本文へジャンプ

平成29年10月1日現在で調査します

 10月1日を基準日として、平成29年就業構造基本調査が実施されます。この調査は、国民の就業・不就業の状態などを詳細に把握することにより、雇用政策や経済政策などに必要な基礎資料を得ることを目的に実施されます。調査の対象となった世帯に、9月上旬から9月下旬にかけて統計調査員が伺いますので、調査の趣旨をご理解いただき、調査票へのご記入をお願いします。

調査をお願いする世帯は無作為に選ばれます

 調査地域は、総務省統計局がコンピュータによって無作為に選びます。さらに、お願いする世帯についても、総務省統計局に選ばれた地域から無作為に選びます。

インターネット回答をご利用できます

 就業構造基本調査では、「パソコン」や「スマホ」で簡単に回答できます。同封の「インターネット回答のための操作ガイド」をご覧いただき、10月9日(月)までにご回答ください。
 また、紙の調査票で回答する場合は同封の「調査票の記入のしかた」をご覧いただき、黒の鉛筆またはシャープペンシルでご記入ください。記入した調査票は、調査員が改めて訪問した際にお渡しください。

報告の義務があります

 この調査の対象となった世帯の皆様は、統計法第13条(報告義務)の規定により、調査票の提出義務があります。

個人情報は厳重に保護されます

 調査票に記入いただく内容は、統計作成の目的以外に使用することはありません。また、調査を実施する国・地方公共団体・統計調査員には、調査によって知り得た情報をほかに漏らしてはならないこと(秘密の保護)が統計法で規定されています。

かたり調査にご注意ください

 統計調査を装った「かたり調査」にご注意ください。
 調査員は、顔写真付きの「調査員証」を携帯しています。不審に思ったら、調査員証の掲示を求めるか、富山市情報統計課(076-443-2011)までお問合せください。




詳しくはこちら (総務省統計局のホームページへ)