本文へジャンプ


  地方における公共交通を取り巻く状況は大変厳しく、地方都市の輸送密度では、交通事業者が建設から維持・管理・運営に係る費用を運賃収入のみで賄い、安定した運行を行うことは、困難な状況になります。

 一方で、公共交通の存在は、通勤、通学、買い物などの生活の足の確保はもちろん、高齢者の外出機会の創出や温室効果ガス排出の削減など、今後のまちづくりに必要な「まちの装置」として大変重要になっています。

 富山市では、公共交通の活性化を、コンパクトなまちづくりを実現する最も重要な手段として、本市の各計画に位置付けており、まちづくりの観点から必要なものについて行政が積極的に関与し、交通事業者等との協働により活性化を図っています。

 本ページでは、日本初の本格的LRTである「富山ライトレール」をはじめとした富山市の公共交通の活性化施策についてご紹介します。


交通企画

LRT

>交通企画に関する事項>セントラム
>とやまレールライフ・プロジェクト>ポートラム
>おでかけのりものマップ (5,396kbyte)pdf>路面電車南北接続事業


鉄道

バス交通

>JR高山本線活性化事業>コミュニティバス
>地鉄不二越・上滝線活性化支援事業>地域自主運行バス
>乗合タクシー




各交通の時刻表や運行情報はこちら

富山ライトレールの運行情報はこちら>
富山地方鉄道、路線バス、市内電車の運行情報はこちら>
あいの風とやま鉄道の運行情報はこちら>
JR高山本線の運行情報はこちら>
市内の経路探索にはこちらをご利用ください>