本文へジャンプ
富山市
 

法人番号:9000020162019

文字の大きさ
拡大元に戻す縮小
現在位置:HOMEの中の市民の皆さまの中の健康管理・病気治療の中の富山市保健所の中の予防接種の中の乳幼児期~学齢期の予防接種

乳幼児~学齢期の予防接種 

 お母さんからもらった病気に対する抵抗力(免疫)が、生後3か月ぐらいから徐々に失われていくため、免疫を高めるために予防接種が重要になります。それぞれの予防接種には、接種期間がありますので、計画的に接種を受けましょう。
厚生労働省ホームページ「遅らせないで子どもの予防接種と乳幼児健診」
厚生労働省リーフレット「遅らせないで子どもの予防接種と乳幼児健診」 (849kbyte)pdf

 市では、予防接種法に基づき、次の定期予防接種を実施しています。対象となる方には、個別に通知します(日本脳炎の特例対象者(平成13年4月2日から平成19年4月1日生まれの方)、ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)を除く)。また、転入された方でまだ受けていない定期予防接種がある場合は、富山市保健所、または最寄りの保健福祉センターへ母子健康手帳をご持参の上、お越しください。なお、ご不明な点は、保健所保健予防課までお問い合わせください。

1. 予防接種のスケジュール 

 定期の予防接種のスケジュールについては、下記もしくは『富山市の定期の予防接種のスケジュール』(747kbyte)pdf  をご覧ください。


【定期予防接種一覧】
ワクチン種類 接種回数 対象者 接種間隔(リンク)※1 接種券送付時期
Hib(ヒブ)感染症初回1から3回 生後2か月以上
5歳未満
接種開始時期により接種回数が異なります
⇒(詳細リンクを参照)
初回:生後2か月
追加:1歳
追加1回
小児の肺炎球菌感染症 初回1から3回 生後2か月以上
5歳未満
接種開始時期により接種回数が異なります
⇒(詳細リンクを参照)
初回:生後2か月
追加:1歳
追加1回
ジフテリア・百日せき・破傷風・急性灰白髄炎
(四種混合/DPT-IPV、三種混合/DPT)
     ※2
初回3回生後3か月以上
7歳6か月未満
初回:20日以上の間隔をおいて3回
追加:初回(3回)終了後、6か月以上あけて1回
初回:生後2か月
追加:1歳4か月
追加1回
ジフテリア・破傷風(二種混合/DT)1回 11歳
結核(BCG) 1回1歳未満生後2か月
麻しん風しん
(MR)
1期1回1歳以上
2歳未満
第1期:1歳
第2期:4月上旬
2期1回幼稚園等の年長児(接種期限は3月31日まで)
日本脳炎※3 ※41期初回2回生後6か月以上
7歳6か月未満
初回:6日以上の間隔をおいて2回
追加:初回2回目接種後6か月以上あけて
1回
初回:3歳
追加:4歳★
1期追加1回
2期1回9歳以上
13歳未満


9歳★
ヒトパピローマウイルス感染症
(子宮頸がん)
5
3回小学6年生から高校1年生の女子
(接種期限は高校1年生の3月
31日まで)
ワクチンの種類により接種間隔が異なります
⇒(詳細リンクを参照)
順次、送付予定。
個別通知の前に、接種を希望される方はご連絡ください。5
 水痘
(みずぼうそう)
2回1歳以上
3歳未満
1回目接種後3か月以上あけて2回目を接種1歳
 

B型肝炎

3回1歳未満
 
27日以上の間隔をあけて2回接種後、1回目の接種から139日(20週)以上の間隔をおいて3回目を接種生後2か月
ロタウイルス
感染症

(1価)
①ロタリックス:2回

(5価)
②ロタテック:3回
①出生6週0日後から24週0日後まで
②出生6週0日後から32週0日後まで
①27日以上の間隔をおいて2回接種
②27日以上の間隔をおいて3回接種
生後2か月
(R2.8.1生から対象)

※1 注射生ワクチン(BCG、麻しん・風しん、水痘等)の接種を受けた場合は、別の注射生ワクチン予防接種との間隔を、接種を受けた日の翌日から27日以上(4週後の同じ曜日以降)あけましょう。また、同一の予防接種を複数回受ける場合は、定められた接種間隔を守りましょう。
※2 平成24年11月からジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオ(DPT-IPV)の四種混合ワクチンによる接種が開始されました。
※3 平成17年度の積極的な接種勧奨の差し控えにより、日本脳炎の予防接種を受ける機会を逃がしたお子さん(平成13年4月2日から平成19年4月1日生)は、特例措置として、20歳の誕生日の前日まで未接種分の接種を受けることができます。接種を希望される方は、保健所保健予防課(428-1152)へお問い合わせください。
※4 H20.4.2からH21.10.1生まれのお子さんは、第1期の接種が可能な生後6か月から3歳未満の間に積極的な接種勧奨差し控え期間があったことから、救済のため、第2期の対象期限である13歳未満(13歳の誕生日の前日)までに第1期(3回)の不足回数分(任意で接種を受けたものは不足回数分に含みません)を定期予防接種として接種を受けることができます。第1期の不足回数分の接種を希望される方は、保健所保健予防課(428-1152)へお問い合わせください。
★令和3年度はワクチンの供給量不足が見込まれるため、第1期追加と第2期の個別通知は行いませんが、令和4年春以降に令和3・4年度の第1期追加、第2期の対象者に個別通知を行います。
※5 令和3年11月26日付けの国の通知により、積極的な接種勧奨を再開します。今後、順次個別通知を行いますが、個別通知の前に、接種を希望される方は郵送または窓口で発行しておりますので、保健所保健予防課(428-1152)へお問い合わせください。


2. 予防接種を受けるときは

・定期の予防接種には、保護者の同意と同伴が必要です。
・予防接種を受ける時は、保護者(父母又は親権者)が同伴し、母子健康手帳、接種券、予診票を忘れずに持参しましょう。
・保護者以外の方が同伴する場合は委任状が必要です。(予診票の裏面に記入欄あり)
・日本脳炎・ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防)で13歳以上(13歳の誕生日の前日以降)の方は、保護者の同意書(予診票に記入欄あり)の記載により、保護者の同伴がなくても接種を受けることができます。
・里親の方、特別養子縁組予定の方は、接種前に保健所保健予防課(428-1152)までご連絡ください。


3. 接種券の交付について

 転入や、紛失などで接種券がなく、未接種の予防接種がある場合は、交付申請が必要です。母子健康手帳と来所者の本人確認できるもの(マイナンバーカードや運転免許証)をご持参のうえ、保健所保健予防課またはお近くの保健福祉センターで手続きをしてください。


4. 市内の個別予防接種実施医療機関について

 富山市内の個別予防接種は、次の予防接種の種類ごとに定める実施医療機関で接種を受けることができます
定期の予防接種 実施医療機関(Hib感染症、肺炎球菌感染症、四種混合、BCG、麻しん風しん、水痘、日本脳炎(特例を除く)) (158kbyte)pdf
・不活化ポリオ 実施医療機関  (138kbyte)pdf
・二種混合 実施医療機関 (153kbyte)pdf 
・ヒトパピローマウイルス感染症 実施医療機関  (137kbyte)pdf
・日本脳炎(特例対象者) 実施医療機関 (154kbyte)pdf 

 なお、医療機関で予防接種を受ける際には事前に予約が必要な場合があります。あらかじめ上記の医療機関へ電話で確認のうえ、接種を受けてください。医療機関の診療時間や所在地図などの詳細情報は、「とやま医療情報ガイド」のホームページ(外部リンク)で検索することができます。


5. 県内医療機関で予防接種を希望される方

・予防接種の広域化の実施について(富山市以外の県内市町村のかかりつけ医で接種を受けることが可能です)
 市町村が実施する小児を対象とした定期予防接種について、平成22年6月1日から居住地に関わらず県内全域の協力医療機関で接種ができるようになりました。
 詳しくは、「公益社団法人富山県医師会」のホームページ(外部リンク)をご覧ください。


6.  県外医療機関で予防接種を希望される方

 富山県外の医療機関で接種を希望される方は、滞在先の自治体(区市町村)へ下記①から③の事項をご確認いただき、①から③の回答申請書を保健所保健予防課までお送りください。
 申請受理後、1から2週間程で接種の際に必要な書類をお送りしますので、そちらをご確認の上、接種いただきますようお願いいたします。

【滞在先の自治体(区市町村)への確認事項】
 ① 滞在先に住民票がない者に対して、費用の助成制度はあるか。
 ② 希望する予防接種は、個別接種か集団接種か。
 ③ 依頼文について
   ・依頼先について(自治体の長か、医療機関の長か。)
   ・送付先について(自治体の担当課か、医療機関か。)
      自治体の担当課宛ての場合は、送付先の連絡先(住所、電話番号)の確認もお願いします。
      医療機関宛ての場合は、保護者の方へお送りしますので接種の際にお渡しください。
 
 ※ 申請書ダウンロード     PDF版 (104kbyte)pdf   Word版 (39kbyte)doc  
 ※ 請求の際に必要な様式・・・申請書受理後に保護者様宛てに送付していますが、紛失された方はこちらをご利用ください。
                 PDF版 (99kbyte)pdf   Word版 (46kbyte)doc 
 ※ 助成金額は、予防接種毎に市が定めている医療機関への委託料の金額の範囲となりますので、それを超える分については、実費となりますことをご了承ください。
 【助成申請の期限】それぞれの予防接種日で判断します。予防接種を受けた月の末日から1年以内に助成の申請を行ってください。また、年度を超える場合は4月末までに助成の申請をしてくださいますよう、お願いいたします。
 ★4月1日に接種を受けた場合、翌年の4月30日までが申請期限です。
 ★5月~翌年の3月に接種を受けた場合は、4月30日までに一旦申請をしてください。


7.  予防接種お役立ちサイト


Adobe Readerのダウンロード

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
「Get ADOBE READER」ボタンをクリックしてください。


お問い合わせ

富山市福祉保健部 保健所保健予防課 結核・感染症係
〒939-8588 富山市蜷川459番地1
電話番号 076-428-1152
ファックス番号 076-428-1150
Eメール hokenjyoyobo-01@city.toyama.lg.jp

中央保健福祉センター
〒930-0065 富山市星井町二丁目7番30号
電話番号 076-422-1172
ファックス番号 076-420-3003
Eメール cchokensenta-01@city.toyama.lg.jp
南保健福祉センター
〒939-8588 富山市蜷川459番地1
電話番号 076-428-1156
ファックス番号 076-428-1150
Eメール sshokensenta-01@city.toyama.lg.jp

北保健福祉センター
〒931-8353 富山市岩瀬文化町23番地2
電話番号 076-426-0050
ファックス番号 076-426-9210
Eメール nnhokensenta-01@city.toyama.lg.jp
大沢野保健福祉センター
〒939-2293 富山市高内333番地
電話番号 076-467-5812
ファックス番号 076-468-1645
Eメール osawano-hokensenta@city.toyama.lg.jp

大山保健福祉センター
〒930-1392 富山市上滝525番地
電話番号 076-483-1727
ファックス番号 076-483-3081
Eメール ohyama-hokensenta@city.toyama.lg.jp
八尾保健福祉センター
〒939-2376 富山市八尾町福島200番地
電話番号 076-455-2474
ファックス番号 076-455-2491
Eメール yatsuo-hokensenta@city.toyama.lg.jp

西保健福祉センター
〒939-2603 富山市婦中町羽根1105番地7
電話番号 076-469-0770
ファックス番号 076-469-0772
Eメール nishi-hokensenta@city.toyama.lg.jp

印刷用にコンテンツを抽出

ページの先頭へ

前のページへ戻る

富山市役所

〒930-8510 富山県富山市新桜町7番38号

電話番号(076)431-6111(代)

【窓口受付時間】午前8時30分から午後5時15分(月曜日から金曜日)

立山あおぐ特等席。富山市