本文へジャンプ
富山市
 

法人番号:9000020162019

文字の大きさ
拡大元に戻す縮小
現在位置:HOMEから平成30年度からの市税の変更についてお知らせします

平成30年度からの市税の変更についてお知らせします

お問い合わせ先
市民税課
電話番号  076-443-2031
siminzei-01@city.toyama.lg.jp
組織別業務案内
ご意見をお聞かせください
このページは役に立ちましたか?



 

【変更1】給与所得控除が見直されます(上限額の引き下げ)

適用時期現行平成30年度(平成29年分)以降
上限額が適用される給与収入額1,200万円超1,000万円超
給与所得控除の上限額230万円220万円

         詳しくは財務省ホームページをご覧ください。


【変更2】医療費控除が変更されます

1.医療費控除には「医療費控除の明細書」の添付が必要です
確定申告や市県民税申告の手続きの際、これまで必要であった「領収書」や「レシート」の添付または提示は不要になりました。
代わりに、平成30年度(平成29年分)から「医療費控除の明細書」の添付が必要となりました。
[注意点]
・申告時に領収書などの添付または提示は不要ですが、自宅で5年間保存する必要があります。
・令和2年度(平成31年分)の申告までは、従来どおり領収書などの添付または提示によることもできます。

2.セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)が創設されます
健康の維持増進や疾病予防のために一定の取り組み(※1)を行っている方がスイッチOTC医薬品(※2)を購入した場合、年間の購入費の合計が1万2千円を超えるときは、超える部分について、申告により所得控除を受けることができます。
例)勤務先で定期健康診断を受けた方が、薬局でかぜ薬など(スイッチOTC医薬品)を購入した場合
  ⇒年間の購入費が1万2千円を超えた場合、確定申告により所得控除を受けることができます。

※この特例の適用を受ける場合は従来の医療費控除の適用を受けることはできません。

対象期間平成30年度(平成29年分)から令和4年度(令和3年分)
対象者健康の維持増進や疾病予防のために一定の取り組みを行っている方
(※1)一定の取り組みとは
申告対象の1年間に行った以下のいずれかのことをいいます。
・勤務先などの定期健康診断
・予防接種(インフルエンザなど) ・がん検診
・特定健康診査(メタボ健診など) ・健康診査(人間ドックなど)
対象支出スイッチOTC医薬品の購入費
(※2)スイッチOTC医薬品とは
医療用から薬局などで購入できるよう転用された医薬品のことをいいます。
※対象医薬品は、厚生労働省ホームページで確認できます。
所得控除額スイッチOTC医薬品の購入費のうち1万2万円を超える部分の金額
所得控除の限度額8万8千円
確定申告や
市県民税申告時の
添付または提示書類
1.「セルフメディケーション税制の明細書」の添付
明細書は、国税庁ホームページからダウンロードできます。
2.一定の取り組みを行ったことを明らかにする書類の添付または提示
例)予防接種の領収書や健診などの結果通知表など



印刷用にコンテンツを抽出

ページの先頭へ

前のページへ戻る

富山市役所

〒930-8510 富山県富山市新桜町7番38号

電話番号(076)431-6111(代)

【窓口受付時間】午前8時30分から午後5時15分(月曜日から金曜日)

立山あおぐ特等席。富山市