本文へジャンプ
English中文한글Português
サイトマップ音声読み上げ・文字拡大ご意見・ご要望
富山市
文字の大きさ
拡大元に戻す縮小
 

法人番号:9000020162019        
  
ホーム市民の皆さま事業者の皆さま観光・みどころまちづくり・市政
現在位置:HOMEの中の観光・みどころの中の文化の中のガラスの街とやまからガラスの技法

ガラスの技法

ご意見をお聞かせください
このページは役に立ちましたか?



 
 

技法イメージ画像

ガラスの技法には主に以下のようなものがあります。技法の意味を知っていると、作品の鑑賞がずっとわかりやすく、楽しくなります(アイウエオ順)。


エナメル彩色

ガラスの粉末を松脂(まつやに)などで溶いて顔料とし、筆で絵を描くようにしてガラスの表面を彩色する技法です。彩色後、低温の窯で顔料を焼き付けて、表面になじませます。


エングレーヴィング

回転する小さなグラインダーにガラスを押し当てて、表面に浮き彫り彫刻を施す技法です。


キャスト

鋳型の中に熔けたガラスを流し込んで成形する技法です。鋳型の多くは耐火石膏で作られますが、中には「砂型」や「木型」など、めずらしいものもあります。また、鋳型を電気炉の中に入れて加熱する「キルンキャスト」という技法も、広く用いられています。


キルンワーク

キルンワーク
電気炉の熱でガラスをやわらかくし、成形する技法の総称です。「スランピング」、「フュージング」などの技法が広く知られています。


                              「キルンワーク」 さらに詳しく


サンドブラスト

サンドブラスト
圧搾空気で砂を吹きつけ、ガラスの表面を削ることによって、つや消し状にしたり、浮き彫りを施したりする技法です。


                              「サンドブラスト」 さらに詳しく


スランピング

スランピング
窪みのついた型の上に平らなガラスを乗せて電気炉で加熱し、自重によって窪みに沿わせ、成形する技法です。


                              「スランピング」 さらに詳しく


パート・ド・ヴェール

キャストの一種で、鋳型の中にガラスの粉末と糊(のり)をまぜてペースト状にしたものを詰め込んで、窯で焼き上げる技法です。


バーナーワーク

小さなガスバーナーの炎を用いてガラスを加熱し、成形する技法で、「ランプワーク」とも呼ばれています。トンボ玉などの小さな装飾品や、理化学用の実験器具などの制作に用いられます。


フュージング

フュージング
熱でガラスをやわらかくし、ガラスどうしを溶着する技法です。加熱には主に電気炉が用いられます。


                              「フュージング」 さらに詳しく


吹きガラス

吹きガラス
金属製の吹き竿の先に熔けたガラス種(たね)を巻き取って、息を吹き込みながら成形する技法です。


                              「吹きガラス」 さらに詳しく

印刷用にコンテンツを抽出
富山市役所 〒930-8510 富山県富山市新桜町7番38号 電話番号(076)431-6111(代)
【窓口受付時間】午前8時30分から午後5時15分(月曜日から金曜日)
前のページへ戻るページの先頭へ
プライバシーポリシーこのサイトについて窓口・受付時間地図・交通アクセスホームページに対するご感想など
立山あおぐ特等席。富山市Copyright(C) TOYAMA CITY All Rights Reserved