本文へジャンプ

森家は明治11年ごろに建てられた北前船廻船問屋で、富山県の江戸時代以来の町屋建築の構造を引き継ぐ国指定重要文化財建造物です。

所在地

富山県富山市東岩瀬町108 

【アクセス】
富山ライトレール「岩瀬浜駅」から徒歩約15分、「東岩瀬駅」から徒歩約12分

重要文化財指定指定年月日

平成6(1994)年12月27日

利用案内

(1)開館時間

午前9時から午後5時(ただし、入館は午後4時30分まで)

(2)休館日

年末年始(12月28日から翌年1月4日まで)

(3)観覧料

大人 個人100円、団体(20名以上)90円
※高校生以下無料
※18歳に達した日以後の最初の3月31日が終了していない方も観覧料無料

観覧料の減免について
対象の方観覧料備考
市内在住70歳以上の方半額相当年齢・住所のわかるもの提示
65歳以上の方半額相当おでかけ定期券または、シルバーパスカを提示
孫とお出かけ無料祖父母(住所要件有り)と孫・ひ孫
障害のある方と介護者1無料・身体障害者手帳提示
・療育手帳提示
・精神障害者保健福祉手帳提示
 
       森家


施設概要

建物名 建築面積 構造 屋根材
主屋263.57平方メートル木造一部二階建鉄板葺
北土蔵38.89平方メートル土蔵造二階建瓦葺
南土蔵22.54平方メートル土蔵造二階建桟瓦葺


 ※森家のパンフレットはこちらです。(1,704kbyte)pdf