本文へジャンプ
English中文한글Português
サイトマップ音声読み上げ・文字拡大ご意見・ご要望
富山市
文字の大きさ
拡大元に戻す縮小
 

法人番号:9000020162019        
  
ホーム市民の皆さま事業者の皆さま観光・みどころまちづくり・市政
現在位置:HOMEの中の市民の皆さまの中の生活基盤の中の水道・下水道の中の水道から富山市の水道水はなぜおいしいのか

富山市の水道水はなぜおいしいのか

お問い合わせ先
上下水道局経営企画課
電話番号  076-432-8580
suidoukikaku@city.toyama.lg.jp
組織別業務案内
ご意見をお聞かせください
このページは役に立ちましたか?



 

富山市の水道水はおいしいと言われていますが、なぜおいしいのか、また、さらにおいしく飲む方法についてご紹介します。

上下水道の豆知識

富山市の水道水がおいしい秘密

水は、一般的に、(ミネラル分、炭酸ガス等)が適度に含まれていて、しかも味を悪くする成分(有機物、残留塩素等)が少なければおいしく感じられます。また、飲むときの水温も大事です。

昭和60年には厚生省(現在の厚生労働省)の諮問機関【おいしい水研究会】はおいしい水道水の水質要件として7つの項目を選んでいます。

水の味をおいしくする要件として適度のミネラル分(蒸発残留物、硬度)や炭酸ガス(遊離炭酸)が含まれていること。水の味を悪くする要件として有機物(過マンガン酸カリウム消費量)、臭気度そして残留塩素が少ないこと。また、おいしく飲む要件として水温を挙げています。

水道水は必ず塩素消毒を施す必要があるため塩素臭が感じられることがありますが、浄水場では注入量を安全確保する必要最小限に留めています。

これらをまとめたものが次表です。この数値からも富山市の水道水の水質が良好で、おいしい水の要件をほぼ満たしていることがわかります。

項目おいしい水の要件
(濃度等)
富山市の水道水※1
おいしくする要件
 蒸発残留物30~200mg/L53mg/L
 硬度10~100mg/L26mg/L
 遊離炭酸3~30mg/L2mg/L※2
水の味を悪くさせない要件
 過マンガン酸カリウム消費量3mg/L以下0.5mg/L未満
 臭気度3以下2(異状なし)
 残留塩素0.4mg/L以下0.35mg/L
おいしく飲む要件
 水温20℃以下15.2℃
※1 平成28年度に定期水質検査を実施した流杉浄水場水系の給水栓9ヵ所での検査結果平均値。
※2 おいしい水の要件は水道法による水質基準ではありません。厚生労働省の示す遊離炭酸の管理目標値は、20mg/L以下となっています。



市の水道水がおいしいのは、次の3つの理由が挙げられます。

  1. 源流が北アルプスの雪解け水で、真夏でも冷たい。 
  2. 立山山麓のブナ等の自然林が緑のダムになっているので、清浄かつ豊潤な水が蓄えられている。 
  3. 急峻な地形を流れる水は、充分な酸素と、ほどよいミネラルを含んでいる。

さらに水をおいしく飲む方法

このようにそのまま飲んでもおいしい富山市の水道水ですが、もうひと工夫するとさらにおいしく飲むことができます。

やかんのふたを開けたまま5分以上沸騰させるか、一晩汲み置きします。こうすることで水道水中の残留塩素がなくなり、カルキ臭をとることができます。ただし、こうした水は消毒のための塩素がなくなっているので、その日のうちに使いきるようにしましょう。

水道の水温が上がる夏場は、冷蔵庫などで15度程度に冷やして飲むと一段とおいしくなります。

印刷用にコンテンツを抽出
富山市役所 〒930-8510 富山県富山市新桜町7番38号 電話番号(076)431-6111(代)
【窓口受付時間】午前8時30分から午後5時15分(月曜日から金曜日)
前のページへ戻るページの先頭へ
プライバシーポリシーこのサイトについて窓口・受付時間地図・交通アクセスホームページに対するご感想など
立山あおぐ特等席。富山市Copyright(C) TOYAMA CITY All Rights Reserved