本文へジャンプ
English中文한글Português
サイトマップ音声読み上げ・文字拡大ご意見・ご要望
富山市
文字の大きさ
拡大元に戻す縮小
 

法人番号:9000020162019        
  
ホーム市民の皆さま事業者の皆さま観光・みどころまちづくり・市政
現在位置:HOMEの中の市民の皆さまの中の税金の中の個人市民税から退職所得に係る住民税

退職所得に係る住民税

お問い合わせ先
市民税課
電話番号  076-443-2031
siminzei-01@city.toyama.lg.jp
組織別業務案内
ご意見をお聞かせください
このページは役に立ちましたか?



 

住民税は原則として、前年中の所得に対して、その翌年に課税する「前年課税主義」の建前をとっていますが、退職所得に対する個人の住民税については、原則として退職所得の発生した年に他の所得と区分して課税されます。実際の退職金や退職手当などの退職所得の課税については、退職金等の支払者が、退職者に退職金等を支払う際に、他の所得と分離して退職所得に対する税額を計算し、支払額から所得税とともにその税額を差し引き、個人市・県民税額については、市に納税することになっております。


平成25年1月1日以後の退職所得課税について(改正)

1. 10%の税額控除の廃止

平成25年1月1日以後に支払われるべき退職所得については、算出した税額から10%を控除する措置が廃止されました。

2. 法人役員等の退職手当等について

勤続年数が5年以内の法人役員等については、退職所得の金額に2分の1を乗じる措置を廃止した上で計算します。この2分の1を乗じる措置を廃止して計算する法人役員等とは、法人税法上の役員、国会議員・地方議会議員、国家公務員・地方公務員が対象となります。



1.  退職所得に係る住民税の計算式(平成25年1月1日以降適用)

1.退職所得の金額を求める

退職所得の金額 = ( 収入金額 - 退職所得控除額 ) × 2分の1
(1,000円未満の端数切捨)
 ※退職所得控除額については、「3. 退職所得控除額の求め方」を参照してください。

2.税率を掛けて市県民税額を求める

(注)

  1. 退職所得の金額(収入金額から退職所得控除額を差し引いた後の金額に2分の1を乗じて得た額)に、千円未満の端数がある場合は、千円未満の金額を切り捨てる(退職所得の金額は、1,000円単位) 
  2. 特別徴収すべき税額(市町村民税額、道府県民税額)に、百円未満の端数がある場合は、それぞれ百円未満の端数を切り捨てる(特別徴収すべき税額は100円単位)

平成19年1月1日から平成24年12月31日以前の算出方法は、総務省ホームページをご覧ください。

2.  計算例

説例

退職年月日平成25年1月31日
勤続年数24年9ヶ月 (25年で計算)
退職金14,223,632円

1. 退職所得の金額を求める。

(14,223,632 - 11,500,000) ×  1/2(※1)= 1,361,816

          よって退職所得金額は、1,361,000円 (1,000円未満の端数切捨て)

 (※1)勤続年数が5年以内の法人役員等については、この2分の1を乗じる措置を廃止した上で計算します。

2. 税率を掛けて市県民税額を求める。

    よって特別徴収すべき市民税額は、81,600円 (100円未満の端数切捨て)
                    県民税額は、54,400円 (100円未満の端数切捨て)

 

3.  退職所得控除額の求め方

1. 勤続年数が20年以下の場合

40万円×勤続年数(80万円に満たないときは、80万円)

2. 勤続年数が20年を超える場合

800万円+70万円×(勤続年数-20年)

(注)在職中に障害者になったことが原因で退職した場合は、上記1又は2の金額に100万円を加算した金額が控除されることとなります。

ここををクリックすると 「所得税法別表第六 源泉徴収のための退職所得控除額の表」 が表示されます。


印刷用にコンテンツを抽出
富山市役所 〒930-8510 富山県富山市新桜町7番38号 電話番号(076)431-6111(代)
【窓口受付時間】午前8時30分から午後5時15分(月曜日から金曜日)
前のページへ戻るページの先頭へ
プライバシーポリシーこのサイトについて窓口・受付時間地図・交通アクセスホームページに対するご感想など
立山あおぐ特等席。富山市Copyright(C) TOYAMA CITY All Rights Reserved