本文へジャンプ
English中文한글Português
サイトマップ音声読み上げ・文字拡大ご意見・ご要望
富山市
文字の大きさ
拡大元に戻す縮小
 

法人番号:9000020162019        
  
ホーム市民の皆さま事業者の皆さま観光・みどころまちづくり・市政
現在位置:HOMEの中の観光・みどころの中の博物館の中の猪谷関所館から猪谷関所館イベント情報

猪谷関所館イベント情報

お問い合わせ先
大沢野教育行政センター
電話番号  076-467-5822
osawano-kyouiku@city.toyama.lg.jp
組織別業務案内
ご意見をお聞かせください
このページは役に立ちましたか?



 

イベント案内


企画展「籠渡(かごのわた)しにまつわる話と絵画展
     ~お殿様も、外国人も見学~」

 
 地域に伝わる籠渡しにまつわる話とともに、絵画や絵図、写真を展示します。

 【日 時】  平成29年2月18日(土)~5月21日(日)

 【時 間】  午前9時~午後5時(入館は4時30分まで)

 【入館料】 一般150円 中学生以下無料

 【休館日】 月曜日、祝日の翌日(土日を除く)

 【問合せ】 猪谷関所館 TEL:484-1007
   
               kagonowatashi.pdf (5,489kbyte)pdf
 
 

終了したイベント



特別企画展「祈りを彫る円空~細入の円空仏展~」


    特別企画展では、細入で見つかった貴重な円空仏を一堂に
    展示し、紹介しました。

  【期 間】  9月28日(水)~11月20日(日)

    


猪谷関所館 歴史と文化講演会
「祈りを彫る円空」


 【講 師】  円空学会理事長 小島 梯次 氏

 【日 時】  平成28年10月30日(日曜日) 午後1時30分~

   円空の生い立ちや円空仏について、ご講演いただきました。
   県内外から62名の方が参加され、円空仏の魅力について
 わかりやすく説明していただきました。

  講演会2  講演会1


28年秋「猪谷関所歴史探訪ウォーク」


  平成28年9月24日(土曜日) 「野仏と昔話に親しみ 飛騨街道東道の散策を」
 をテーマに秋の歴史探訪ウォークを開催しました。

  今回は32名の方が参加され、野仏や弘法大使の水、小糸の不動滝などをあねくら
 姫の会の説明を聞きながら散策しました。

   小糸の不動滝


企画展「関所番人の江戸探訪と
    歌舞伎役者中村仲蔵の越中旅行記」


   関所の番人が江戸へ向かうまでの道のりや諸経費などを紹介するほか、
 中村仲蔵の越中旅行記についても紹介しました。

   【期 間】  平成28年6月25日(土)~8月31日(水)

 


企画展「越中飛騨街道の道標」
   「街道添いの野仏の呟き」


  多くの人や物が往来した飛騨街道の越中側の道標を紹介。
また、街道添いに様々な人々の想いや願いを込めて建てられた石仏について、長年調べてこられた北陸石仏協会会長平井氏の足跡も展示しました。


 【期 間】 平成28年1月30日(土)~平成28年6月12日(日)



28年春「猪谷関所歴史探訪ウォーク」


 平成28年5月22日(日曜日)「新緑の中、円空も逗留した蟹寺地区の散策を」
をテーマに春の猪谷関所歴史探訪ウォークを開催しました。

 毎年、たくさんの方に参加していただいており、今回は75名の方が参加され
ました。

 慈眼院に里帰りした円空の仏像2体が公開され、発見された当時の話を熱心
に聞いておられました。

   28 春 ウォーク

企画展「雪の街道を飛騨へと運ばれた『鰤』の実相」


 「鰤」街道の名で知られている冬の飛騨街道。
雪で閉ざされた街道を、歩荷といわれる人の背で江戸時代に飛騨へと運ばれた
鰤の姿を紹介。

 【期 間】 平成27年9月19日(土曜日)~平成28年1月24日(日曜日)

   

 歴史と文化講演会
「KAGRA計画のこれまでとこれから」

  【講 師】 東京大学宇宙線研究所 三代木 伸二 氏

  【日 時】 平成27年11月14日(土曜日) 午前10時~

 人類が未だ成し遂げていない「重力波」の検出を目指す研究(KAGRA計画)について
ご講演いただきました。
 梶田先生のノーベル賞受賞後でもあり、たくさんの方が参加され、いくつもの質問に
丁寧に答えていただきました。

  

27年秋「猪谷関所歴史探訪ウォーク」

 平成27年9月26日(土曜日)「野仏と鏝絵に想いを馳せ飛騨街道東道の散策を」を
テーマに、神通川右岸の加賀藩領の旧飛騨街道の史跡や名所を、観光ボランティア
「あねくら姫の会」のみなさんの説明を聞きながら散策しました。(約5㎞)

 今回は55名の方が参加され、野仏、双体道祖神、二十三夜塔、東猪谷関所跡のほか、
百万石行列など解説員の説明を熱心に聞いておられました。
 また、宝樹寺の竹内源造が製作した鏝絵では、その神技に感激されました。


企画展「番人が綴った『関所日記』を読み解く」

 関所館が保管している9冊の関所日記を読み解き、関所を通った人々とその姿を
紹介しました。旅の途中で病気になった人への対応や関所日記にみる四方山話など
分かりやすく展示しました。

 期間中第1・3土曜日午前10時から館長による特別解説会も開催しました。

 〔期 間〕  平成27年5月23日(土曜日)~9月13日(日曜日)


夏休み企画展「民具が語る生活の歴史」

 人々の生活を支えてきた昔懐かしい道具を展示しました。

〔期 間〕 平成27年7月18日(土曜日)~8月30日(日曜日)


27年春「猪谷関所歴史探訪ウォーク」


 平成27年5月24日(日曜日)「新緑の中、山里の蟹寺地区の散策を」を
テーマに春の猪谷関所歴史探訪ウォークを開催しました。

 毎年、たくさんの方に参加していただいており、今回は94名の方が参加
されました。

 西禅寺、慈眼院、五郎兵衛家の石垣のほか、90周年を迎えた蟹寺発電
所など解説員の説明を熱心に聞いておられました。

   


企画展「祝80周年 高山線の歴史と猪谷」


 JR高山線全線開通時の駅舎や機関車の写真など、貴重な資料を展示して80年に及ぶ歴史を紹介しました。

〔期 間〕 平成27年1月24日(土曜日)~5月10日(日曜日)



特別展「関所の番人が綴った『安政の大地震』の実相」


 安政の大地震について、関所の番人が綴った記録を読み解きながらご紹介しました。

〔期 間〕 平成27年9月13日(土曜日)~12月23日(火曜日・祝)



猪谷関所館 歴史と文化講演会
「飛騨からみた安政の大地震」


【講 師】 飛騨地学研究会会長 高山陣屋学芸員  下畑 五夫 氏

《日 時》  平成26年11月15日(土曜日) 午前10時~正午

 安政5年(1858年)、越中と飛騨の国境付近で発生した飛越地震や、近年発生している大地震のお話などを中心に、下畑氏よりご講演いただきました。
 当時の貴重な資料などを引用され、時おりユーモアも交えながら聴講者にわかりやすく解説していただきました。


過書


26年秋「猪谷関所歴史探訪ウオーク」
~お彼岸に誘われて歩く野仏の里~

※中止



特別展「富山藩西猪谷関所を通った越中売薬の足跡」


 猪谷関所館が保管している、江戸時代に関所を通る時に必要だった「過書(関所手形)」から、売薬さんの出国時期、行き先などを読み解き解説。

 〔期 間〕  平成26年6月7日(日曜日)から平成26年9月7日(日曜日)

過書

「和歌にみるいにしえの関所」

 百人一首や「おくのほそ道」などから『関所』にちなんだ歌や句を集め、日本地図上に位置を記して紹介し解説。

 〔期 間〕  平成26年1月11日(土曜日)~5月31日(土曜日)



 

「小島梯次氏の想い出の円空仏写真展」

 円空学会理事長の小島さんが、半世紀にわたって日本各地の円空仏を訪ね歩いた中から、いくつかを解説付きの写真で紹介。

 〔期 間〕  平成26年1月11日(土曜日)~5月31日(土曜日)




26年春「猪谷関所歴史探訪ウオーク」

平成26年5月25日(日曜日)、春の猪谷関所歴史探訪ウオークを開催しました。

「新緑の中 蟹寺城の探索と旧飛騨街道の探訪を」と題して行なわれた今回のウオークには、94名の参加がありました。

途中、山林斜面を歩くなど、例年のコースに比べてややハードな箇所がありましたが、参加者の皆さんは息を弾ませながらも、健脚ぶりを発揮されていました。
 
「塩屋秋貞の墓」跡にて





猪谷関所館 歴史と文化講演会
「円空仏から私が学んだ“道”」

【講 師】 円空学会理事長  小島 梯次 氏

多年にわたって円空を追い求め、細入地域の円空仏も発見された小島氏を講師にお招きし、ご講演いただきます。


期 日  平成25年11月16日(土曜日)

時 間  午後1時から午後3時

場 所  猪谷関所館2階大集会室

聴講料  無料(ただし事前申込み必要)

定 員  50名程度

申込み  11月14日(木曜日)までに
     猪谷関所館へ
 


【問合せ:猪谷関所館 電話076‐484-1007】



猪谷関所歴史探訪ウオーク
「お彼岸に野仏の思いを巡らせ、神岡軌道の散策を」


平成25年9月21日(土曜日)、秋の猪谷関所歴史探訪ウオークを開催しました。

今回は「お彼岸に野仏の思いを巡らせ、神岡軌道の散策を」と題して、神通川右岸約6キロのコースでウオーク&歴史解説を行ないました。

9月下旬とはいえ、まだまだ暑さを感じるほどの好天に恵まれ、参加70名の皆さんは流れる汗を拭きながら元気に歩いておられました。
 
背斜・向斜を対岸より見学



特別展
「片掛・茂住銀山から神岡鉱山へそしてKAGRA(カグラ)計画へ!」

 「片掛銀山採鉱・選鉱・製錬のための道具」や「飛騨かな山()図」から、江戸時代の鉱山の様子と明治以降の三井神岡鉱山を支えた人々の暮らしに迫ります。
 また現在、神岡鉱山の地下には宇宙に関する世界最先端の研究施設が整備されており、今回は、重力がもとになって生まれる宇宙からの波動「重力波」を直接観察する望遠鏡「KAGRA(カグラ)=大型低温重力波望遠鏡」についての計画展を、東京大学宇宙線研究所重力波推進室のご協力により開催いたします。

特別展チラシ (226kbyte)pdf

①鉱山の解説
  5月4日(土曜日)、6月1日(土曜日)、7月6日(土曜日)、8月3日(土曜日)
  いずれも午後1時30分~午後2時30分
  講師…中村哲郎さん(元猪谷関所館長)

②KAGRAの解説
  4月27日(土曜日)、5月25日(土曜日)、6月22日(土曜日)、7月27日(土曜日)、8月24日(土曜日)
  いずれも午後1時30分~午後2時30分
  講師…東京大学宇宙線研究所重力波推進室職員




猪谷関所歴史探訪ウオーク(約4キロ)


平成25年5月26日(日曜日)、「新緑の中、円空も歩いた旧飛騨街道の旅人に」をテーマに、猪谷関所歴史探訪ウオークが実施されました。

当日は夏日となり、やや暑さが感じられる天候でしたが、山あいを通る爽やかな風が吹く中、78名の参加がありました。

参加者は3班にわかれ、各所で解説員からの説明を熱心に聞いておられました。
 




企画展「猪谷にまつわる相撲の話あれこれ」



籠渡しを渡った江戸時代のお相撲さんや、猪谷のお相撲さんの化粧まわし・写真などを通して、戦後の地方相撲の風景を紹介します。



期 間 平成25年 1月 5日(土曜日) から
 平成25年4月中旬まで
場 所 富山市猪谷関所館
観覧料 150円 中学生以下無料
休館日 月曜日(祝日の場合翌日)、祝日の翌日
問合せ 猪谷関所館 484-1007
 
        化粧まわし



猪谷関所館 歴史と文化講演会
「富山の獅子舞風景」

【講 師】 射水市新湊博物館長  島崎 毅 氏

平成24年11月17日(土曜日)に、歴史と文化講演会を開催しました。

当日は、射水市新湊博物館の島崎館長を講師にお招きし、「富山の獅子舞風景」と題して、富山に伝わる獅子舞の歴史・背景などについて、ユーモアを交えながら、わかりやすく解説していただきました。


 



「猪谷関所歴史探訪ウオーク ~お彼岸に飛騨街道・東道の散策を~」


平成24年9月22日(土曜日)に秋の猪谷関所歴史探訪ウオークを実施しました。
当日は、さわやかな秋晴れのもと75名の参加があり、3班に分かれて神通川右岸の史跡・名所等を巡りました。

今回、観光ボランティア「あねくら姫の会」の皆さんにご協力いただき、各所での解説を行なってもらいました。
参加者の方からも、「わかりやすい解説で見聞が広がった」と大変好評でした。


 

旧伏木分校跡にて




「ウオークラリーとやま2012」
猪谷関所歴史探訪ウオーク(~十代藩主利保と同じように『御ひろゑ』にて旧飛騨街道を~)

平成24年5月27日(日曜日)に、猪谷関所歴史探訪ウオークが開催され、104名の方が参加されました。

当日は天候に恵まれ、参加者の皆さんも名所・史跡での解説を熱心に聞きながら、さわやかな風の中を気持ちよさそうに歩いておられました。



 

旧飛騨西街道付近にて



歴史と文化講演会 「富山市内の山城物語」

【講師】佐伯哲也 氏(北陸城郭研究会会員)

全国の中世城館約1500箇所を調べられた佐伯哲也氏から、神通峡沿いに位置する城館の概要や役割、相互の関係などを中心に、富山市内の山城をわかりやすく説明していただきます。

日時平成23年11月19日(土曜日) 午前10時から正午 (受付 午前9時30分から)
場所富山市猪谷関所館
申込み11月18日(金曜日)までに、お電話で猪谷関所館へ(受付時間 9時から17時)
定員50名程度(申込順)
聴講料無料

問合せ先 猪谷関所館 電話番号484-1007

夏休み企画展「飛越往来と民具展」

細入地域に残る民具・民俗資料を展示します。
親子、友人、家族などで「謎解き」しながら楽しく学べます。


期間

平成23年7月23日(土曜日)から8月30日(火曜日)

場所

猪谷関所館展示室

ひきうす(石うす)

ひきうす(石うす)

問合せ先 猪谷関所館 電話番号484-1007

猪谷関所館地域間交流事業 特別企画展 円空展

昭和47年から昭和55年に細入地域で発見された円空を一堂に集めました。

たくさんのみなさんにご来館いただき、ありがとうございました。

円空展

特別企画展円空展関連行事 猪谷関所歴史探訪ウォーク

円空のたどった道を歩いてみよう

平成21年5月31日(日曜日)に猪谷関所歴史探訪ウォーク「円空のたどった道を歩いてみよう」が開催され、98名の方が参加されました。当日は、あいにくの小雨まじりの天候でしたが、旧飛騨西街道や円空仏が安置されていた寺社や周辺の名所旧跡をボタンティアガイドの説明を受けながら元気に歩きました。

ウォーキングの様子

ウォーキングの様子

コース
猪谷関所館発-西禅寺-旧飛騨西街道-蟹寺白山社-慈眼院-蟹寺城跡-籠渡し跡-関西電力蟹寺発電所-西猪谷関所跡-関所講演-猪谷関所館着

当日資料

資料1 (317kbyte)pdf

資料2 (348kbyte)pdf


特別企画展円空展関連行事 円空講演会

平成21年6月7日(日曜日)に当館におきまして、円空学会常任理事の小島梯次さんをお迎えして、「円空仏の世界-細入の円空仏を中心に」と題して、お話ししていただきました。
講演の内容は、円空が仏像を彫るようになった理由や、細入地域を通った理由などわかりやすく説明していただきました。

円空講演会の様子

円空講演会の様子


特別企画展円空展関連行事 円空仏木彫刻教室

平成21年6月10日(水曜日)11日(木曜日)に当館におきまして、円空仏木彫刻教室を開催いたしました。
講師は、木彫刻家の森清 映仁さんです。
参加者のみなさんは、森清講師からの実技指導を受けながら、各自の目指す円空仏に挑戦していました。

円空仏木彫刻教室の様子

円空仏木彫刻教室の様子


猪谷関所歴史探訪ウォーク

【テーマ】秋の神岡軌道跡を歩く

期日平成21年9月27日(日曜日) 午前9時より
場所猪谷関所館
参加費200円
講師草 卓人 日本海文化研究所研究員
演題【神岡への鉄道をめぐって】
日程9時 猪谷関所館展示室説明
9時20分 講演
10時20分 神岡軌道跡を歩く
12時20分 終了
神通川橋梁跡

神通川橋梁跡

資料

コース図 (381kbyte)pdf

神岡軌道の今昔 (599kbyte)pdf

講演レジメ (101kbyte)pdf

年表 (76kbyte)pdf

当日は、103名の方が参加され、草先生の講演の後、秋晴れのさわやかな風のふく中、解説を聴きながら、昔の神岡軌道が運行していた風景を思い浮かべてウォーキングを楽しみました。

イベントの様子 (461kbyte)pdf

昔の写真 (339kbyte)pdf


猪谷関所館企画展 『ふるさと旧飛騨街道』絵画展

この夏、猪谷関所館では「飛騨のかなめ ふるさと旧飛騨街道を描く」と題して、細入地域に在住する水彩画家の絵画展を開催いたします。
ふるさと細入の風景画を中心に、細入地域の民話・伝説を冊子にしたものなどがご覧いただけます。
どこか懐かしい風景に出会えるはずです。
ぜひご来館ください。

絵画

多数のみなさんに、ご覧いただきありがとうございました。


猪谷探検隊ウォーク ぶり・ノーベル街道 紅葉編

高山線沿線 県境コース

期日平成21年10月31日(土曜日) 午前9時より
集合場所猪谷駅
参加費1,500円(小学生以下750円)
(参加費に昼食が含まれており、細入名物のみょうが寿司、ごへいまつりでおなじみ下タ南部地域の名物五平もち、鮎の塩焼きがついてきます。)
コース(6キロ)猪谷駅-猪谷関所館-野仏の里-衝上断層(国天然記念物)-新猪谷橋-関所公園(昼食)-猪谷駅

資料

募集要項 (310kbyte)pdf

イベントの様子
当日は、さわやかな秋晴れのなか、80名の参加者はコース内にある史跡、旧跡の説明を受けながら、おのおののペースでウォーキングを楽しみました。
また、昼食には、大沢野下タ南部地域特産品のごへい餅、細入地域の特産品のみょうが寿司、その他鮎の塩焼きに参加者は、したつづみを打ちました。

当日の様子 (169kbyte)pdf


「円空仏」版画教室(入門編)

【テーマ】芸術の秋、円空仏の微笑みを版画にしてみよう。

期日平成21年10月20日(火曜日)、23日(金曜日)、28日(水曜日)(3日間とも参加できる方)
午前9時30分から午前11時30分まで
定員15名(応募多数の場合は抽選)
講師松村憲次 日本板画院 会員
場所猪谷関所館
参加費500円(当日集金)
持参品彫刻刀(一般的な版画用のものであれば可)
版画

イベントの様子
初心者や経験者の方々が17名参加され、まず最初に猪谷関所館内に展示してある円空仏を見学し、館長から円空についての説明を受けたあと、講師の松村さんから、版木の彫り方や、摺り方を学び、版画の難しさと楽しさを体験しました。
最後に、みなさんで出来上がった作品を鑑賞して、3回の教室を終了しました。

当日の様子 (226kbyte)pdf


猪谷関所歴史探訪バスツアー(関所跡めぐり)

【テーマ】旧飛騨街道の越中の関所と飛騨の関所を見比べてみよう。

期日平成21年11月12日(木曜日)
(1)午前10時から
(2)午後1時30分から
募集定員各20名程度(参加者多数の場合は抽選)
参加費500円
受付場所猪谷関所館
電話番号484-1007 富山市猪谷978-4
説明員猪谷関所館 館長 宮口雅博
関所

当日資料

資料1 (430kbyte)pdf

資料2 (1,002kbyte)pdf

資料3 (225kbyte)pdf

写真(207kbyte)pdf

ご参加くださいまして、ありがとうございます。



猪谷関所館 「歴史と文化講演会」

期日平成21年12月6日(日曜日)午前9時30分
会場猪谷関所館2階大会議室
講師宮口侗廸(早稲田大学教授)
演題「都市と過疎地域それぞれの価値」
日程9時30分 受付
10時00分 講演会
12時00分 終了

講師紹介

宮口侗廸(みやぐち としみち)
早稲田大学教授 同教育・総合科学学術院長、文学博士
専門は社会地理学・地域論
1946年富山県に生まれ、東京大学地理学科、同大学院博士課程に学び、早稲田大学教育学部に勤務、1985年教授、現在に至る。
自治大学校講師、総務省過疎問題懇談会座長、農水省美の里づくりコンクール審査委員、国土交通省地域振興アドバイザー、富山県景観審議会会長、富山市都市計画審議会会長などを務める。
富山市に住んで、地方と東京を見つめる生活を20年以上続ける。 

講演会の様子講演会の様子

当日は、80名ほどの来場者があり、みなさん過疎対策について熱心に講義を聴いていました。
この猪谷関所館「歴史と文化講演会」が、過疎問題で悩んでいるみなさんの一助にしていただければと思います。


問合せ先 猪谷関所館 電話番号484-1007


Adobe Readerのダウンロード

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
「Get ADOBE READER」ボタンをクリックしてください。

印刷用にコンテンツを抽出
富山市役所 〒930-8510 富山県富山市新桜町7番38号 電話番号(076)431-6111(代)
【窓口受付時間】午前8時30分から午後5時15分(月曜日から金曜日)
前のページへ戻るページの先頭へ
プライバシーポリシーこのサイトについて窓口・受付時間地図・交通アクセスホームページに対するご感想など
立山あおぐ特等席。富山市Copyright(C) TOYAMA CITY All Rights Reserved