国民年金のお知らせ

お問い合わせ 保険年金課 電話:443-2067
各行政サービスセンター地域福祉課
大沢野 電話:467-5811
大山 電話:483-1214
八尾 電話:455-2461
婦中 電話:465-2114

20歳になったら国民年金の加入手続きを

 国民年金は、日本に住む20歳以上60歳未満のすべての人が加入する制度です。老後の生活を保障する「老齢年金」のほか、病気や事故で障害が残ったとき、家族の働き手が亡くなったときに受け取ることができる「障害年金」や「遺族年金」があります。
 第1号被保険者、第3号被保険者に該当する方は、20歳になったら忘れずに加入手続きをしてください。

国民年金の被保険者は次の3種類です

第1号被保険者

自営業、学生、フリーターなど


イラスト:第1号被保険者 自営業、学生、フリーターなど

第2号被保険者

会社員や公務員など


イラスト:第2号被保険者 会社員や公務員など

第3号被保険者

第2号被保険者に
扶養されている配偶者
イラスト:第3号被保険者 第2号被保険者に扶養されている配偶者

手続方法

 20歳の誕生月または前月に、日本年金機構から送られてくる「国民年金被保険者関係届書」を保険年金課(市役所1階)、または、各行政サービスセンター地域福祉課に提出してください。後日、「年金手帳」、「保険料納付書」がそれぞれ送付されます。
※20歳になられた時点で厚生年金などに加入している方は、「国民年金被保険者関係届書」の提出は不要です。
※第3号被保険者の国民年金加入手続きは、配偶者の勤務先を経由して行います。配偶者の勤務先に必ず連絡してください。

 保険料の納付は「口座振替」が便利です。割引制度もあり、大変お得です。希望する方は、手続きをしてください。

※経済的に納付が困難な場合、学生には保険料の納付を猶予する「学生納付特例制度」、学生以外には世帯の所得に応じた保険料の「免除・猶予制度」があります。希望する方は、手続きをしてください。

確定申告などで必要となる書類

国民年金保険料控除証明書

 国民年金保険料は、当年中に納付した全額が「社会保険料控除」の対象となります。
 確定申告などで社会保険料控除を受けるには、国民年金保険料を納付したことを証明する「社会保険料(国民年金保険料)控除証明書」の添付が必要です。なお、この控除証明書は、昨年11 月に日本年金機構から被保険者へ送付されています。
※平成30年10月2日以降に国民年金保険料の納付を開始された方には、2月上旬に送付されます。

控除証明書に関する問い合わせ

ねんきん加入者ダイヤル 電話:0570-003-004

※050から始まる電話の場合は、電話:03-6630-2525へ。

受付時間
(月)~(金)8:30~19:00、第2(土)9:00~17:00
※祝日(第2(土)を除く)は利用不可。

公的年金等の源泉徴収票

 平成30年中に老齢または退職を支給事由とする年金を受給された方には、日本年金機構から「平成30年分公的年金等の源泉徴収票」が1月末までに送付されます。
 この源泉徴収票は、平成30年中に支払われた年金額と、年金から差し引かれた所得税額や介護保険料額などをお知らせするものです。
 確定申告などで必要な書類となりますので、大切に保管してください。

公的年金等にかかる源泉徴収票に関する問い合わせ

日本年金機構富山年金事務所 電話:441-3926

※各共済組合から年金を受給された方は、各共済組合へ。

 富山年金事務所への年金相談の際は、事前予約をお願いします(受付期間:希望日の1カ月前~前日まで)。
 ※予約の際、基礎年金番号がわかるものを準備してください。

[日本年金機構ホームページ] http://www.nenkin.go.jp