本文へジャンプ
富山市
 

法人番号:9000020162019

文字の大きさ
拡大元に戻す縮小
現在位置:HOMEの中の電子申請・申請書ダウンロードの中の住まいと暮らしの中の交通・道路から高齢者運転免許自主返納支援事業に申請したいとき

高齢者運転免許自主返納支援事業に申請したいとき

お問い合わせ先
生活安全交通課
電話番号  076-443-2052
seikatsuanzen-01@city.toyama.lg.jp
組織別業務案内
ご意見をお聞かせください
このページは役に立ちましたか?



 

高齢者運転免許自主返納支援事業

高齢者運転免許自主返納支援事業の支援内容と申請について
概要 1.趣旨
 運転に不安を持つ高齢者が、自主的に全部の運転免許を返納された場合に、公共交通機関やタクシーで利用できる支援券を交付します。希望される方には支援券とあわせて「おでかけ定期券」の取得費用も支援しています。(この支援は一人一回限りです。)


2.対象者
富山市民で、有効期間内の全ての運転免許を自主返納された満65歳以上の方。
 
3.支援内容 (平成30年4月1日現在)
(1)下記の利用ができる「支援券」(2万円分)
 ○市が契約しているタクシー会社の乗車料金の支払い
 ○「おでかけ定期券」への入金
 ○富山地方鉄道ICカード「えこまいか」の購入・入金
 ○富山ライトレールICカード「シルバーパスカ」への入金
 ○大山・八尾・婦中・山田地域のコミュニティバスの共通回数券の購入
  
(2)「おでかけ定期券」の取得費用(1,000円)の支援(希望される方のみ)
  詳しくは詳細リンクをご覧ください。
申請場所 生活安全交通課(富山市役所東館3階)
各行政サービスセンター市民生活課
各中核型地区センター
各地区センター
申請時に必要なもの 【必ず必要なもの】
1.申請による運転免許の取消通知書の原本
  (免許を自主返納された窓口で交付されます)
2.高齢者運転免許自主返納支援事業申請書(市の指定用紙)
3.印鑑(朱肉を必要とするもの)
注意:代理の方が来られる場合は代理の方の印鑑も必要です。

【おでかけ定期券の取得費用の支援もあわせて希望する場合に必要なもの】
1.「おでかけ定期券」の写し(両面)(注意1)
2.振込依頼書(市の指定様式) (注意2)
注意1:おでかけ定期券の写しは、原本があれば窓口で写しをとります。
注意2:口座情報を記入する必要があります。本人名義の振込先口座のわかるものもあわせてお持ちください。
手数料 不要
様式サイズ A4縦
郵便による申請 可能
*申請書等に記入・押印のうえ郵送してください。
ファックスによる申請 不可


申請書様式

高齢者運転免許自主返納支援事業申請書(市の指定様式)
申請書(50kbyte)pdf          

振込依頼書(市の指定様式)
振込依頼書 (29kbyte)pdf 

委任状(市の指定様式)
※振込先の口座名義が申請者(運転免許を返納した者)と異なる場合は、
委任状 (64kbyte)pdfもあわせて必要となります。



(生活安全交通課)Eメール seikatsuanzen-01@city.toyama.lg.jp


Adobe Readerのダウンロード

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
「Get ADOBE READER」ボタンをクリックしてください。


印刷用にコンテンツを抽出

ページの先頭へ

前のページへ戻る

富山市役所

〒930-8510 富山県富山市新桜町7番38号

電話番号(076)431-6111(代)

【窓口受付時間】午前8時30分から午後5時15分(月曜日から金曜日)

立山あおぐ特等席。富山市