本文へジャンプ
富山市
 

法人番号:9000020162019

文字の大きさ
拡大元に戻す縮小
現在位置:HOMEの中の市民の皆さまの中の税金の中の個人市民税から税額控除

税額控除

お問い合わせ先
市民税課
電話番号  076-443-2031
siminzei-01@city.toyama.lg.jp
組織別業務案内
ご意見をお聞かせください
このページは役に立ちましたか?



 

調整控除

個人住民税と所得税の人的控除額(扶養控除額や配偶者控除額など)を比べると、個人住民税の方が所得税より少なくなっています。そのため、課税所得は個人住民税の方が所得税より多くなっています。
税源移譲に伴い個人住民税・所得税の税率を改正した場合、この人的控除額の差の影響で、税源移譲前と税源移譲後で税額を比べると税源移譲後の方が税額が多くなってしまう場合があります。
このような人的控除額の差の影響による税負担の増加がないように調整するのが調整控除です。
調整控除額の算出方法は以下のとおりです。


個人住民税の合計課税所得金額が200万円以下の方


次の(1)、(2)いずれか小さい額の5%(市民税3%、県民税2%)
(1)人的控除額の差額の合計額
       人的控除額の差(所得税控除額)-(住民税控除額)

平成31年度(平成30年分)以後

控除の種類差額控除の種類差額
納税者本人の合計所得金額
900万円以下900万円超
950万円以下
950万円超
1,000万円以下
基礎控除5万円配偶者控除一般5万円4万円2万円
障害者控除普通1万円老人10万円6万円3万円
特別10万円配偶者特別
控除
38万円以上
40万円未満
5万円4万円2万円
同居特障22万円40万円以上
45万円未満
3万円2万円1万円
寡婦控除一般1万円扶養控除一般5万円
特別5万円特定18万円
寡夫控除1万円老人10万円
勤労学生控除1万円同居老親等13万円

平成30年度(平成29年分)まで

控除の種類差額控除の種類差額
基礎控除5万円配偶者控除一般5万円
障害者控除普通1万円老人10万円
特別10万円配偶者特別控除38万円超
40万円未満
5万円
同居特別22万円40万円以上45万円未満3万円
寡婦控除一般1万円扶養親族一般5万円
特別5万円特定18万円
寡夫控除1万円老人10万円
勤労学生控除1万円同居老親等13万円

(2)個人住民税の合計課税所得金額


個人住民税の合計課税所得金額が200万円超の方

〔人的控除額の差額の合計額-(個人住民税の合計課税所得金額-200万円)〕*5%(市民税3%、県民税2%)  (A)
ただし、(A)で計算された額が2,500円未満の場合は2,500円とする。 




税額控除

(1)配当控除

株式の配当所得がある場合、その金額に次の率(控除率)を乗じた金額(配当控除)が税額から差引かれます。 

課税総所得金額等1,000万円以下の部分1,000万円を超える部分
市民税県民税市民税県民税
通常の株式等の配当所得1.6%1.2%0.8%0.6%
私募証券投資信託一般外貨建等投資信託0.4%0.3%0.2%0.15%
その他の投資信託0.8%0.6%0.4%0.3%


(2)住宅借入金等特別税額控除


(3)寄附金税額控除


(4)外国税額控除

所得税で外国税額控除を受けた場合で、所得税で控除しきれない部分がある時は、1. 県民税、2. 市民税の順序で一定の限度額を所得割額から控除します。





印刷用にコンテンツを抽出

ページの先頭へ

前のページへ戻る

富山市役所

〒930-8510 富山県富山市新桜町7番38号

電話番号(076)431-6111(代)

【窓口受付時間】午前8時30分から午後5時15分(月曜日から金曜日)

立山あおぐ特等席。富山市