本文へジャンプ
富山市
 

法人番号:9000020162019

文字の大きさ
拡大元に戻す縮小
現在位置:HOMEの中の市へのご意見・ご要望(市民の声)の中の福祉・保健の中の市民病院から市民病院の職員対応について

市民病院の職員対応について

本ページでは、市民の皆さまからお寄せいただいた「ご意見・ご要望」につきまして、質問・回答の形式で掲載させていただいております。
項目のタイトルが質問・回答となっておりますが、ご了承ください。

質問

高齢の父が市民病院で治療を受け、1週間ほど入院しました。その退院時、ベッドから車椅子への移乗において「お父さんが体を動かされたので、額をぶつけられまして…」という説明があり、父の額には絆創膏が貼られていました。介護5で、自らの意志では動けない父なので、おそらく不慣れな介助によるものだったのだろうと想像しています。ちょっとした不注意でも、一歩間違えれば骨折等につながると思うのですが、謝罪の言葉もあまりなく、違和感を覚えました。また、コロナになられた看護師さんの濃厚接触者になったのですが、それに関する説明も、こちらが尋ねないと教えてもらえませんでした。陽性の看護師さんが、どのような看護で父に接触したのか、回数や時間、内容等の知りたいことに関して、担当医は「私は把握してないので…」と言われ、その場を離れる始末でした。看護師さん達のお話も曖昧で(コロナは仕方ないにしても)きちんとした説明ができないことに驚きました。職員の方の身支度に関しては、ある程度自由で良いとは思うのですが、不手際を詫びる時だけでも、シュシュを取る…という気遣いがあっても良かったのではないかと思います。10年以上前、私が肺炎で入院した時、レントゲン技師さんが「今、レントゲン取りたくない気分なんだよね」と言い放ち、大変驚いたこともあったのですが、そういう体質が改善されていないのかなと改めて思っています。

回答

〇〇様から、市へのご意見・ご要望をいただきましたことにつきまして、回答させていただきます。
まず、〇〇様のお父様が市民病院に入院中、前頭部を負傷されるに至りました事案につきましては、お父様並びにご家族様にご心配をおかけすることとなり、誠に遺憾の意を表する次第であります。
また、当院職員が新型コロナウイルス感染症に感染した際に、ご家族様へご期待に沿う十分な説明がなかったことにつきましても、そのことにより、大変なご心労をおかけすることとなり、心からお詫び申し上げます。
患者様へ病状等を説明する際には、何よりも患者様やそのご家族様の気持ちに寄り添いながら、必要な情報を適宜、的確にお伝えすることが重要であると考えております。
さらに、当然のことではありますが、患者様やご家族様と接する際には、不快な思いにさせることや信頼を損ねるようなことはあってはならず、その言動はもとより、身だしなみや立ち居振る舞いも含め、常に細心の注意を払って責任ある行動に努めなければならないと考えております。
この度のご指摘を受け、職員には研修などの機会を通じ、指導、注意喚起するとともに、今後の病院運営にしっかりと活かしてまいりたいと考えておりますので、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
〇〇様のお父様におかれましては、安静に療養に専念され病状がご回復されますことを心よりご祈念申し上げます。

お問い合わせ先

病院事業局経営管理課
富山市今泉北部町2-1
電話番号: 076-422-1112
byoin-01@city.toyama.lg.jp
印刷用にコンテンツを抽出

ページの先頭へ

前のページへ戻る

富山市役所

〒930-8510 富山県富山市新桜町7番38号

電話番号(076)431-6111(代)

【窓口受付時間】午前8時30分から午後5時15分(月曜日から金曜日)

立山あおぐ特等席。富山市