溝口優司 博士 プロフィール

 
年月日 1949年9月
出身 富山県高岡市
所属 国立科学博物館
研究分野 人類学(形質人類学)
研究テーマ 頭蓋の形態形成に関する数理科学的研究,頭蓋,形態形成,模擬実験
研究業績
【著書】
「日本人の起源-形質人類学からのアプローチ」(新版「古代の日本」1.古代史総論. 角川書店、1993年)
「古人骨から血縁関係はどこまでわかるか」(新視点日本の歴史第一巻原始編. 新人物往来社、1993年)
「頭のカタチは北アジア」(原日本人. 朝日新聞社 、1993年 )
「アフリカで誕生した人類が日本人になるまで(SB新書)」、(SBクリエイティブ、2011年)ほか多数
学歴 1973年 富山大学文理学部理学科生物学専攻卒業
1976年 東京大学博士課程中退(理学系研究科、人類学)
学位 理学博士(論文) 東京大学 人類学
職歴 1976-1989年 国立科学博物館人類研究部研究官
1989-1991年 国立科学博物館人類研究部主任研究官
1991-2009年 国立科学博物館人類研究部人類第二研究室長
2009-2014年 国立科学博物館人類研究部長
2014年- 国立科学博物館名誉研究員
所属学会 日本人類学会・富山考古学会・Dental Anthropology Association