本文へジャンプ
富山市
 

法人番号:9000020162019

文字の大きさ
拡大元に戻す縮小
現在位置:HOMEの中のまちづくり・市政の中の政策の中の主要プランの中の都市整備の中の活力都市推進課のご案内から富山港線沿線地区事後評価

富山港線沿線地区事後評価

お問い合わせ先
活力都市推進課
電話番号  076-443-2179
katsuryoku@city.toyama.lg.jp
組織別業務案内
ご意見をお聞かせください
このページは役に立ちましたか?



 

まちづくり交付金事業「富山港線沿線地区」 の事後評価結果

「まちづくり交付金」事業では、事業実施前の計画段階で目標となる数値指標を設定し(詳細については「都市再生整備計画」PDFファイル参照)、事業最終年度には「事後評価」を行い、達成状況等の確認をすることになっています。

このたび、富山港線沿線地区の事後評価をとりまとめましたので公表いたします。
詳細につきましては、下記ファイルをご覧ください。

富山港線沿線地区 事後評価シート (575kbyte)pdf

富山港線沿線地区 都市再生整備計画 (1,458kbyte)pdf

数値目標の達成状況

指標1富山港線の利用者数(人/日)富山港線の利用者数を計測します。
指標2観光客入込数(千人/年)カナル会館、森家、岩瀬浜海水浴場の合計入込数を計測します。
指標3居住者数(千人)対象地区内の居住人口を計測します。

指標 従前値
(基準年度)
目標値
(目標年度)
フォローアップに
よる確定値
指標1
富山港線の利用者数
3,400人/日
(平成14年)
4,080人/日(平成20年)
〔2割程度の増加を目標とする〕
4,427人/日
(+30.2%)
評価 (達成)
指標2
観光客入込数
〔岩瀬浜海水浴場、カナル会館、森家の入込数〕
280千人/年
(平成14年)
336千人/年(平成20年)
〔魅力あるまちづくりにより2割増を目標とする〕
347千人/日
(+23.9%)
評価 (達成)
指標3
居住者数
〔沿線6校下の人口〕
50千人
(平成14年)
51千人(平成20年)
〔住宅施策等により2%程度の増を目標とする〕
49千人/日
(-2%)
評価 (未達成)

指標の達成状況についての考察

指標 達成度 効果発現要因の整理
指標1
富山港線の利用者数
達成・富山港線へのアクセス向上策としてアクセス道路整備、駅前広場整備、駐輪場整備等を行っており、利用者からも高い満足を得ています。
・また、富山ライトレールに接続するフィーダーバスの運行や、ICカード(パスカ)導入にあわせた乗継割引の実施、高齢者向けの運賃割引制度の導入等により、利用者増加の効果があったと考えられます。
指標2
観光客入込数
達成・岩瀬地区の街並修景整備・無電柱化、ライトレールからのアクセス路整備、案内板の整備などにより、観光拠点としての魅力が飛躍的に向上し、来街者増加の効果が発現したものと考えられます。
指標3
居住者数
未達成・沿線には高齢化率の高い地域があることや、大規模な宅地開発が難しいことなどから目標達成には至りませんでした。
・しかしながら、道路改修、公園整備事業は居住快適性の向上につながっており、ライトレール沿線の建築物着工件数は増加傾向にあるとともに、対象地区の人口減少に下げ止まりの傾向が見られました。
【ライトレール沿線(500m圏域)の新規建築着工件数の変化】
90(件/年)[平成16年] から 145(件/年)[平成21年4月]

数値目標以外で現われている効果

1. 自動車交通から公共交通への転換が促進されました。

  • ライトレール開業により増加した利用者のうち自動車からの転換が11.5%みられました。
  • 自動車交通依存型の本市において、公共交通を軸とするコンパクトなまちづくりの成功例となっています。

* データ (平成18年ライトレール利用者アンケート)

交通手段の転換

図 交通手段の転換
(ライトレール開業前後)


2. 日中の富山港線利用者が増加、また高齢者の利用が増加しています。

  • 9から16時台のデータイムの利用者割合(2,266人と全利用者の45.4%)が大幅に増加しています。 
  • 60代以上の高齢者の富山港線利用者が増加(60代が3.6倍、70代以上が3.5倍)しており、公共交通とまちづくりの連携により、高齢者が豊かに暮らせる住環境につながったと考えられます。

* データ (平成18年ライトレール利用者アンケート)


時間帯別利用者数の変化(平日)

図 時間帯別利用者数の変化(平日)


年代別利用者数の変化(平日)

図 年代別利用者数の変化(平日)

3. 岩瀬地区では県外観光客が増加、また県内観光客はリピーターが増加しています。

  • 岩瀬地区の観光客に行ったヒアリング調査では、県外客が半数(55%)を占めており、広域的な集客力がみられます。
  • 一方、県内客では37%がリピーターであり、来街者の定着も進んでいます。

* データ (平成19年観光客ヒアリング)

岩瀬地区を訪れた観光客の居住地

図 岩瀬地区を訪れた観光客の居住地


4. 観光客増加にともない商業の活性化が進んでいます。

  • 岩瀬地区の商店主アンケートでは来客、売上が増加している店舗は7割にのぼっています。
  • 来客数は約1.5倍に増えています。

* データ (平成19年岩瀬地区商業者アンケート)

岩瀬地区来客数の変化

図 岩瀬地区来客数の変化
(ライトレール開業前後)


Adobe Readerのダウンロード

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
「Get ADOBE READER」ボタンをクリックしてください。


印刷用にコンテンツを抽出

ページの先頭へ

前のページへ戻る

富山市役所

〒930-8510 富山県富山市新桜町7番38号

電話番号(076)431-6111(代)

【窓口受付時間】午前8時30分から午後5時15分(月曜日から金曜日)

立山あおぐ特等席。富山市