本文へジャンプ

固定資産税に関する縦覧・閲覧について

固定資産税にかかる土地・家屋の価格などが下記のとおりご覧になれます。

◎「固定資産課税台帳閲覧申請書」及び「土地・家屋価格等縦覧帳簿縦覧申請書」様式(Excel)はこちら (108kbyte)xls 
◎「固定資産課税台帳閲覧申請書」及び「土地・家屋価格等縦覧帳簿縦覧申請書」様式(PDF)はこちら (64kbyte)pdf
◎代理人の「委任状」様式はこちら

1. 土地・家屋価格等縦覧帳簿の縦覧


制度自己の資産に関する平成29年度の固定資産税の評価額を他の資産と比較できます。
縦覧できる方・納税者、またはその代理人、納税管理人
※土地のみ所有の納税者は土地の縦覧帳簿に限り縦覧でき、家屋のみ所有の納税者は家屋の縦覧帳簿に限り縦覧できます。
期間4月3日(月曜日)から5月1日(月曜日)まで  ※土曜日・日曜日・祝日を除く。
時間/会場8時30分から17時15分まで
資産税課(市役所2階)、税務事務所税務課(婦中行政サービスセンター2階)
※平成28年度からは資産税課及び税務事務所税務課のみでの対応となっておりますのでご注意ください。

2. 固定資産課税台帳(名寄帳)の閲覧


制度自己の資産に関する平成29年度の固定資産税の評価額・課税内容を確認できます。
閲覧できる方・納税義務者、またはその代理人、納税管理人
・借地、借家人[土地・家屋について借地権その他の使用または収益を目的とする権利(対価が支払われているものに限る)を有する方]
期間4月3日(月曜日)以降、随時閲覧できます。
※土曜日・日曜日・祝日・休日・年末年始を除く。
なお、5月1日(月曜日)までは、縦覧会場において、当該年度の名寄帳の写しを無料で交付します。
時間/会場8時30分から17時15分まで
資産税課(市役所2階)、税務事務所税務課(婦中行政サービスセンター2階)

※縦覧・閲覧の際は、窓口へ来られた方の本人確認ができる身分証明書のほか、次のものが必要です。

代理人
→委任状または委任者の印鑑
借地・借家人
→借りている土地・家屋の賃貸借契約書
法人の場合
→委任状または法人代表者登録印
相続人
→戸籍謄・抄本など相続人と確認できるもの

<身分証明書について>
・官公署発行の顔写真付き身分証明書(運転免許証・個人番号カード、住民基本台帳カードなど)
・健康保険証や納税通知書などは、2点提示での確認となります。



固定資産税の評価替え


土地と家屋については、適正な時価による課税を行うために、国で定める「固定資産評価基準」に基づいて、基準年度(3年ごと)にその価格の見直しを行っています。これを「評価替え」といいます。次回の評価替えは平成30年になります。