安全で安心なまちづくりを推進しましょう

富山市防犯イメージキャラクター 風間あおい

富山市防犯
イメージキャラクター
風間あおい

富山市防犯イメージキャラクター 神通ゆい

富山市防犯
イメージキャラクター
神通ゆい

 市の犯罪認知件数は減少傾向にありますが、令和元年(1月~12月)は約2,200件発生しています。
 一人一人が防犯意識を高めることで被害を防ぐことができます。自分の安全は自分で守ることを基本に、市と市民の皆さんとで、安全で安心なまちづくりを推進しましょう。

お問い合わせ 生活安全交通課 電話:443-2052

●カギかけを徹底しましょう

 自転車の盗難や住宅への侵入窃盗の多くは無施錠による被害です。自転車・自動車から離れる際や、住宅・店舗・事務所などを留守にする際は、必ずカギをかけましょう。

●歩きスマホはやめましょう

 身に迫る危険をいち早く察知するため、歩きながらイヤホンで音楽を聴いたり、スマートフォンを操作したりすることはやめましょう。

●車上ねらいに気をつけましょう

 窃盗犯人に狙われないようにするため、車外から見えるところにバッグや上着を置かないようにしましょう。

●タイヤの盗難に注意しましょう

 タイヤの盗難被害が増えています。
 タイヤには目印などをつけ、カギのかかる場所で保管しましょう。

自主防犯団体が地域で活躍しています

写真:自主防犯団体(鵜坂地区)

自主防犯団体(鵜坂地区)

 自主防犯団体は、安全で安心なまちづくりのため、地域で自主的に防犯活動に取り組んでいます。
 子どもの登下校時や夜間に定期巡回を行ったり、戸締まりの呼びかけ、防犯灯の点灯確認を実施するなど、地域の安全確保に努めています。

防犯カメラを130台設置しました

写真:防犯カメラ

 通学路における子どもの安全確保などを目的に、防犯カメラを新たに設置しました。
 防犯カメラは全ての小学校区に設置しており、子どもへの声掛けやつきまといなどの抑止効果が期待されます。また、撮影した画像を利用して不審者などを早期に特定することで、被害の拡大防止に役立てられます。

写真:「防犯カメラ作動中」の看板

◀カメラ設置場所付近には、「防犯カメラ作動中」の看板を設置しており、犯罪抑止効果を高めています。

※防犯カメラは24時間稼働しますが、モニターによる監視は行いません。

犯罪被害者等奨学資金をご存じですか

 犯罪行為により、不慮の死を遂げた方の遺族または重症病を負った方やその家族のうち、富山県内の大学・短大・専門学校などに進学する方に対して、奨学資金の給付を行っています。
※詳細は、市ホームページ(「犯罪被害者等奨学資金」で検索)をご覧になるか、問い合わせてください。

身近な犯罪発生情報をメールで配信しています

 富山県警察が運営する「安全情報ネット」では、犯罪発生情報や身の回りの安全にかかわる情報(例:不審な声掛け事案)などをメールで配信しています。
 安全情報ネットへの登録方法は、市ホームページ(「安全情報ネット」で検索)をご覧になるか、生活安全交通課へ問い合わせてください。