本文へジャンプ
富山市
 

法人番号:9000020162019

文字の大きさ
拡大元に戻す縮小
現在位置:HOMEの中の市民の皆さまの中の健康管理・病気治療の中の富山市保健所の中の予防接種の中の乳幼児期~学齢期の予防接種からヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)予防接種を逃した方へ~キャッチアップ接種のご案内~

ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)予防接種を逃した方へ~キャッチアップ接種のご案内~

【ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)キャッチアップ接種の対応について】

~対象の方には、令和4年5月末に接種券、予診票を個別通知しました~


 平成25年6月より、接種の積極的勧奨を差し控えていましたが、令和3年11月に国が最新の知見を踏まえ、接種による有効性が副反応のリスクを上回るとして積極的勧奨の再開を決定しました。
 積極的勧奨の差し控えにより接種機会を逃してしまった方に対して、公平な接種機会を確保する観点から、令和4年4月から令和7年3月までの3年間、公費(無料)で接種できる機会が設けられました。

ワクチンの効果・リスクについて、ご理解いただき、接種を受けましょう。 
~↓ワクチンに関する新しい情報はリーフレットをご覧ください↓~
・子宮頸がんとHPVワクチン(厚生労働省)(外部リンク)

接種の年齢・回数・接種場所・接種間隔について

【接種対象年齢】
 ■平成9年4月2日~平成18年4月1日生まれの女性で、過去に子宮頸がんワクチンを合計3回受けていない方
 ※接種時に富山市に住民登録がある方
  
<平成18年度生まれの方と平成19年度生まれの方>
 救済措置の実施期間中に定期接種の対象から新たに外れる世代(平成18年度生まれの方と平成19年度生まれの方)についても順次救済措置の対象となります。
                令和4年度       令和5年度      令和6年度
平成18年度生まれの方    定期接種期間     救済措置(キャッチ  救済措置(キャッチ
                          アップ接種)期間   アップ接種)期間

平成19年度生まれの方    定期接種期間     定期接種期間     救済措置(キャッチ
                                      アップ接種)期間.
       
 

【回数】3回
【接種場所】市内指定医療機関    
医療機関名簿 PDF (242kbyte)pdf
【間隔】
 サーバリックス(組換え沈降2価ヒトパピローマウイルス様粒子ワクチン)
  1月以上の間隔をおいて2回接種した後、1回目の接種から6月の間隔をおいて1回
  
 ガーダシル(組替え沈降4価ヒトパピローマウイルス様粒子ワクチン)
  2月の間隔をおいて2回接種した後、1回目の接種から6月の間隔をおいて1回

★十分な予防効果を得るため、3回の接種が必要です。接種が完了するまでに6か月かかりますので、接種期間に余裕をもって接種を開始してください。

★(9価)シルガード9は定期接種のワクチンではないため、ご希望の場合は任意接種(有料)となります。



県外医療機関で予防接種を希望される方

 富山県外の医療機関で接種を希望される方は、接種前に滞在先の自治体(区市町村)へ下記<1>から<3>の事項をご確認いただき、<1>から<3>の回答と申請書を保健所保健予防課までお送りください。
 申請受理後、1から2週間程で接種の際に必要な書類をお送りしますので、そちらをご確認の上、接種いただきますようお願いいたします。

【滞在先の自治体(区市町村)への確認事項】
<1>滞在先に住民票がない者に対して、費用の助成制度はあるか。
<2>希望する予防接種は、個別接種か集団接種か。
<3>依頼文について
  ・依頼先について(自治体の長か、医療機関の長か。)
  ・送付先について(自治体の担当課か、医療機関か。)
     自治体の担当課宛ての場合は、送付先の連絡先(住所、電話番号)の確認も   
     お願いいたします。
     医療機関宛ての場合は、保護者の方(被接種が18歳以上の場合は本人)へ  
     お送りしますので接種の際にお渡しください。

【申請に必要なもの】
1.富山市予防接種実施依頼書交付申請書
2.滞在先の自治体(区市町村)へ確認した内容(上記1~3)のメモ
3.申請者の身分証明書のコピー (例)運転免許証、健康保険証(両面)等
4.母子健康手帳等予防接種歴がわかるもののコピー

※申請書ダウンロード 
  PDF版 (104kbyte)pdf Word版 (39kbyte)doc  記入見本 (40kbyte)doc

 
※請求の際に必要な様式は申請書受理後に保護者(被接種者が18歳以上の場合は本 
人)宛てに送付していますが、紛失された方はこちらをご利用ください。
 富山市予防接種助成金交付申請書兼請求書
 PDF版 (99kbyte)pdf Word版 (46kbyte)doc  

なお、請求の際、申請時点で被接種者が18歳以上で、本人が申請できない場合は下記の委任状を提出してください。
 委任状 (14kbyte)doc   委任状記入見本 (29kbyte)doc

※助成金額は、予防接種毎に市が定めている医療機関への委託料の金額の範囲となりま 
すので、それを超える分については、実費となりますことをご了承ください。

【助成申請の期限】
それぞれの予防接種日で判断します。予防接種を受けた月の末日から1年以内に助成の申請を行ってください。
 ★4月1日に接種を受けた場合、翌年の4月30日までが申請期限です。
 


過去に自費で受けた子宮頸がん予防接種費用の償還払いについて


 予防接種の積極的勧奨の差し控えにより、定期接種の機会を逃し、定期接種の年齢を過ぎてから自費で接種を受けた方に対して接種費用を償還払いします。

【対象者】
下記のすべてに該当する方が対象です。

1.令和4年4月1日時点で富山市に住民登録がある。
2.平成9年4月2日から平成17年4月1日までに生まれた女子。
3.16歳になる年度(高校1年生担当)の年度末までに当該予防接種を定期予防接種 
  として3回接種していない。
4.接種日が17歳になる年度(高校2年生相当)以降、令和4年3月31日までの間 
 である。
5.使用したワクチンは2価ワクチン(サーバリックス)又は4価ワクチン(ガーダシ
 ル)である。

★自己負担で接種を受けたときに富山市民でがなかった方でも、令和4年4月1日時点で 
 富山市民であれば富山市が申請先になります。

【償還額】
最大3回分まで医療機関へ支払った接種費用を払い戻します。
※申請時に接種費用を証明する書類を添付できない場合は、富山市の定期接種基準単価額を払い戻します。

【申請期限】
令和7年3月31日まで

【申請手続き】
申請書①に下記の書類(②~⑤)を添えて、保健予防課に郵送または持参により申請してください。

①ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種償還払い申請書(様式第1号)
 PDF版 (165kbyte)pdf  Word版 (26kbyte)doc
 記入見本 (480kbyte)pdf
②被接種者の指名・住所・生年月日が確認できる書類の写し
(申請者と被接種者が異なる場合は双方のもの)
  ※申請時住所記載の住民票、運転免許証、健康保険証(両面)などいずれかひとつ
③振込希望先金融機関の通帳またはキャッシュカードのコピー(口座番号確認用)
④接種費用の支払いを証明する書類(領収書及び明細書、支払い証明書等)
 ※原本に限る
⑤接種記録が確認できる書類(母子健康手帳「予防接種の記録」欄の写し等)
 ※⑤がない場合は医療機関が発行する下記証明書(原本)に代えることができます。
 ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種償還払い申請用証明書(様式第2号)
 PDF版 (73kbyte)pdf  Word版 (15kbyte)doc
※申請時点で被接種者が18歳以上で、本人が申請できない場合は、下記の委任状を提出してください。
 委任状 (14kbyte)doc  委任状記入見本 (29kbyte)doc


ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に症状が生じた方に対する相談について

 ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種を受けた後に症状が生じた方からの相談をお受けします。

 〇医療、救済などに関すること
  保健所保健予防課    電話番号 076-428-1152

 〇学校生活に関すること
  教育委員会学校保健課 電話番号 076-443-2136

 HPVワクチン相談窓口(厚生労働省)(外部リンク)

  

関連リンク

・子宮頸がんとHPVワクチン(厚生労働省)(外部リンク)
・HPVワクチンQ&A(厚生労働省)(外部リンク)
  
・厚生科学審議会(予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会)(外部リンク)
 


Adobe Readerのダウンロード

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
「Get ADOBE READER」ボタンをクリックしてください。


印刷用にコンテンツを抽出

ページの先頭へ

前のページへ戻る

富山市役所

〒930-8510 富山県富山市新桜町7番38号

電話番号(076)431-6111(代)

【窓口受付時間】午前8時30分から午後5時15分(月曜日から金曜日)

立山あおぐ特等席。富山市