本文へジャンプ
富山市
 

法人番号:9000020162019

文字の大きさ
拡大元に戻す縮小
現在位置:HOMEの中の市民の皆さまの中の税金の中の個人市民税から税額の計算方法及び均等割と所得割の税率

税額の計算方法及び均等割と所得割の税率

お問い合わせ先
市民税課
電話番号  076-443-2031
siminzei-01@city.toyama.lg.jp
組織別業務案内
ご意見をお聞かせください
このページは役に立ちましたか?



 

1. 税額の計算方法

個人住民税の税額は、均等割額と所得割額の合計額(年税額)です。

(1) 収入金額 - 必要経費等 = 所得金額

(2) 所得金額 - 所得控除額 = 課税標準額(1,000円未満切捨て)

(3) (課税標準額 * 税率) - 調整控除額 - 税額控除額 - (配当割額控除額、株式等譲渡所得割額控除額) = 所得割額(100円未満切捨て)

(4) 所得割額 + 均等割額 = 個人住民税額

※土地や建物などの資産及び株式等の有価証券の譲渡所得、退職所得、山林所得等については、他の所得と分離して、それぞれの計算方法により税額が算出されます。

2. 均等割

(1)均等割とは

所得金額の多少にかかわらず、市民の皆さんに広く均等に負担していただくもので、次のように定められています。   
また、他市町村にお住まいで富山市内に事務所等がある人は、お住まいの市町村の他、富山市でも均等割が課税されます。

(2)均等割の税率

     区分平成25年度以前平成26年度以後
    市民税3,000円3,500円
    県民税※1,500円2,000円
     合計4,500円5,500円

※東日本大震災をふまえ、防災の財源確保のため、平成26年度から市・県民税の均等割にそれぞれ500円が加算されています。(平成35年度まで)
※県民税均等割には、「水と緑の森づくり税(500円)」が含まれています。(平成33年度まで) 

「水と緑の森づくり税」については、富山県ホームページをご覧ください。


3. 所得割

(1)所得割とは

前年中の所得の額に応じて負担していただくもので、一般に上記1.税額の計算方法(1)から(3)の算式で算出されます。

(2)所得割の税率

所得割の税率は以下のとおりです。

区分税率
市民税6%
県民税4%


4. 配当割

一定の上場株式等の配当等の所得に対しては、県民税配当割として、配当等の支払の際、他の所得と区分して20%(所得税15%、住民税5%)(平成16年1月1日から平成25年12月31日までの間は10%(所得税7%、住民税3%))の税率による分離課税が行われます。
また、この場合の徴収(特別徴収といいます。)は、上記の配当等の支払をする方が行います。
なお、上記の配当等の所得については、申告をしなくてもよいこととなっていますが、申告をした場合は、所得割で課税され、所得割額から配当割額が控除されます。(申告書が提出期限(3月15日)までに提出されている必要があります。

5. 株式等譲渡所得割

源泉徴収を選択した特定口座内の上場株式等の譲渡に係る所得に対しては、県民税株式等譲渡所得割として、他の所得と区分して20%(所得税15%、住民税5%)(平成16年1月1日から平成25年12月31日までの間は10%(所得税7%、住民税3%))の税率による分離課税が行われます。
また、この場合の徴収(特別徴収といいます。)は、上記の譲渡の対価等の支払をする方が行います。
なお、上記の譲渡に係る所得については、申告をしなくてもよいこととなっていますが、申告をした場合は、所得割で課税され、所得割額から株式等譲渡所得割額が控除されます。(申告書が提出期限(3月15日)までに提出されている必要があります。

6. 利子割

利子所得等に対しては、県民税利子割として、利子等の支払いの際、他の所得と区分して、5%の税率による分離課税を行います。
また、この場合の徴収(特別徴収といいます。)は、利子所得等の支払をする金融機関等が行います。


印刷用にコンテンツを抽出

ページの先頭へ

前のページへ戻る

富山市役所

〒930-8510 富山県富山市新桜町7番38号

電話番号(076)431-6111(代)

【窓口受付時間】午前8時30分から午後5時15分(月曜日から金曜日)

立山あおぐ特等席。富山市