本文へジャンプ
富山市
 

法人番号:9000020162019

文字の大きさ
拡大元に戻す縮小
現在位置:HOMEの中の市民の皆さまの中の生活基盤の中の水道・下水道の中の下水道から松川雨水貯留施設整備事業

松川雨水貯留施設整備事業

お問い合わせ先
上下水道局下水道課
電話番号  076-432-8571
gesuidou@city.toyama.lg.jp
組織別業務案内
ご意見をお聞かせください
このページは役に立ちましたか?



 

事業の目的

 富山市では、戦災復興都市計画事業の着手と共に、昭和27年から下水道の調査と計画に着手し、中心市街地である富山駅南側から城南公園付近までの約277ヘクタールを生活排水と雨水を1本の管に流す合流式下水道により整備を行ってきました。
 この合流式下水道は、大雨の時には、生活排水と雨水が混じりあった下水を全量流すことができず、一部がそのまま松川などの公共水域に放流される欠点があります。
 また、都市化の発展や近年の異常気象による集中豪雨によって、浸水被害が頻繁に発生しています。
 このことから「松川の水質保全」と「浸水被害の軽減」を目的とした松川雨水貯留施設の建設に着手し、平成30年5月に竣工、供用開始となりました。


          <合流式下水道のイメージ>                            <合流区域>  
合流式下水道のイメージ 合流区域
  


事業の概要

雨水貯留施設工事前

 現在の市街地は、水の抜ける道がないため土地の低いところで浸水が発生します。








■工事前工事前

雨水貯留施設工事後

 その対策として、まちなかに巨大なトンネルを作りました。

水を貯めるトンネル(松川雨水貯留施設)によって、水の抜け道ができ、土地の低いところでの浸水被害が軽減されます。








■工事後
工事後


                             <整備区域図>
整備区域図 



凡例2

富山市丸の内一丁目の城址公園北西からすずかけ通りを南下し、旅籠町交差点で東の方向に曲がり、西町交差点までの区間に設置しました。

貯留管に雨水を導くための管です。

松川へ放流している4ヶ所の吐口から貯留管に雨水を導くための管です。

貯留水送水管:貯留管に貯まった雨水を晴天時に下水管に送水するための管です。






工事工程

 平成24年度から基幹施設となる松川貯留管の工事に着手しました。
 貯留管のシールド工事は平成26年10月10日に完了し、平成29年度末に貯留管内部の工事が完成、平成30年5月に供用開始しました。




<完成状況>



印刷用にコンテンツを抽出

ページの先頭へ

前のページへ戻る

富山市役所

〒930-8510 富山県富山市新桜町7番38号

電話番号(076)431-6111(代)

【窓口受付時間】午前8時30分から午後5時15分(月曜日から金曜日)

立山あおぐ特等席。富山市