本文へジャンプ
ここから本文

認知届

任意認知

届出期限届出のときから効力があります
届出人認知者
届出場所被認知者もしくは認知者の本籍地、または届出人の住所地、所在地の市区町村役場
届出に必要なもの届書所定の届書 1通
成年の子を認知する場合は、被認知者の承諾が必要です(署名、押印)
添付書類本籍地以外で届出る場合は、その方の戸籍全部事項証明(戸籍謄本) 1通
届出人の印鑑 
本人確認できるもの運転免許証、パスポート等 ※

裁判認知

届出期限裁判確定の日から10日以内
届出人裁判の提起者
届出場所被認知者もしくは認知者の本籍地、または届出人の住所地、所在地の市区町村役場
届出に必要なもの届書所定の届書 1通
添付書類

本籍地以外で届出る場合は、その方の戸籍全部事項証明(戸籍謄本) 1通
・審判認知のときは、審判の謄本と確定証明書 各1通
・判決認知のときは、判決の謄本と確定証明書 各1通
届出人の印鑑 

胎児認知

届出期限届出のときから効力があります
届出人認知者
届出場所母の本籍地
届出に必要なもの届書所定の届書1通
母の承諾が必要です(署名、押印)
添付書類本籍地以外で届出る場合は、その方の戸籍全部事項証明(戸籍謄本)1通
届出人の印鑑 
本人確認できるもの運転免許証、パスポート等 ※

※ これらをお持ちでない方も届出できますが、窓口にて口頭での質問をさせていただく場合があります。また、後日届出人の方へ届出があったことを通知することがあります。                           

関連する手続き

子の戸籍の異動

認知届をしても、子の親権は認知者に変更されるわけではありません。また、当然に認知者の戸籍に入るわけではありません。父母の一方の戸籍に入っている子が他方の戸籍に入るためには、家庭裁判所で「子の氏の変更」の許可を得て、別途「入籍届」をする必要があります。

関連リンク (別ウインドウが開きます)

裁判所(外部リンク)

よくある質問と回答集(FAQ)

証明TOPへ

戸籍TOPへ