本文へジャンプ
富山市
 

法人番号:9000020162019

文字の大きさ
拡大元に戻す縮小
現在位置:HOMEの中の事業者の皆さまの中の農林水産業の中の森林・林業の中の森林政策課からのご案内

森林政策課からのご案内

お問い合わせ先
森林政策課
電話番号  076-443-2019
sinrinseisaku@city.toyama.lg.jp
組織別業務案内
ご意見をお聞かせください
このページは役に立ちましたか?



 

主な業務

その他

大山地域内「有峰の天然林」

八尾地域内の人工林


お知らせ

豚コレラ感染イノシシの対策について

 7月27日に大沢野地域で豚コレラ感染イノシシが発見されたことに伴い、本市では、次のような対策を実施します。
1.イノシシ経口ワクチンの散布について
 イノシシ経口ワクチンの散布については、今回感染イノシシが発見された大沢野地域で12箇所、山間地に養豚施設のある八尾地域で13箇所実施します。
 散布にあたっては、国の定める手順に従って次のように作業を進めます。
 ①ワクチンをイノシシに食べさせるための餌付けを8月12日から行います。
 ②餌付け開始から10日後にワクチンを散布します。
 ③ワクチンを散布して10日後から、抗体の状況を把握するため捕獲を実施します。
※①、②の期間は、国の手順により、ワクチン散布場所の半径500メートル圏内は捕獲を実施できませんので、圏内の捕獲おりは、この期間、別の場所に移動して捕獲を実施します。

2.イノシシの捕獲について
 農作物被害を防除するため、イノシシの有害捕獲についてはこれまでどおり市内全域で継続的に実施します。
 また、現在、市内には107基の捕獲おりが設置されていますが、イノシシの捕獲を強化するために、9月末までに新たに70基の捕獲おりを導入する予定で、これにより市内には177基の捕獲おりが設置されることになります。
 また、感染イノシシ発見地点から半径10キロメートル圏内及び周辺エリアで捕獲されたイノシシについては、当面の間、県の機関で全頭感染調査されます。

3.その他
 豚コレラは、豚やイノシシの病気で、人に感染することはありません。感染した豚の肉が流通することはありませんが、万が一、感染した豚肉を食べても健康には影響ありません。
 また、死亡したイノシシを発見した場合、森林政策課または農林事務所へご連絡ください。
 【問い合わせ先】
 森林政策課(富山地域)  076-443-2019 (夜間・休日)076-431-6111
  農林事務所(富山地域外) 076-468-2171 (夜間・休日)076-468-2171



市行造林地立木・市有林地立木の売り払いについて


平成30年度実施 市行造林地立木購入事業者の募集について(終了しました)


平成30年度実施 現地下見会(八尾町三田桂谷)の開催にリンク(終了しました)


平成29年度実施 売却の詳細にリンク(終了しました



富山市イノシシ対策マニュアルについて

 富山市イノシシ対策マニュアルを作成しましたので、被害対策などにお役立てください。

 富山市イノシシ対策マニュアル (1,669kbyte)pdf



令和元年度「とやまの木が見える家づくり推進事業」の実施について

 富山市では、市内産木材の活用促進を図るために、令和元年度に「とやまの木が見える家づくり推進事業」を 実施します。

事業の詳細にリンク


森林内の立木を伐採する場合は、届出が必要となる場合があります

 森林内での立木を伐採する場合には、森林法第10条の8の規定により、事前に市へ「伐採及び伐採後の造林の届出」が必要となる場合があります。
 また、森林法改正により、平成29年4月以降の事前の届出に基づく伐採後の造林が完了したときは、事後に伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況の報告を行うことが義務づけられています。

 伐採及び伐採後の造林の届出制度の詳細にリンク


新たに森林の土地の所有者となった方は届出が必要です

 森林法の改正により、平成24年4月より新たに届出制度ができました。

 森林所有者届出制度の詳細にリンク


水源地域における土地取引の事前届出制度について

 富山県水源地域保全条例により定められた「水源地域」において土地取引を行う場合は、事前に知事への届出が必要です。

 届出制度の詳細にリンク


林地台帳制度について

 林地台帳情報の申請等については、富山市林地台帳運用事務取扱要領をご確認いただき、各種様式により、森林政策課又は農林事務所農地林務課へ申請してください。

 富山市林地台帳運用事務取扱要領にリンク(86kbyte)pdf
 富山市林地台帳運用事務取扱要領各種様式にリンク
 (PDF様式.pdf (64kbyte)pdf 、 Word様式.doc (92kbyte)doc


富山市企業の森づくり促進事業を創設しました。参加企業を公募いたします。

富山市では、「環境モデル都市」として、二酸化炭素削減のため、森林整備にも取り組んでおります。

また、「富山市森づくりプラン」に基づいて、市民や企業、ボランティア団体等が気軽に森林・里山林の整備に参加できるような森づくりをさらに推進することとしております。

このようなことから、「富山市企業の森づくり促進事業」を新たに創設し、富山県の「とやまの森づくりサポートセンターの企業の森づくり」と連携・協力を図りながら、企業が市内で行う森林の整備・保全等に関する活動の場の紹介に加え、活動実績の公表など、市独自の事業を実施します。

※「富山市企業の森づくり促進事業実施計画届出書」は「富山市企業の森づくり促進事業実施要綱」に様式があります。 (64kbyte)pdf


クマ情報について

 クマ情報にリンク


森林・林業・鳥獣関係計画など

富山市森づくりプラン(富山市森林整備計画)を策定しました

富山市の森づくりの現状や推進方策などを掲載しています。  
計画期間は平成29年4月1日から10年間です。

 富山市森づくりプラン(富山市森林整備計画)へリンク.pdf (2,392kbyte)pdf


「富山市公共建築物等木材利用推進方針」を策定しました

 平成22年10月1日に「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」が施行され、国及び地方公共団体等が整備する公共建築物等に、積極的に木材を利用することが定められました。

 これを受け、本市でも「富山市公共建築物等木材利用推進方針」を策定しましたので、この趣旨をご理解いただき、今後の公共建築物等の整備における木造化や木質化について、皆様のご協力をお願いいたします。

 木造化・木質化については、国や県の補助事業もありますので、詳しくは森林政策課にお問い合わせください。

 「富山市公共建築物等木材利用推進方針」.pdf (341kbyte)pdf


富山市鳥獣被害防止計画を策定しました

「鳥獣による農林水産業等に係る被害の防止のための特別措置に関する法律」第4条第1項に基づき、富山市鳥獣被害防止計画を策定しましたので、同法第4条第9項により公表します。
被害防止計画は、平成29年の被害額を10%(イノシシは30%)軽減することを目標としております。
農林漁業団体や猟友会と連携しながら、効果的な有害鳥獣対策に努めていきます。

 「富山市鳥獣被害防止計画」pdf (417kbyte)pdf 


森林・林業の現況

森林面積は市域全体の約7割(86,349ヘクタール、うち人工林は13,896ヘクタール)です。(平成25年3月31日現在)

林業の担い手の減少、国内産材の価格の低迷などで、放置された人工林や里山林が増加しています。

木材等の生産機能の低下と、森林の公益的機能(土砂流出・ 山地崩壊防止、水源かん養、 温暖化防止等)の低下が懸念されています。

市民の理解と参加を得て森づくりを推進していくことが望まれています。

詳しくは(地域別林野面積、木材需給の状況、人工林の状況などを掲載)をご覧ください。 (594kbyte)pdf


Adobe Readerのダウンロード

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
「Get ADOBE READER」ボタンをクリックしてください。


印刷用にコンテンツを抽出

ページの先頭へ

前のページへ戻る

富山市役所

〒930-8510 富山県富山市新桜町7番38号

電話番号(076)431-6111(代)

【窓口受付時間】午前8時30分から午後5時15分(月曜日から金曜日)

立山あおぐ特等席。富山市