本文へジャンプ

小・中学校の児童生徒をもつ家庭で、経済的理由で困っている方へ、学校で必要な学用品費などを援助します。

対象となる人

  • 現在生活保護を受けている人
  • 前年4月以降に生活保護の廃止または停止を受けた人
  • その他、家庭の収入状況からみて援助の必要があると認められる人

収入状況の目安
・父(42歳)、母(40歳・無職)、子(中1)、子(小1)の4人、持ち家の場合
 年間総収入額(給与収入)  479万円程度

・母(40歳)、子(中1)の2人、借家(家賃月額30,000円)の場合
 年間総収入額(給与収入)  441万円程度

・父(35歳)、子(小1)、子(4歳)の3人、借家(家賃月額40,000円)の場合
 年間総収入額(給与収入)  494万円程度

※ 年間総収入額(世帯の合計額)は、世帯構成、年齢、家賃の有無などにより異なります。
 上記の例は目安としてお考えいただくもので、申請内容をもとに、個別に審査をいたします。


援助を受けられる費用

  1. 学用品費 (日常使用する学用品費を定額で補助) 
  2. 校外活動費 (宿泊学習等の交通費、見学料の補助) 
  3. 修学旅行費 (参加者が均一に負担することとなる費用の補助) 
  4. 体育実技用具費 (体育の授業等に使用するスキー用具のレンタル料や柔道着購入等への補助) 
  5. 医療費 (指定された病気の治療費にかかる窓口負担額分の補助) 
  6. 学校給食費 (実費)  
  ※ 上記の1~4については、市で定めた金額の範囲内で援助します。
  ※ 各費目ごとの申請は不要です。援助を受けられる費用については、認定通知と合わせて
          お知らせします。   

申請に必要なもの

  • 就学援助認定申請書 (156kbyte)pdf   (記入例)(201kbyte) pdf 
  • 住民票(世帯全員の名前が入ったもの)
  • 源泉徴収票や確定申告の控え(前年中の世帯の所得状況がわかるもの)
  • 印鑑(スタンプ印は不可)
  • 振込みを希望する預金通帳
  • 児童扶養手当受給者証、アパート等の賃貸契約書(該当の方のみ)

申請先

  • お子さんが通う学校(富山市立以外の小中学校へ通学している場合は学校教育課へ)