本文へジャンプ
富山市
 

法人番号:9000020162019

文字の大きさ
拡大元に戻す縮小
現在位置:HOMEから上場株式等に係る所得の課税方式の選択について

上場株式等に係る所得の課税方式の選択について

お問い合わせ先
市民税課
電話番号  076-443-2031
siminzei-01@city.toyama.lg.jp
組織別業務案内
ご意見をお聞かせください
このページは役に立ちましたか?



 

申告方法の選択について

 上場株式等の配当所得等及び譲渡所得等(源泉徴収を選択した特定口座分)については、所得税及び個人住民税(市民税・県民税)が源泉徴収(特別徴収)されていますので、確定申告をする必要はありません。(申告不要制度)
 ただし、各種所得控除等の適用や譲渡損失の損益通算及び繰越控除等を行うために、総合課税または申告分離課税を選択して申告することもできます。
 また、所得税と個人住民税とで異なる課税方式(申告不要、分離課税、総合課税)を選択し、申告することが可能です。

※あくまで申告者の自己責任のもと、課税方式(申告不要、分離課税、総合課税)を選択してください。


上場株式等に係る配当所得等・譲渡所得等の所得税と異なる課税方式の選択について

 平成29年度税制改正で、上場株式等の配当所得等及び譲渡所得等(源泉徴収を選択した特定口座分)については、所得税と個人住民税で異なる課税方式(申告不要、分離課税、総合課税)により課税することができると明確化され、申告時に課税方式を選択することが可能となりました。(例:所得税は総合課税で申告。個人住民税は申告不要制度を選択。)
 個人住民税について、所得税と異なる課税方式を選択する場合は、市民税・県民税納税通知書が送達されるまでに、確定申告書とは別に市民税・県民税申告書を提出する必要があります。(既に市民税・県民税納税通知書が送達されている場合には、当該年度に係る年度分の個人住民税について、遡及して課税方式の変更を求めることはできません。)
 なお、所得税の確定申告後、個人住民税の申告により課税方式の選択をしない場合は、所得税の確定申告における課税方式が適用されます。


申告した場合の影響について

 申告不要である上場株式等の配当所得等及び譲渡所得等(源泉徴収を選択した特定口座分)を申告した場合、扶養控除や配偶者控除の適用、非課税判定や国民健康保険料、後期高齢者医療制度(窓口負担割合を含む)、介護保険の保険料の算定、保育料の算定、その他の行政サービス等の基準となる合計所得金額や総所得金額等に加算されますので、ご注意ください。


上場株式等に係る配当所得等の課税方式比較

 申告する
(総合課税)
申告する
(分離課税)
申告しない
(申告不要制度適用)
税率市民税 6%
県民税 4%
市民税 3%
県民税 2%
市民税 3%
県民税 2%
配当控除の適用ありなしなし
配当割額控除ありありなし
上場株式等の譲渡損失との
損益通算
できないできるできない
合計所得金額・総所得金額等への
算入(※)
されるされるされない


上場株式等に係る譲渡所得等の課税方式比較

 申告する
(分離課税)
申告しない
(申告不要制度適用)
税率市民税 3%
県民税 2%
市民税 3%
県民税 2%
株式等譲渡所得割額控除ありなし
上場株式等に係る配当所得等
(申告分離課税)との損益通算
できるできない
一般株式等に係る譲渡所得との
損益通算
できないできない
合計所得金額・総所得金額等への
算入(※)
されるされない

※合計所得金額…上場株式等に係る譲渡損失との損益通算適用後の金額及び繰越控除適用前の金額
※総所得金額等…上場株式等に係る譲渡損失との損益通算適用後の金額及び繰越控除適用後の金額




印刷用にコンテンツを抽出

ページの先頭へ

前のページへ戻る

富山市役所

〒930-8510 富山県富山市新桜町7番38号

電話番号(076)431-6111(代)

【窓口受付時間】午前8時30分から午後5時15分(月曜日から金曜日)

立山あおぐ特等席。富山市