本文へジャンプ
English中文한글Português
サイトマップ音声読み上げ・文字拡大ご意見・ご要望
富山市
文字の大きさ
拡大元に戻す縮小
 

法人番号:9000020162019        
  
ホーム市民の皆さま事業者の皆さま観光・みどころまちづくり・市政
現在位置:HOMEの中の市へのご意見・ご要望(市民の声)の中の都市基盤・防災の中の公園からペットの飼い方について

ペットの飼い方について

本ページでは、市民の皆さまからお寄せいただいた「ご意見・ご要望」につきまして、質問・回答の形式で掲載させていただいております。
項目のタイトルが質問・回答となっておりますが、ご了承ください。

質問

2017年3月受付
最近、しつけがなっていないペットが多いように思います。糞の不始末、リードを付けずに散歩をするなど本当に多いです。公園で子供と散歩をしていると必ず不始末の糞を見つけますし、リードを付けていない犬に子供が飛びかかられたこともあります。幸い芝生の上だったのでケガはありませんでしたが、これが妊婦さんだったらと思うとゾッとしました。市でも公園に看板を立てて注意をしていらっしゃるようですが、まったく効果がないように思います。海外のペット先進国のようにペットを飼うのを免許制にはできないでしょうか?また、どうしても犬を放したい人の為に公園内にドッグランを作るなど利用者の分離を検討していただけないでしょうか?ペットを飼う人にも飼わない(苦手な)人にも優しい街を目指すということで、富山のイメージアップにも繋がると思います。'

回答

公園内での犬の散歩のマナーについては、これまでも犬の糞の始末や、放し飼いをしないよう、主に看板にて啓発をしております。この内、公園内で犬などを放すことは禁止行為として、市の都市公園条例施行規則にも定めてあり、今後も注意徹底を図る必要があると考えております。
ご提案のあった、ドッグランは、犬と飼い主が自由に運動でき、犬の健康や愛犬家の交流の場としての効用が期待できるため、全国的に施設が増加しており、県内でも民間運営によるものや、公共的なものでは小矢部市の道の駅に設置されてきております。
実際に、市の公園内でドッグランを設置する際には、一般の利用者の支障とならず、犬の鳴き声や臭気等が周辺の住宅や施設等に迷惑とならないように共存するために、一定規模の面積を持つ公園内で、専用の広いスペースが必要となります。
また、設置に際し、ドッグランは犬を放すため、管理者が施設に常駐する必要があること、さらには、利用者のマナーによるトラブル等が発生することが予想されることから、こうした課題を十分に整理し、対応できる運営体制を確立することが不可欠となっております。
このようなことから、利用が無料で、通常時も管理者を置いていない市の公園でのドッグランの設置は難しい現状でありますが、設置について全国の事例を参考にしていきたいと考えています。
 次にペットの飼養に関するご質問にお答えいたします。
ペットの適正飼養を目的とする規定は、「動物の愛護及び管理に関する法律」に定めています。
本市においては、ホームページなどで普及啓発を行うとともに、飼い主に対して指導を行うなど、ペットの適正飼養の普及啓発に努めており、現在のところ、免許制の導入については考えておりません。
引き続きペットの適切な飼養について、普及啓発に努めてまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

お問い合わせ先

公園緑地課
富山市新桜町7-38
電話番号: 076-443-2111
kouenryokuti-01@city.toyama.lg.jp
保健所生活衛生課
富山市蜷川459-1
電話番号: 076-428-1154
hokenjyoeise-01@city.toyama.lg.jp
印刷用にコンテンツを抽出
富山市役所 〒930-8510 富山県富山市新桜町7番38号 電話番号(076)431-6111(代)
【窓口受付時間】午前8時30分から午後5時15分(月曜日から金曜日)
前のページへ戻るページの先頭へ
プライバシーポリシーこのサイトについて窓口・受付時間地図・交通アクセスホームページに対するご感想など
立山あおぐ特等席。富山市Copyright(C) TOYAMA CITY All Rights Reserved