本文へジャンプ
English中文한글Português
サイトマップ音声読み上げ・文字拡大ご意見・ご要望
富山市
文字の大きさ
拡大元に戻す縮小
 

法人番号:9000020162019        
  
ホーム市民の皆さま事業者の皆さま観光・みどころまちづくり・市政
現在位置:HOMEの中の市民の皆さまの中の税金の中の個人市民税から個人住民税の特別徴収の完全実施について

個人住民税の特別徴収の完全実施について

お問い合わせ先
市民税課
電話番号  076-443-2031
siminzei-01@city.toyama.lg.jp
組織別業務案内
ご意見をお聞かせください
このページは役に立ちましたか?



 

富山市は、従来から、県及び県内の他市町村と連携して、給与所得者に係る個人住民税の特別徴収の推進に取り組んでいます。
平成29年度からは、県内一斉で、これまで個人住民税の特別徴収を実施していない事業者に対しても特別徴収義務者としての指定を行います。



特別徴収とは

所得税の源泉徴収と同様に、事業者(給与支払者)の方が、個人住民税の納税義務者である従業員(給与所得者)に代わって、毎月従業員に支払う給与から個人住民税(市町村民税+県民税)を引き去り(徴収)し、従業員の居住地の市町村に納入していただく制度です。
個人住民税の税額は、市町村で計算し、事業者の方に通知しますので、所得税の場合のように事業者の方が計算する必要はありません。
個人住民税の特別徴収は、地方税法及び各市町村の条例の規定により、原則として所得税の源泉徴収をする全ての事業者の方に義務付けられています。
ただし、下記の基準を満たす場合のみ特別徴収を行わないことが認められます。

普A常時二人以下の家事使用人のみに給与等の支払をする事業者
普B他の事業所で、特別徴収を行っている方
普C給与が少額で特別徴収税額の天引きができない方
普D給与の支払いが不定期な方
普E退職又は退職予定の方
※家事使用人とは、家事一般に従事する労働者で、お手伝いさんやベビーシッターなどをいい、事業専従者とは異なります。

普通徴収とする場合は、給与支払報告書(個人別明細書)の摘要欄に該当する符号(普A、普Bなど)を記入し、併せて普通徴収切替理由書を提出してください。

普通徴収切替理由書(44kbyte)pdf

個人住民税特別徴収の事務の詳細については下記のファイルをご参照ください。

個人住民税特別徴収の事務手引き(1,379kbyte)pdf


お問い合わせ

財務部 市民税課 市民税第3係 
 個人市民税特別徴収担当 
電話番号 076-443-2033 
Eメール siminzei-01@city.toyama.lg.jp 
  
税務事務所 税務課 
電話番号 076-465-3135 
印刷用にコンテンツを抽出
富山市役所 〒930-8510 富山県富山市新桜町7番38号 電話番号(076)431-6111(代)
【窓口受付時間】午前8時30分から午後5時15分(月曜日から金曜日)
前のページへ戻るページの先頭へ
プライバシーポリシーこのサイトについて窓口・受付時間地図・交通アクセスホームページに対するご感想など
立山あおぐ特等席。富山市Copyright(C) TOYAMA CITY All Rights Reserved