本文へジャンプ
とやまスローライフ・フィールドとは、富山市開ヶ丘の丘陵地の畑地帯を活用した市民農園と交流施設のことです。農業体験や、食育教育などを実践する拠点となっています。

とやまスローライフ市民農園

平成29年度利用者を募集しております!  (536kbyte)pdf


自然豊かな環境の中で、土と親しみ農作業が体験・体感できる余暇空間として240区画の農園を備えています。
  • 1区画あたりの貸付面積 約50平方メートル 240区画 
  • 利用料金 12,340円/年 
  • 契約期間 1年単位。(ご希望により翌年の継続利用も可能) 
  • 45台分の駐車場を設備しています。 
  • 初心者も安心な栽培サポートが受けられます。 
  • 小型耕運機等貸出用具が利用できます。 
  • 20ヶ所の給水設備があり、自由に利用できます。 
  • 農園内には花の散歩道、ポケットパーク(休憩所、花壇)などの共用エリアが設けられ、景観に配慮されています。

「とやまスローライフ・フィールド」ホームページ

農園の様子

交流学習施設

各種講座が体験できる「生活館」

とやまスローライフ・フィールドの総合受付センターです。実習室には、講習会、料理教室、会議などの場として、活用されています。また土日は「キッチン里山倶楽部」として営業しており、池多産の野菜などを使用した、里山料理を堪能できます。
生活館での講習会

里山の生き物や植物を学べる「里山観察塔」

「生活館」敷地には、里山の生き物や植物を学ぶ観察塔を備えています。休憩等にご自由にご利用ください。

各種の交流教室や催し物の開催に利用できる「交流館」

1階 多目的学習室(65平方メートル)
2階 グループ交流学習室(10から20平方メートル 4室)
施設パンフレット (894kbyte)pdf
交流館

開ヶ丘スローライフくらぶ

「開ヶ丘スローライフくらぶ」は、会員同士が自然とふれあう農業体験、生活体験、講習会等を通して、「手作り・ものづくり」をキーワードに交流を深め、知識を高めることを目的としています。「とやまスローライフ市民農園」利用者は登録会員として講習等に参加できます。また、「開ヶ丘スローライフくらぶ」には市民農園利用者以外の方も登録できます。
【会員特典】
  • 交流学習施設の利用
  • 各種講座を割引価格で受講できる
  • 農作業に関する情報や、“くらぶ”が開催する行事、イベント情報等を提供
※年会費3,000円(市民農園の利用者は無料)


問い合わせとやまスローライフ・フィールド事務局
電話番号 076‐411-4401

Adobe Readerのダウンロード

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
「Get ADOBE READER」ボタンをクリックしてください。