本文へジャンプ

NEW!! デザインスクールの様子

午前の部(グループワーク)
グループワークの様子 グループワークの様子

午後の部(プレゼンテーション、講評)午後の部(プレゼンテーション、講評)
プレゼンの様子 グループワークの様子

講評の様子 講評の様子


目的

対話型の実践的な講座「デザインスクール」を実施し、デザインを深く理解することによる技術力の
向上や、専門分野を越えた交流などにより若手デザイナーの育成を図ります。

デザインスクールチラシはこちら (4,709kbyte)pdf

日時

平成29年10月1日(日)午前10時~午後3時(昼休憩1時間)


会場

富山市民プラザ(富山市大手町6番14号)3階 AVスタジオ


対象

広告制作、製品開発等に関わり始めて概ね5年以内の方、デザイナー志望者、学生等


講座内容


講座はグループワーク(任意に割り振られた6名を1グループとした、7グループ)で行います。

1 デザインスクール全体説明
2 コンセプトづくり
  「気づくこと(観察・調査)」と、「考えること(アイデア・発想)」で基本概念をつくる)
3 休憩(60分)
4 発表
  Ⅰ.コンセプト設定までの経過
  Ⅱ.コンセプトの説明
  Ⅲ.具体的なアウトプットの方法
5 講評


講師


大野 時男 氏  (株式会社プッシュピン/アートディレクター)
山口 久美子 氏(アイアンオー株式会社/グラフィックデザイナー)
越川 広貴 氏(株式会社バランス/アートディレクター)
畝野 裕司 氏(金沢美術工芸大学 デザイン科 教授/JPDA 理事)
川淵 満 氏(富山スガキ株式会社 企画デザイン課長 デザインプロデューサー/JPDA 法人会員)


テーマ

「富山市の水で市民を幸せにする ~富山市の水を知ってもらう~」


参考


とやまの水PRポスター(©富山市上下水道局) とやまの水PRポスター(©富山市上下水道局) 「とやまの水」ペットボトル(©富山市上下水道局)


富山の水道水のセールスポイント
①源流が真夏でも冷たい北アルプスの雪解け水
②立山山麓のブナなど自然林が緑のダムとなり清浄で豊富な水が蓄えられる
③急峻な地形を流れる水は程良いミネラル分を含む
→富山市上下水道局(http://www.city.toyama.toyama.jp/jogesuidokyoku/jogesuidokyoku.html
→富山市の水はなぜおいしいのか(http://www.city.toyama.toyama.jp/jogesuidokyoku/keieikikakuka/toyamashinosuidosui.html

とやまの名水
富山県が選定している「とやまの名水」66件のうち、13件が市内から選定されています。
→とやま名水ナビ(http://www.pref.toyama.jp/sections/1706/mizuhozen/index.html


受講料

無料



申込期間

加申し込みは9月18日(月)に締め切りました。
たくさんのお申込み誠にありがとうございました。





事務局

富山デザインフェア実行委員会事務局
〒930-8510 富山市新桜町7番38号
富山市役所 商工労働部薬業物産課内
電話番号 076-443-2071
ファックス番号 076-443-2183
メールアドレス toyama.pdc@city.toyama.toyama.jp