本文へジャンプ
富山市
 

法人番号:9000020162019

文字の大きさ
拡大元に戻す縮小
現在位置:HOMEの中の市民の皆さまの中のその他の中の青年・ボランティアからボランティア推進事業

ボランティア推進事業

お問い合わせ先
男女参画・市民協働課
電話番号  076-443-2051
danjo-01@city.toyama.lg.jp
組織別業務案内
ご意見をお聞かせください
このページは役に立ちましたか?



 

ボランティアに関する情報を知りたい方は

・富山市ボランティアセンター
 
富山市ボランティアセンターでは、ボランティアに関する様々な情報の収集および提供を行っています。また、ボランティア活動をしたいと考えている方、必要としている方に対して、相談・助言・紹介・斡旋等を行っています。
 そのほか、ボランティアに関する研修会の開催やボランティア活動に必要な資機材の貸し出しなど、ボランティアに関する幅広い業務を行っています。
 
富山市ボランティアセンターのホームページ 富山市ボランティアセンター
 

富山市の協働・ボランティア関連事業について

 本市における協働・ボランティア活動の実態を把握し、市民の皆様に情報提供を行うため、富山市のボランティア関連事業一覧を作成しました。個々の事業についてのお問い合わせは各事業担当課までご連絡ください。
 (市所管の外郭団体が行う、独自の協働・ボランティア関連事業についても、把握している範囲内で掲載しています。)
 事業一覧詳細リンク 富山市の協働・ボランティア関連事業一覧 (525kbyte)pdf

災害ボランティアについて

(1)災害ボランティアとは
 
大規模な災害に見舞われたとき、復興に向けて被災された方々をサポートする活動を行うのが「災害ボランティア」です。
 平成23年3月に発生した東日本大震災においても、多くのボランティアが被災された方々の生活支援に大きな役割を果たしています。
 災害ボランティアと一口に言っても、その活動内容は非常に幅広く、災害発生時期や災害の種類・規模、地域性、そして復興の段階によって必要とされるボランティアは異なってきます。また、被災された方々のニーズも一人一人違うので、それぞれの声に耳を傾け、きめ細かいサポートを行うことが大切であると言われています。

(2)富山市災害ボランティアネットワーク会議について
 富山市では、平常時からボランティア関係者と行政とがお互いに顔の見える関係を構築しておくことが重要であると考え「富山市災害ボランティアネットワーク会議」を設置し、災害ボランティアにかかる調査、研究を行っています。
 万が一、富山市において大規模な災害が発生したときや被害が大きくボランティアが必要になったときは、富山市と富山市社会福祉協議会、富山市災害ボランティアネットワーク会議の三者協議により「富山市災害ボランティア本部」を設置し、ボランティアをしたい人の受付やボランティアのサポートを必要とする人との調整などを行います。

 富山市災害ボランティアネットワーク会議構成団体詳細リンク 構成団体一覧 (100kbyte)pdf

 富山市災害ボランティア活動指針詳細リンク 
富山市災害ボランティア活動指針 (4,399kbyte)pdf

(3)富山市災害ボランティア本部活動マニュアルについて
 
富山市災害ボランティアネットワーク会議では、「富山市災害ボランティア活動指針」に基づき、活動の手引きとして「富山市災害ボランティア本部活動マニュアル」を作成しました。本市で災害が発生した場合は、このマニュアルに基づき災害ボランティア本部を立ち上げて、運営することになります。
 マニュアルの内容については、随時見直しを行い、必要に応じて改訂を行っています。

 富山市災害ボランティア本部活動マニュアルは、以下からダウンロードできます。
 0.表紙・はじめに・目次 ダウンロード (202kbyte)pdf
 1.災害時ボランティア本部 ダウンロード (763kbyte)pdf
 2.平常時からの取り組み ダウンロード (59kbyte)pdf
 3.ボランティアの心構え ダウンロード (282kbyte)pdf
 4.各種様式 ダウンロード (539kbyte)pdf
 5.資料 ダウンロード (439kbyte)pdf

 (一括ダウンロード) (7,530kbyte)pdf

(4)富山市総合防災訓練への参加について
 
富山市災害ボランティアネットワーク会議は、富山市総合防災訓練に毎年参加しています。会議の構成メンバーが自主的に訓練に参加し、実践的な訓練を行うことで、災害ボランティア本部の担う役割やその運営方法を具体的に習得することを目的としています。
 平成30年9月29日(土曜日)に、八尾コミュニティセンター(八尾町井田)で行われた訓練の様子を紹介します。今回の訓練には、構成団体から22名が参加し、災害ボランティア本部の業務担当役とボランティア役に分かれての実務訓練を行いました。


野尻災害ボランティア本部長のあいさつ

はじめに、災害ボランティア本部の役割や、訓練の想定と目的について全体説明がありました。

続いて、各係チーフから全体の流れや各係の役割、業務内容について説明がありました。

ボランティア受付係は、周辺地域、県内外からかけつけたボランティアの受付を行います。
訓練では、ボランティアの保険加入の有無、資格特技などを聞きとり、ボランティア受付票に記入しました。


ニーズ受付・調査係は、ボランティアを依頼したい方から希望日時や場所等の聞きとりを行います。
訓練では様々なニーズを想定し、ボランティア依頼票に記入しました。


マッチング係は、活動指示書を作成するとともに、それに基づいたボランティアの確保とチーム編成を行います。
訓練では、ボランティア依頼票を元に実際にボランティアのチーム編成を行いました。


送り出し係は、ボランティアの心構えや、注意事項の確認、作業内容、派遣地域の説明を行い、ボランティアを現地へ送り出します。
訓練では、実際にボランティア役の方に注意事項等を説明し、送り出しを行いました。


資機材係は、ボランティアに必要な資機材の調達や点検整備、貸出、返却等を行います。
訓練では、ボランティア役の方から必要な資機材を聞き取り、受け渡しを行いました。


活動報告受付係は、作業を終えたグループ全員の帰着を確認し、リーダーから報告を受けます。作業の進捗状況と明日への引き継ぎ事項を確認し、ボランティア活動証明書を発行します。
訓練では、ボランティアを終えて戻ってきた方から報告を受け、活動報告書の確認をしました。



Adobe Readerのダウンロード

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
「Get ADOBE READER」ボタンをクリックしてください。


印刷用にコンテンツを抽出

ページの先頭へ

前のページへ戻る

富山市役所

〒930-8510 富山県富山市新桜町7番38号

電話番号(076)431-6111(代)

【窓口受付時間】午前8時30分から午後5時15分(月曜日から金曜日)

立山あおぐ特等席。富山市