本文へジャンプ

富山市では、「富山市ガラスの街づくりプラン」を基本に、ガラスをテーマとした街づくりに取り組んでいます。
「ガラスの街とやま」の歴史 (2,052kbyte)pdf
「ガラスの街づくり」のこれまでの取り組み(年表) (89kbyte)pdf

  主要施設
富山市ガラス美術館

平成27年8月、西町南地区再開発ビル「TOYAMAキラリ」に開館した、現代グラスアートを中心に展示する美術館です。
ガラスの街づくりの集大成として、国内外に現代グラスアートが持つ魅力と可能性を発信しています。
ガラス造形研究所
富山ガラス造形研究所

平成3年4月に開校した、全国で唯一の公立のガラス専門教育機関です。充実した設備と一流の講師陣のもと、富山のガラス文化を担う優れたガラス作家の育成に取り組んでいます。

富山ガラス工房

新たな地場産業としてガラスを定着させるための拠点施設として、様々な活動を行っています。
市民の方々が気軽に見学や創作体験ができるスペースを備えており、工房のスタッフが親切丁寧に指導にあたっています。
また、ガラス作家への設備の貸し出しも行っています。


ガラス美術館


富山ガラス造形研究所


富山ガラス工房




  展覧会・イベント(各館のホームページへ移動します)
  ガラス美術館    富山ガラス造形研究所    富山ガラス工房

  ストリートミュージアム

  アーティストインタビュー

取材年回数アーティスト名備考
2005年第1回吉田 薫さんガラス作家
 第2回岸 厚男さんガラス作家
2006年第3回渋谷 良治さんガラス作家、現富山市ガラス美術館長
2007年第4回名田谷 隆平さんガラス作家、富山ガラス工房
2008年第5回佐野 猛・曜子さんガラス作家
 第6回ラダ・セメツカーさんガラス作家
 第7回小路口 力恵さんガラス作家



  グラスアートを楽しむ

 ・ 現代グラスアートの魅力

 ・ ガラスの成り立ち

 ・ ガラスの技法

 ・ チャレンジする!




ガラスの街づくりプラン
「富山ガラスの街づくりプラン」本編は
PDFでご覧いただけます。
(4,584kbyte)pdf