントの締めくくりとして、城址公園では「Celebration Night」が行われました。日本トランペット協会理事長の杉木峯夫さんと、公募で集まった皆さんによる、100本のトランペットを用いた贅沢な演奏が行われ、美しい音色が公園内に響き渡りました。また、集まった参加者により約800個のスカイランタンが夜空に打ち上げられ、演奏や花火とともに、祝祭のフィナーレを華やかに彩りました。


【記念式典で公開された記念映像】
 ⇒富山駅路面電車南北接続開業記念映像



【富山まちの祝祭 Come to GALA】

 日時:3月1日(日)13:30~16:00
 場所:富山国際会議場
 南北接続を目前に、トークや音楽の祝祭イベント「富山まちの祝祭 Come to GALA」が開催されました。オープニングは、杉木峯夫日本トランペット協会理事長ら5人の県出身者による金管五重奏で華やかに開幕しました。


【市民公開講座】

【つながる便利なくらし-公共交通のまち-富山市】
 日時:12月15日(日)14:00~16:00
 会場:富山市ガラス美術館2階ロビー
 富山駅の南北を走る路面電車の接続を前に、公共交通をテーマとした市民公開講座が開かれました。「路面電車が走る風景」と題したトークセッションでは、まちづくりなどに詳しい宮口侗廸早稲田大名誉教授とテレビ番組「ぶらり途中下車の旅」の総合演出を手掛ける佐藤一さんが登壇しました。

【富山駅】
 南北へ向かう路面電車が富山駅で接続したことにより、周辺住民や公共交通利用者だけでなく、市民全体のライフスタイルに変化が生まれることが期待されています。市のまちづくりは次の新たなステージに向かい、魅力的で活力ある都市を目指して引き続き取り組んでいきます。











 「公開市長室へようこそ」と題したトークイベントでは、ステージを市長室に見立て、森市長と映画監督の本木克英さんや女優の村井美樹さん、京都大大学院の藤井聡教授(公共政策)が参加し、南北接続の意義や公共交通の在り方などを話し合いました。また、富山市の北に位置する和合中学校と南に位置する堀川中学校の吹奏楽部によるコンサートも行われ、南北接続を祝いました。



【ひろがる健康なくらし-くすりと薬膳のまち-富山市】
 日時:1月12日(日)14:00~16:00
 会場:富山市ガラス美術館2階ロビー
 富山のくすりや薬膳をテーマとした市民公開講座が開かれ医薬品産業の未来や健康などについて理解を深めました。トークセッションでは、「美と健康に 薬膳のちから」と題し、医師で健康ソムリエの石原新菜さんと小松かつ子富山大和漢医薬学総合研究所長が登壇、薬膳の健康や美容への効果を解説しました。パネルディスカッションでは、塩井保彦廣貫堂社長、前田大介前田薬品工業社長、石原新菜さんが登壇し「薬都とやま 新時代へ」と題し意見を交わしました。


印刷用にコンテンツを抽出

ページの先頭へ

前のページへ戻る

富山市役所

〒930-8510 富山県富山市新桜町7番38号

電話番号(076)431-6111(代)

【窓口受付時間】午前8時30分から午後5時15分(月曜日から金曜日)

立山あおぐ特等席。富山市