本文へジャンプ
富山市
 

法人番号:9000020162019

文字の大きさ
拡大元に戻す縮小
現在位置:HOMEの中の市へのご意見・ご要望(市民の声)の中の生活・安全の中の防犯から運転マナーについて

運転マナーについて

本ページでは、市民の皆さまからお寄せいただいた「ご意見・ご要望」につきまして、質問・回答の形式で掲載させていただいております。
項目のタイトルが質問・回答となっておりますが、ご了承ください。

質問

2019年5月受付
富山市に引っ越して来て3年近くになりますが、特に思うのは、車の運転のマナーが凄く悪いと言う事です。特に幹線道路に出る時などに、進行方向だけを見ていて、反対側を全然見てない事です。自分はこれにより今までに10回近く、あともう少しでぶつかると言う思いをしてきました。まさに今朝もそうです。職場の人や他県から来た人に聞いても、富山市の運転マナーは酷いと皆言ってます。標識などを増やしても、一人一人の意識が低いので一緒だと思います。ここは、警察などと連携して、特に会社などに出向いて、講習会などの機会を増やして、一人一人の運転マナーを、普段から意識させる必要があると思います。会社などに出向いて講習会などは富山市として行っているのでしょうか?それともこれは警察の管轄で市には関係ないのでしょうか?

回答

日頃から交通安全の推進につきまして、ご理解とご協力をいただき、ありがとうございます。
ご指摘のありましたとおり、運転マナーを守らない身勝手なドライバーが一部存在することにつきましては、憂慮しているところであり、交通安全を確保するためにも、このようなドライバーを減らすとともに、すべての道路交通者のルールの遵守とマナーの向上が必要であると考えます。
そのため本市では、幼児や高齢者への交通安全教室、小学生の自転車教室における修了証の交付など世代に応じた交通安全啓発活動を行っております。
また、ご要望に応じて上記以外にも出前講座として交通安全教室を行っており、講座内容は交通事故を起こさない、また、交通事故にあわないよう、交通ルールやマナーについて周知するものとなっております。
さらに、四季の交通安全運動に併せた「交通安全富山市民大会」の開催をはじめ、県警察や交通安全協会などの関係団体と連携し、ドライバーに向けた「飲酒・暴走運転追放キャンペーン」や反射材の利用を促進するキャンペーンなどを実施しております。
このような啓発活動や交通安全教室、キャンペーン等を実施することで、交通ルールの遵守や交通マナーの実践を広く呼びかけるとともに、市民の交通安全意識の高揚を図っているところであります。
なお、各事業所等における運転者講習会は、県警察や交通安全協会が実施しており、今回の貴重なご意見があったことは県警察や交通安全協会にお伝えしてまいります。
今後も、継続的に、県警察や関係団体とも連携し、市民の交通安全意識の向上を図るべく、交通ルールやマナーの周知に努めてまいりたいと考えておりますのでご理解をお願いいたします。

お問い合わせ先

生活安全交通課
富山市新桜町7-38
電話番号: 076-443-2052
seikatsuanzen-01@city.toyama.lg.jp
印刷用にコンテンツを抽出

ページの先頭へ

前のページへ戻る

富山市役所

〒930-8510 富山県富山市新桜町7番38号

電話番号(076)431-6111(代)

【窓口受付時間】午前8時30分から午後5時15分(月曜日から金曜日)

立山あおぐ特等席。富山市