本文へジャンプ
ここから本文

生徒指導について

質問

2019年8月受付
炎天下の猛暑日は外の体育や部活は厳禁です。具合が悪い生徒いたら担任の先生が保健の先生に報告して保健所や教育委員会に連絡です。涼しい場所で水分補給させて休ませるべきです。何処でも無理な体力は使わずに涼しい場所で水分補給させて休ませるべきです。

回答

ご意見ありがとうございました。
富山市教育委員会では、市内幼稚園・認定こども園、小・中学校に「園児児童生徒の熱中症の予防及び対応について」通知し、各校(園)において事故防止に万全を期すよう、次の内容について指導しております。
① 朝の健康観察はもとより、授業中や給食時間の様子などをよく観察し、園児児童生徒の体調を十分に把握する。体調がよくない時は、無理をさせない。
② 具合が悪くなった場合は、早めに運動や活動を中止する。
③ 黒球式熱中症指数計等を用いてWBGT(熱中症指数)を測定するなどして、活動時間の短縮や活動の中止等、適切に対応をする。
④ 環境省のフローチャート「熱中症の対処方法(応急処置)」や日本スポーツ振興センター「熱中症対応フロー」を参考にし、適切に対処する。
⑤ 万一の事態に対応できるよう、氷や経口補水液、スポーツ飲料水等の準備を整えておく。
富山市教育委員会では、これからも熱中症の予防及び対応について、引き続き万全を期すよう努めてまいります。

お問い合わせ先

学校教育課
富山市新桜町7-38
電話番号: 076-443-2134
gakkoukyoiku-01@city.toyama.lg.jp