本文へジャンプ
English中文한글Português
サイトマップ音声読み上げ・文字拡大ご意見・ご要望
富山市
文字の大きさ
拡大元に戻す縮小
 

法人番号:9000020162019        
  
ホーム市民の皆さま事業者の皆さま観光・みどころまちづくり・市政
現在位置:HOMEの中のまちづくり・市政の中の富山市プロフィールから富山市の歴史

富山市の歴史

ご意見をお聞かせください
このページは役に立ちましたか?



 

新「富山市」の地域内には、神通川(じんづうがわ)常願寺川(じょうがんじがわ)など大小の河川がいくすじも流れ、古くから深く結びつきながら発展してきました。

万葉仮名で書かれた大伴家持の句碑
 

万葉仮名で書かれた大伴家持の句碑(婦中町鵜坂)

新「富山市」と地域内を流れる1、2級河川
 

新「富山市」(黄色部分)と地域内を流れる1、2級河川(青色部分)

8世紀中頃から戦国時代

8世紀中頃、万葉集で有名な大伴家持(おおとものやかもち)が国司(県知事のようなもの)になり、多くの和歌を詠みました。その中で「鵜坂(うさか)河」「売比(めひ)河」「伊波世(いわせ)」などの地名が出てきます。「鵜坂河」「売比河」は現在の神通川だといわれています。「鵜坂」は婦中町の地名に今も残り、「婦負(ねい)」は「売比」が転じたものといわれています。また、「伊波世」は現在の岩瀬一帯だといわれています。
鎌倉時代になると、太田氏がいたち川の南から熊野川の流域あたりまでの常願寺川扇状地(せんじょうち)の一帯を領地(りょうち)としていました。この地域は交通の要衝や穀倉地帯として軍事的な価値が高く、戦国時代に至るまでしばしば戦乱の地となっています。

15世紀中頃から江戸時代

15世紀中頃、神保氏が富山城を築き、井田川とその支流山田川沿いに多くの支城を設けて情報伝達や交易を行っていました。
戦国時代には、有名な武将・佐々成政が常願寺川沿いの佐々堤の建設や神通川水系の改修工事など、わずか数年の間に多くの治水工事を行ったと言われています。

佐々堤の一部が底部に残る常西用水

佐々堤の一部が底部に残る常西用水(大山町馬瀬口)

江戸時代から明治時代

江戸時代には婦負郡の全域と富山市、大沢野町、大山町のそれぞれ一部分を含んだ富山藩が置かれ、前田氏の所領となります。川を使った交易はますます盛んになり、常願寺川などの治水も本格的に行われるようになりました。陸上交通が不便だったため、神通川水系では河口の岩瀬から上流は婦中町道島、八尾町福島、大沢野町寺津まで、常願寺川水系では河口の水橋から上流は大山町本宮まで水運が行われ、米などの農産物をはじめ、(まき)(すみ)、柿などの特産物も運ばれました。人を乗せて運行されることもあり、明治時代後半まで物流・文化交流の主要な交通路として大きな役割を果たしました。
現代では、水力発電、防災、環境保全など結びつきが多面化し、より密接な連携が求められています。

越中富山の名所として全国に知られた神通川の舟橋
 

越中富山の名所として全国に知られた神通川の舟橋(売薬資料館蔵)


現代の富山市については、こちらをご覧ください

印刷用にコンテンツを抽出
富山市役所 〒930-8510 富山県富山市新桜町7番38号 電話番号(076)431-6111(代)
【窓口受付時間】午前8時30分から午後5時15分(月曜日から金曜日)
前のページへ戻るページの先頭へ
プライバシーポリシーこのサイトについて窓口・受付時間地図・交通アクセスホームページに対するご感想など
立山あおぐ特等席。富山市Copyright(C) TOYAMA CITY All Rights Reserved