本文へジャンプ
English中文한글Português
サイトマップ音声読み上げ・文字拡大ご意見・ご要望
富山市
文字の大きさ
拡大元に戻す縮小
 

法人番号:9000020162019        
  
ホーム市民の皆さま事業者の皆さま観光・みどころまちづくり・市政
現在位置:HOMEの中のまちづくり・市政の中の政策の中のふるさと納税

ふるさと納税

お問い合わせ先
納税課
電話番号  076-443-2026
nouzei-01@city.toyama.lg.jp
組織別業務案内
ご意見をお聞かせください
このページは役に立ちましたか?



 

ふるさと富山市応援サイト

豊富な魚介類を育む富山湾から、登山家たちを魅了してやまない3,000メートル級の山々までが織りなす、世界第一級の景観をなす富山市

全国的に有名な「くすりのまち」、そして「越中おわら風の盆」といった産業・観光資源も活かしながら、美しい自然と豊かな海の幸に恵まれた富山市を大切に守り、未来へつなげる取り組みを続けてまいります。

「寄附」という形で、皆様も富山市の取り組みにご参加ください。

富山市ふるさと納税(寄附金)の採納状況と使い道のご報告ふるさと納税(寄附金)の採納状況
年  度 寄附人数(人) 寄附金額(円)
平成20年度18
11,390,000
平成21年度8
 2,088,000
平成22年度10
 1,140,000
平成23年度11
 6,442,000
平成24年度13
 1,525,000
平成25年度19
 2,105,000
平成26年度26   1,760,000
       平成27年度           35 ※ 2,329,400
合  計140
28,779,400
※平成27年度の寄附金額の一部は平成28年度中に基金に積み立てる予定です。

多くの寄附金をお寄せいただきありがとうございました。
お寄せいただいた寄附金は、一旦「富山市ふるさとぬくもり基金」に積み立て、富山市が進めている主な事業に活用されます(下表参照)。


富山市ふるさとぬくもり基金充当事業(平成27年度末までの実績)      
事  業  名    事 業 費 (円)      うち基金充当額(円)
在宅障害者支援事業
(福祉バスの更新に係るリース料)
   96,248
  96,000
大山老人福祉センター玄関ポーチ設置工事
  420,000
 100,000
富山経営実践塾
 3,200,000
1,500,000
極楽坂スキー場整備事業(リフト修繕)
43,155,000
8,000,000
特産物開発育成対策事業
(特産物生産組織の定着育成支援)
 2,650,000
2,500,000
公共交通利用促進啓発事業
(「とやまレールライフプロジェクト」の推進)
 6,878,455
  50,000
こども医療費助成事業
823,867,035
7,999,000
合   計
880,266,738
20,245,000


富山市ふるさとぬくもり基金の状況(平成27年度末)
基金総額 利息総額 取崩総額
28,724,400円
94,017円
20,245,000円
                         ↓
平成27年度末現在高
8,573,417円

応援サイトマップ

富山市の施策

お知らせしたい施策(新たな取り組み等)

ふるさと納税(寄附金)とは

寄附金をお申し込みいただく方法

リンク集

 

富山市の施策

ゆとりと豊かさを実感でき、安心して暮らせる「ふるさと富山」の実現に取り組んでいます。

また、訪れてみたい、暮らしてみたいと感じられる、魅力あふれる富山を目指しています。

このため、富山市では「共生・交流・創造」をまちづくりの基本理念とし、「人・まち・自然が調和する活力都市とやま」を実現するため、5つのまちづくりの目標を設定しています。

  1. 人が輝き安心して暮らせるまち
    すべてのライフステージで学ぶことができ、多様な価値観が尊重されながら、地域の中でやさしさに包まれ安心して暮らせるまちづくり
  2. すべてにやさしい安全なまち
    あらゆる危機に対応するため、市民と行政の役割分担を再構築し、安全で快適に暮らせるまちづくり
  3. 都市と自然が調和した潤いが実感できるまち
    都心部から自然豊かな中山間地域までの特色あるそれぞれの地域で、個人のライフスタイルを尊重した多様な住み方・暮らし方が実現できるまちづくり
  4. 個性と創造性に満ちた活力あふれるまち
    さまざまな資源を生かしながら、富山の魅力を高め、文化・観光・産業などの分野において、新しい価値が創造できるまちづくり
  5. 新しい富山を創る協働のまち
    市民が主体となった取り組みを促進し、新しい時代に持続的に対応できる協働のまちづくり

 

お知らせしたい施策(新たな取り組み等)

次のような事業に取り組みます。


 

AMAZING TOYAMA

 富山市では、都市の認知度とイメージを高めることを目的に、シティプロモーション事業に取り組んでいます。
 さらに今後は、市民一人一人が富山市に対して愛着や誇りを抱く「シビックプライド」を醸成することが重要であると考え、シビックプライドの醸成に向けたキャッチフレーズを、「AMAZING TOYAMA」と定め、今後市民の皆さんと連携した事業を展開していきます。

AMAZING TOYAMAのホームページ


富山駅新幹線駅舎と市内電車

北陸新幹線(長野・金沢間)が開業しました

  平成27年3月14日に長野~金沢間228キロが開業し、富山~東京間が従来よりおよそ1時間短縮の約2時間7分で結ばれました。
 また同日には、路面電車南北接続事業の第1期事業が完成し、富山地方鉄道市内電車のJR富山駅高架下への乗り入れ運用が開始されました。さらに平成31年度には、第2期事業として駅北側のライトレールと接続予定で、新幹線を拠点とする新しい公共交通網が整備されることで、交通アクセスの更なる向上が期待されています。

北陸新幹線関連のホームページ


西町南地区再開発ビル

 

富山市ガラス美術館

 富山市の中心市街地では、芸術文化の新しい発信拠点として、「透き通る」を基本コンセプトのキーワードとしたガラス美術館を平成27年8月22日に開館しました。このガラス美術館においては、市が所蔵する現代ガラス作品の常設展示や、ガラス美術を中心に、現代美術を含めた展覧会の実施を予定しています。「ガラスの街とやま」の中核施設となるガラス美術館を通じて、新たな芸術文化の創造に、今後一層努めてまいります。


都市レジリエンスサミット

ロックフェラー財団の
「100のレジリエント・シティ」

 平成26年12 月「アメリカの慈善事業団体であるロックフェラー財団が公募している「100 のレジリエント・シティ」として、日本の都市で初めて富山市が選定されました。
 平成28年度中にレジリエンス(強靭でしなやかな)戦略を策定し、人口減少や自然災害など、本市が将来直面する可能性能のある課題に対応するため、ロックフェラー財団からの寄附を活用して都市の総合力を高めてまいります。



環境未来都市ロゴマーク


環境未来都市・SE4ALL
「エネルギー効率改善都市」

「環境未来都市」構想は、平成22年6月に閣議決定された国の新成長戦略に位置づけられた「21の国家戦略プロジェクト」のひとつです。
 本市は、平成23年12月に全国11の都市・地域のひとつとして「環境未来都市」に選定されました。
 本市では、これまでの「公共交通を軸とした拠点集中型のコンパクトなまちづくり」をさらに推進するとともに、地理的特性を活かした再生可能エネルギーの導入や伝統産業である薬業を活かした新たな産業振興等により、誰もが暮らしたい・活力あるまちの実現を目指します。
 また平成26年9月、富山市は、「環境未来都市」や「環境モデル都市」としてこれまで取り組んできた実績や、将来的にエネルギーの効率の改善が期待できる点などが評価され、国際連合のSE4ALL (Sustainable Energy for All:万人のための持続可能なエネルギー)における「エネルギー効率改善都市」に国内で唯一選定されました。

環境未来都市のホームページ

SE4ALLのホームページ


 

ふるさと納税(寄附金)とは

ふるさと納税制度とは

生まれ育った「ふるさと」や、以前の居住地などこれまで深いかかわりのあった地域を応援したいという、みなさまの思いを生かすことができるよう、応援したい都道府県・市区町村へ寄附をした場合に、寄附額の一定限度を、所得税・個人住民税から控除できる制度です。

・応援したい都道府県・市区町村であれば、全国どの自治体へもふるさと納税(寄附)できます。

・寄附額(2,000円を超える額)について、寄附をした翌年の個人住民税所得割額の2割を限度として所得税・個人住民税から控除ができます。

・控除を受けるためには確定申告が必要となります。

・寄附金税額控除については、こちら(別のページに移動します)。

・控除についての詳しいお問い合わせは、市民税課(076--443-2032)へ。

 

寄附金をお申し込みいただく方法

富山市への寄附、並びに税金の申告に関する手続きは、次のようになります。


寄附金をお申し込みいただく方法の図

*平成27年4月1日からの、ワンストップ特例制度については、こちら

1. 寄附のお申し込み

寄附申出書を郵便、FAX、電子メール等でお送りください。

●寄附申出書 Word (33kbyte)doc 又は PDF (26kbyte)pdf

ご希望の方には、寄附申出書をお送りいたしますので下記【お問い合わせ先】までご連絡ください。

【お問い合わせ先】(お送り先)
〒930-8510
富山市新桜町7番38号
富山市役所財務部納税課
電話番号 076-443-2026
ファックス番号 076-431-5896
e-mail nouzei-01@city.toyama.lg.jp 

富山市ふるさと納税(寄附金)は、使途や目的を定めない寄附金として納税課でお受けしております。
(使途等を定めた寄附金も、寄附金控除を受けることができます。その使途に応じた担当課で対応させていただきますので寄附のお申し込み前にご連絡ください。)

2. 納入通知書の送付 及び 3. 寄附金払い込み

寄附金は、こちらから郵送する「納入通知書」又は「郵便払込取扱票」に添えて、所定の金融機関又はゆうちょ銀行・郵便局からお振込みください。(振り込み手数料はかかりません)

納入通知書で振り込むことができる金融機関はこちらの「公金収納金融機関」(コンビニエンスストアを除きます)をご覧ください。

4. 寄附受領証明書について

寄附金の入金を確認した後に、こちらから寄附金の受領証明書を郵送いたします。
申告に必要ですので、なくされないように保管をお願いします。

5. 申告

寄附金の受領証明書を添えて最寄の税務署又は市町村で確定申告等をしてください。
寄附金控除についてはこちら(別のページに移動します)。

 

6. ワンストップ特例制度について

ワンストップ特例制度とは、ふるさと納税をした団体(寄附金を支出した地方団体)に申請することにより、確定申告を行わなくても、寄附金控除を受けられる特例で、平成27年4月1日以降の寄付金について適用される制度です。

・ワンストップ特例制度の適用を受ける場合は、所得税控除分相当額を含め個人住民税からの控除が行われます。

〔制度が適用される方は次の要件をいずれも満たす方です。〕

・ふるさと納税の寄附金控除を受ける目的以外で所得税や住民税の申告を行う必要がない方。

・寄附金を支出する年の1月1日から12月31日までの間に、特例の申請をする団体が5団体以内の方。

〔申請の手続き〕

制度の適用を受けるには、申請書の提出が必要です。手続きについてはお問い合わせください。

ワンストップ特例制度についてはこちら(外部のページ(総務省ふるさと納税ポータルサイト)に移動します)。


注意

本市のこの「ふるさと納税」への取り組みについては、皆様の『ふるさとを応援したい』という善意を、寄附という形にしていただくための取り組みであり、寄附を強要するものではありません。
寄附の強要や詐欺行為には十分ご注意ください。


 

リンク集

>

富山市総合計画

>

富山ライトレール 

>

中心市街地活性化推進基本計画

>

富山市エコタウン 

>

くすりの旅BOOK

>

ガラスの街とやま


Adobe Readerのダウンロード

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
「Get ADOBE READER」ボタンをクリックしてください。

印刷用にコンテンツを抽出
富山市役所 〒930-8510 富山県富山市新桜町7番38号 電話番号(076)431-6111(代)
【窓口受付時間】午前8時30分から午後5時15分(月曜日から金曜日)
前のページへ戻るページの先頭へ
プライバシーポリシーこのサイトについて窓口・受付時間地図・交通アクセスホームページに対するご感想など
立山あおぐ特等席。富山市Copyright(C) TOYAMA CITY All Rights Reserved