ロゴ:受動喫煙のない社会を!厚生労働省

なくそう!望まない受動喫煙

お問い合わせ 保健所地域健康課 電話:428-1153

 改正された健康増進法が、4月1日より全面施行されます。
 望まない受動喫煙を防止するための取り組みは、“マナー”から“ルール”へと変わります。

健康増進法改正のポイント

①「望まない受動喫煙」をなくす

屋内は原則禁煙に

 2名以上が利用する施設や事業所、飲食店などの屋内は、原則禁煙となります。ただし、喫煙室が設けられている場合は、その中でのみ喫煙が可能です。

②受動喫煙による健康への影響が大きい子どもや患者に配慮する

20歳未満は喫煙エリアへの立ち入りが禁止に

 病院や薬局、小学校、官公庁などは、原則敷地内禁煙です。また、飲食店などの従業員で、業務目的であっても、20歳未満の方は喫煙エリアへ立ち入ることはできません。

喫煙室の出入り口などに掲示する標識の例

③施設の種類や場所に合わせた対策を実施する

標識の掲示が義務に

 所定の条件を満たせば、喫煙室を設置することが可能ですが、その場合は、出入り口などに標識を掲示することが義務化されます。

ご存じですか?受動喫煙の害

受動喫煙による年間死亡者数推計値

円グラフ:受動喫煙による年間死亡者数推計値

厚生労働省検討会報告書 喫煙の健康影響に関する検討会編:喫煙と健康、2016

 受動喫煙により、脳卒中や虚血性心疾患、肺がんなど、さまざまな病気を発症するリスクが高まります。
 国内では、受動喫煙が原因で、年間約15,000人が死亡していると推計されています。

妊婦や子どもへの影響も…

妊婦…低出生体重児
子ども…乳幼児突然死症候群、呼吸器症状 など

イラスト:禁煙

禁煙にチャレンジ!

 タバコをやめたくてもやめられないのは「ニコチン依存症」になっているからです。ニコチンの離脱症状を軽減し、禁煙を助ける禁煙補助薬があります。禁煙治療ができる医療機関や薬局に、気軽に相談してください。

まちぐるみで受動喫煙防止に取り組みませんか

●禁煙運動推進意思表示バッジの配布

 禁煙している方や受動喫煙から身を守りたい方、禁煙運動を推進している方に配布しています。

禁煙運動推進意思表示バッジ

●禁煙宣言ステッカーの配布

 全館禁煙している店舗や施設に、ステッカーを配布しています。

禁煙宣言ステッカー

※詳細は、市ホームページ(「まちぐるみ禁煙支援事業」で検索)をご覧になるか、問い合わせてください。