本文へジャンプ
English中文한글Português
サイトマップ音声読み上げ・文字拡大ご意見・ご要望
富山市
文字の大きさ
拡大元に戻す縮小
 

法人番号:9000020162019        
  
ホーム市民の皆さま事業者の皆さま観光・みどころまちづくり・市政
現在位置:HOMEの中の市へのご意見・ご要望(市民の声)の中の福祉・保健の中の子どもの福祉から市政について

市政について

本ページでは、市民の皆さまからお寄せいただいた「ご意見・ご要望」につきまして、質問・回答の形式で掲載させていただいております。
項目のタイトルが質問・回答となっておりますが、ご了承ください。

質問

2015年8月受付
学童保育の充実について
保育所では、7時ごろ~19時ごろまで預かってもらえますが、小学校だと振替休日や研究会等で早い帰りがあり、子どもの預け場所に困ります。夏休み中もあり・・・。しかし、学童の多くは預かり時間が短いです。これでは、フルタイム勤務は難しいので、学童保育をもっと数、内容ともに充実させてほしいです。

保育所入所について
第2子以降は第1子など、上の子と一緒の保育所に入所させてほしいです。働く親にとって、朝はギリギリの時間で動いています。また、帰りも延長にならないよう、時計とにらめっこしながら仕事を終わらせ、迎えに行っています。2箇所への送迎は大変厳しいです。保育士数や定員も分かりますが、年度途中であっても、原則、上の子と同じ保育所へ入所させてほしいです。

公共交通機関について
市電の延伸(―石金―秋吉―藤ノ木方面へ)。車社会かつ雪の降る富山に、遅れにくい市電を充実させれば、ラッシュの解消、中央病院の駐車場問題解決にもつながるのでは・・・。バスが遅れるので不便です。

回答

学童保育の充実について
ご意見をお寄せいただき、ありがとうございます。
学童保育の充実について、お答えいたします。市では学童保育の実施箇所数の増や内容の充実に努めているところです。
まず、市が各校区の運営協議会に委託し、各小学校区で実施しております地域児童健全育成事業につきましては、平成27年度から五福校区と東部校区において新たに開設し、ニーズのある全校区において開設ができたところです。開設時間に関しましては、各運営協議会へ午後6時まで延長していただくよう働きかけを行っております。
また、社会福祉法人等、民間法人が実施している放課後児童クラブに関しましても、平成27年度では、新たに4クラブが増加し30箇所となりました。次年度以降につきましてもニーズの高い校区における新規開設を働きかけてまいりたいと考えております。
市としましては、今後とも引き続き、子育てしやすい環境づくりを推進するため、学童保育の充実に努めてまいりたいと考えておりますので、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

保育所入所について
この度は、保育所等の入所についてご意見いただきありがとうございます。
本市の保育所等の現状については、少子化が進み未就学児童数は減少しているものの、低年齢児を中心とした入所希望は年々増加しております。また、今年4月に施行された「子ども・子育て支援新制度」により、入所基準がこれまでより緩やかになったことなどから、保育所等の利用児童数がさらに増加したため、施設の受入れ余裕が少なくなってきています。
ご要望のありました「第2子以降の児童を第1子等と一緒の施設に入所できるよう」については、入所判定は、家庭の状況を総合的に判断したうえ同一施設への入所が叶うようできる限りの配慮をしているところでありますが、年度途中の入所の場合は、保育室の面積基準や保育士の確保状況により希望施設での受け入れができず、他の保育所等の利用をお願いせざるを得ないことがございます。その場合でも、保育所等の受入れに余裕ができた場合には同一の施設を利用できるよう、毎月転所の希望を受け付け、できる限りご要望に応じることとしております。
本市では、子育て家庭を支援するため、保育士の確保に努めるとともに、限りある財源のなか、老朽化した公立保育所の改築や私立保育所等の整備支援、私立幼稚園の認定こども園への移行促進などによる児童の受入れ枠の拡大に努めておりますので、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

公共交通機関について
この度は市内電車の延伸に関するご意見をいただきありがとうございます。
現在富山市では、公共交通を軸としたコンパクトなまちづくりを推進するにあたり、鉄道や路面電車などの公共交通活性化に取り組んでおりますが、活性化には多額の費用を要することから、基本的には既存路線を最大限活用することで建設費用を抑制し、比較的少ない投資で大きな効果が得られるよう努めているところであります。
ご提案のありました、市内電車の路線を石金~秋吉~藤ノ木方面へ延伸することにつきましては、実現いたしますと、沿線の方々はもとより本市の公共交通の利便性が大きく向上することが期待されます。
しかしながら、この場合は大規模な路線の延伸(新設)となりますので、膨大な建設費用が必要となります。加えて、道路交通への影響、需要見込みと収支採算性を考慮した事業継続性の担保など、整理すべき課題が多く、困難と考えております。
何卒ご理解いただきますようお願いいたします。

お問い合わせ先

家庭児童相談課
富山市新桜町7-38
電話番号: 443-2055
kateijido-01@city.toyama.lg.jp
子育て支援課
富山市新桜町7-38
電話番号: 076-443-2059
kosodatesien-01@city.toyama.lg.jp
路面電車推進課
富山市新桜町7-38
電話番号: 076-443-2115
romen-01@city.toyama.lg.jp
印刷用にコンテンツを抽出
富山市役所 〒930-8510 富山県富山市新桜町7番38号 電話番号(076)431-6111(代)
【窓口受付時間】午前8時30分から午後5時15分(月曜日から金曜日)
前のページへ戻るページの先頭へ
プライバシーポリシーこのサイトについて窓口・受付時間地図・交通アクセスホームページに対するご感想など
立山あおぐ特等席。富山市Copyright(C) TOYAMA CITY All Rights Reserved