本文へジャンプ
富山市
 

法人番号:9000020162019

文字の大きさ
拡大元に戻す縮小
現在位置:HOMEの中の事業者の皆さまの中の農林水産業の中の富山市公設地方卸売市場から市場の目的や役割

市場の目的や役割

お問い合わせ先
市場業務管理係
電話番号  076-495-2300
itibakanri-01@city.toyama.lg.jp
組織別業務案内
ご意見をお聞かせください
このページは役に立ちましたか?



 

卸売市場の目的

卸売市場で取り引きされる安全な青果物・水産物・花きなどの生鮮食料品等は、市民生活に欠くことのできない大切なものです。
このため、それらの生鮮食料品等を毎日全国各地から大量に集め、適正な値段をつけ、速やかに分配するため、市が開設者となり、卸売市場を管理運営しています。
市場は、整備された施設で流通の取引機構と法律・条例などによる取引ルールによって、消費者に生鮮食料品等の品物を供給し、市民生活の安定と向上を図るとともに、生産者には継続的で安定的な販売ルートを確保することを目的としています。


市場関係者の役割と取引の流れ


市場内取引の流れ

用語 説明
卸売業者全国の生産者などから新鮮な品物を集め、生産者に代わってせり売りや相対取引などで、仲卸業者や売買参加者に売る人たちです。
仲卸業者卸売業者から買った品物をスーパーマーケットや八百屋・魚屋・果物屋・花屋さんなどに売る人たちです。
売買参加者仲卸業者と同じように卸売業者からせり売りや相対取引などで、直接品物が買える人たちです。
関連事業者市場を利用する人たちが便利なように、野菜・魚・果物・花以外の品物を売ったり、食堂や銀行、運送などの仕事をしている人たちです。
買出人仲卸業者、関連事業者から品物を買い自分の店で商売をしている人たちです。
せり売り売り手である卸売業者が、買い手である仲卸業者・売買参加者に競争で値段を決めさせ一番高い値段をつけた買い手に売り渡す方法です。
相対取引売り手と買い手の話し合いで値段を決めて売り渡す方法です。

その他概要

業務開始年月日・取扱品目

部門 業務開始年月日 取扱品目
青果部昭和48年5月4日野菜、果実及びこれらの加工品・その他食料品
水産物部昭和56年6月20日生鮮水産物及びその加工品・その他食料品
花き部昭和62年7月1日花き

施設規模

敷地123,138平方メートル
建物延床面積38,554平方メートル

せり開始時刻

青果部午前6時
水産物部午前5時30分
花き部午前6時30分

印刷用にコンテンツを抽出

ページの先頭へ

前のページへ戻る

富山市役所

〒930-8510 富山県富山市新桜町7番38号

電話番号(076)431-6111(代)

【窓口受付時間】午前8時30分から午後5時15分(月曜日から金曜日)

立山あおぐ特等席。富山市